サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

凄いおっさんと付き合ってた話するwwwwwww

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:27:43.88 ID:BtLZiHFNi
凄い駄目なおっさんだったwww
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:28:21.60 ID:sCjxLqeT0
落ち着けよおっさん
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:28:36.58 ID:QJYLmyML0
聞こうじゃないか
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:30:04.39 ID:BtLZiHFNi
私当時16歳
身長約150センチ普通体型
黒髪眼鏡

おっさん
身長185センチ普通体型
コワモテ眼鏡
喫煙者

出会いはVIP。
ある日暇だった私はネタスレを立てて馬鹿な事やってたんだが、
その時スネークだったのがおっさん。

最初に見た時、身長でかくてびびった。正直ちょっと怖かった。
年齢は見た感じ33くらいかと思ったが、年齢聞いたら28だと。
最近の28は老けてるなあと思ったが何も言わなかった。
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:33:08.11 ID:BtLZiHFNi
で、まあ何かの縁という事でメアド交換。
正直この時は付き合う事になるなんて微塵も思ってなかった。
スネークとも解散し、スレがつまらん流れになっていたので流れを変えようと安価を出した。

そしたら何故かおっさんとデートする事になったwww
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:33:44.14 ID:8zxjV+vb0
きめぇぇぇえwwwww
12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:36:13.81 ID:BtLZiHFNi
私は手つないだ事があるかないかくらいの経験しかしていなかったので、
デートって何すれば良いのかわからんかった。

おっさんと待ち合わせをし、車に乗りこむ。おっさんに任せてただ座っている私。
極度の人見知りなので何を話していたかは覚えていないwww
多分緊張でガッチガチだったと思う
15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:39:33.21 ID:BtLZiHFNi
その日は喫茶店でお茶飲みながら雑談して終わり。
緊張していたからどんな事話したかはry
で、よく覚えてないけど一緒にライブに行く事になった。
ピアノ弾き語りのライブだからずっと座ってるような大人しめのものだった。
ライブ終わって駐車場向かってる時におっさんが手繋いできたwwwwww
17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:44:04.81 ID:BtLZiHFNi
手繋ぎ返すなんて芸当を身につけていないためだらんとしている私の手wwww
何考えてるんだコイツと思った。言わなかったけど。

で、後日付き合って欲しいみたいな事を言われた。
正直好きかどうかわからんし、付き合ってもいつか終わりが来るから友達でいようと言った。
そしたら付き合ってみて違うと思ったら言ってくれれば良いからとか言われて

半ば強引に付き合う事にwww

今思えばここで思い留まっておけばなwww良い経験にはなったけどwww
20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:48:23.72 ID:BtLZiHFNi
同級生の男子に比べて大人に見えたというのもあるんだろうが、
付き合ってるうちに段々好きになっていった。

おっさんも凄く優しくしてくれた。
料理ができない私にご飯作ってくれたりして、なんだか凄くかっこよく見えた。

相変わらず顔は怖かった。
22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:50:50.09 ID:BtLZiHFNi
その時のおっさんは某大手ブラック会社勤務だったんだが、
付き合って二ヶ月で数ヶ月転勤することになった。

結局五ヶ月くらい会わなかったんだが、その間ほとんど連絡なかったwwww
でもバイトと学校で忙しくてあんまり気にしてなかった。
24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:52:44.94 ID:BtLZiHFNi
おっさんがいない日々に慣れ始めていたある日、おっさんからメールがきた。

「帰ってきたwwwやっぱりこっちは寒いなwww」


帰って来る事決まった時に連絡しろよと思った。
26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 21:55:55.61 ID:BtLZiHFNi
五ヶ月ぶり、私の誕生日に会う事になった。
やっと会える!と思っていたら、朝おっさんからメール。

「路上駐車で罰金。払えなかったら刑務所行くのかな。」
31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:00:01.38 ID:BtLZiHFNi
てっきり誕生日おめでとーのメールだと思っていた私は、
そのメールを開いた事に激しく後悔した。

つかマジで訳わからんかった。なんで路上駐車してんだよ。アホか。
もうなんて返事したか覚えてないwww適当に慰めた気がする
32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:03:15.34 ID:BtLZiHFNi
その後そういえば誕生日おめでとうってメールきて、ああ一応覚えてたんだなあと思った。
学校終わってから家で寝ているおっさんに会いに行った。

おっさんやつれてたwwww心配したwwwwww
33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:09:01.04 ID:BtLZiHFNi
飲食店で14時間勤務休憩なし。相当しんどそうだった。
クリスマスプレゼントを貰った。ブレスレットというか、腕輪?だった。
転勤先で買ってくれていたらしい。嬉しかった。

そんなある日、おっさんがいつものようにご飯を作ってくれている最中、
私はおっさんの汚部屋に散らばっている書き損じの履歴書を発見した。
何気なく見てみたら、何かがおかしかった。明らかにおかしかった。
35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:11:29.93 ID:BtLZiHFNi
気になったのは、28にしては働き始めるの早くね?と言う事。
もしかして。いやまさか。その時はびっくりしすぎて
頭がついていなかったため見なかったふりをした。
家に帰ってからよく考えた。

年www齢www詐www称wwww
36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:14:06.94 ID:BtLZiHFNi
年齢嘘ついてたんだなあとぼんやり思いながら、
でも好きなら関係ないと思えたからしばらくはそのままで過ごした。知らないふりした。
ただやっぱり事実を知りたいから、聞いて見る事にした。

「この前部屋に落ちてた履歴書見たんだけど」
「え」
「年齢」
「・・・気付いた?」
38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:18:30.87 ID:BtLZiHFNi
そりゃ気づくだろう。
初めて会った時33くらいだと思ったのは間違いじゃなかった。
おっさん36だったwwwwwwガチおっさんwwwwwwwwww

「でも好きだからいいよ」
「振られるかと思った」
「別にいいよ。知り合いに42のおっさんと女子高生のカップルいるし」
「部屋は綺麗にしないと駄目だね」

いやいや部屋を綺麗にするのは当然として嘘つくなよ。
この時はまだ強く言えなかったから言わなかったけど。
42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:27:20.08 ID:i5Zgs1cqO
>>38
20歳差か

大した問題だった
39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:23:39.74 ID:8zxjV+vb0
なんだなんだ
おっさんモテモテじゃねーか
45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:33:42.58 ID:BtLZiHFNi
おっさんは料理が上手だった。
何十年も生きてると上手くなるものなのかと思いつつむしゃむしゃ食べてた。

でもおっさんの台所は狭くて汚かったwww
今思えばよくあんなところで生活していたなと思う。
マジで汚い。夏になると生ゴミに虫がたかっていた。
部屋にもちらほら虫がいた。虫嫌いな私には地獄だった。
50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:40:20.85 ID:BtLZiHFNi
おっさん仕事で死にそうになりながらもお互い頑張っていた。
私は受験生になってバイトをやめた。
週5で働いていた成果もあり貯金も50万くらいたまっていて
不自由していなかったし、バイトでおっさんに会えないというのが嫌だったから
これで週に1回は会える!と思ってウキウキした。

ある日、メールが来た。
「仕事ばっくれる。会社から電凸くるからしばらく携帯電源切る」

(゚Д゚)

お父さんと出かけるつもりだったのをドタキャンしておっさんの家に向かった。
51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:40:59.95 ID:u9FoCaeT0
てか凄いおっさんっておっさんが凄いんじゃなくて歳の話かよ
53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:45:27.65 ID:BtLZiHFNi
>>51
凄い駄目なおっさんだったという事でごわす

おっさんの部屋はインターホンが鳴らないようになっていた。勧誘がうざいからだそうな。
恐る恐るドアをノックしてみるが返事がない。まるで屍のようだ。
時間あけながらもドアどんどんし続けてたらおっさんから電話来た。

「もしかして今部屋の外にいる?」
「いるよ開けて」
「ちょっと待って」

部屋に入る。相変わらず超きたねぇ。マジゴミ屋敷。

「ばっくれたってどういう事」
54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:48:46.51 ID:ntZbTJbo0
>まるで屍のようだ。

ワロタ
52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:45:23.39 ID:8zxjV+vb0
親子じゃねぇの?w
55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:50:27.41 ID:BtLZiHFNi
>>52
貴様は何を言っているんだ

その頃おっさんは店長になって給料もあがったいた。なのにやめるなんて。
そういえばこの時1万5千円貸していた。でも返して貰ってなかった。
ノートパソコン買ったりしてたからお金ない訳でもなさそうだった。

パソコンは仕事に必要とか言ってたので特に気にしてなかった。
1万5千円なんていつでも良いと思ってたし。

でも次の仕事決まってないのにばっくれるという事は
まあそれなりに蓄えがあるんだろうと思ってまた次探せばいいよ!とか励ました。
57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:54:48.45 ID:BtLZiHFNi
結果から言うと、蓄えはそんなになかったようだ。
で、仕事は全く見つからなかった。年齢からして当然か。
きつい仕事はもうやりたくないというワガママもあり、
いつまでも無職のままだった。私は焦り始めた。

仕事が決まらないままだと実家に帰るしかない、的なニュアンスの事を言われた。
おっさんの実家は海を越えた先にある。
私はおっさんの事が好きだった、離れたくなかった。

お金を貸す事になった。
まあ冷静に考えてみたらお金ないんだから実家にも帰れないんですけどね。
59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:57:49.42 ID:8zxjV+vb0
高校生に金を借りるおっさん・・・
サラ金の取り立てじゃねえのか?
60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:59:04.86 ID:k4C7Njon0
俺もスネークと付き合ってたわ
61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 22:59:05.40 ID:BtLZiHFNi
「いくらくらい貸せば良い?」
「うーん・・・10万くらいかな」

貸すと言っても3万くらいかなと思っていたから度肝をぬかれた。
なんだかんだ言ってもまだそれなりの蓄えはあるんだと思っていたから
いきなり10万はハードルが高かった。

「あ、10万ね、わかった」

こうしてまず10万貸した。ここまでは覚えている。
63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:02:13.70 ID:u9FoCaeT0
十万とか絶句した
なぜ貸した
64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:03:13.75 ID:BtLZiHFNi
その後は、いつ・いくら貸したかなんてもう覚えてない。
私の努力による貯金はみるみる間に減っていった。
通帳見て落ち込む事もあったが、おっさんの事が好きだからと気にしないふりをした。
おっさんはどう思っていたんだろうwww

で、そもそもなんで36にもなって貯金の数十万もないんだろうと思った。
数百万あっても良い年頃だろう。
おっさん、私と出会う前に会社潰して自己破産していたらしい。
65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:05:26.49 ID:u9FoCaeT0
予想の斜め上でワロタ
66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:10:37.81 ID:OhuhMJDUI
ありがちすぎるwww
おっさんがんばれよ…
67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:10:39.97 ID:8zxjV+vb0
これは酷いwww
68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:10:55.45 ID:BtLZiHFNi
そういえば、まだおっさんが仕事を続けていた時に
誕生日プレゼントにとPSPとパタポン3を貰った。

おっさんの誕生日は出張中に過ぎていて何もあげていなかったから、
何が欲しいか聞いたらデジカメが欲しいと言われた。

でもデジカメって凄く高かった。バイトしていたとはいえ、
高校生が彼氏にあげるプレゼントにしてはかなり高かった。

結局二万円私が出して、
足りない分をおっさんが払うという形でデジカメをプレゼントした。

おっさんはそのデジカメで料理実況動画を撮って
ニコニコ動画()に投稿して、有名になってアフィブログで稼ぐんだと言っていた。

アフィとかよくわからなかったので、頑張れーとか言って応援してた。
デジカメ買う時に三脚も買ってた。部屋汚すぎて一度も使ってなかったし、
結局実況動画は一度も撮らなかったけど。
73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:22:10.20 ID:9VWgk0vb0
駄目具合がVIPPERの鑑だな
79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:28:19.53 ID:k4C7Njon0
あれ?
このオッサン俺じゃね?
87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:36:35.53 ID:BtLZiHFNi
>>79
イエーイおっさん見てるー?www


仕事ばっくれた直後の事。
お金ない時期だった筈なのにいきなりおっさんの提案で水族館へ行く事に。

「いきなりどうしたの?」
「ネットの友達に高校生にデジカメ買わせるのは如何なものかと言われた」
「ほう」
「普段デートと言ったらジャスコだし、水族館に行こう」
「wwwww」

少しは気にしていたみたいだ。
水族館は普通に嬉しかったし楽しかった。おっさんとの1番まともなデートの思い出www
家帰ってから和風ハンバーグ作ってくれた。凄く美味しかった。
それまでの私の好物・オムライスに和風ハンバーグが仲間入りした。
88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:39:53.23 ID:k4C7Njon0
>>87
俺も36になったら童貞捨てられるって信じて頑張ってるぞー
89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:45:29.55 ID:BtLZiHFNi
>>87
一生童貞の呪いをかけました


お金を貸している事を気にしないようにしようと日々過ごしていた。
実際に一ヶ月くらいで気にならなくなった。
むしろ、この人は私がいなきゃ駄目だ!支えてあげなきゃ!という無駄な母性でみなぎっていた。

食料にも困っていた。
私の家は親の実家が農家という事でお米がめちゃくちゃあったので、それを袋につめて渡したりした。
戸棚の奥に眠っていた麺類、缶詰、家にあったお菓子、食べられそうなものはなんでもあげた。

無職で身体を動かさないからか私が食べ物持って行くからか、おっさん太り始めた。
82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:32:11.23 ID:odnGiJqe0
おっさん調子いいな
お前な?
83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:32:42.19 ID:1kCgWJ9o0
おっさんの台詞が全部やる夫で再生されるんだが
89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:45:29.55 ID:BtLZiHFNi
>>83見て思い出した。

おっさんに>>1はやる夫に似てると言われたwww
二重で口がωこんなだからwwww悔しいが真似したら結構似てた。
86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:35:07.93 ID:F8sFbfC00
なんでこんな続きが気になるんだちくしょう
90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:49:57.05 ID:BtLZiHFNi
もうその頃の私はおっさん大好きになっていた。
可愛がられるのが好きだった。頭を撫でられのが心地よかった。
今までそんな事をしてくれる人はいなかった。

私は自分に自信がない。可愛くもないし、明るくて性格が良い訳でもない。
料理もできなければ、おっさんほどではないが部屋も汚かった。

どこを探しても女としての魅力がなかった。
おっさん以外に私を好きになってくれる人はいないと思っていたし、
こんなに好きになれる人はもう二度と現れないと思っていた。

今思えばおかしな話である。
91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:53:06.88 ID:C0ZV5vUIO
>>90
その気持ちちょっと分かるわ
92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:53:23.86 ID:BtLZiHFNi
いつの事だったか、
料理ができない事にうじうじしていたら料理なんか出来なくても良いよと言ってくれた。
じゃあ代わりに何か頑張る、と言ったら>>1はそのままでいいよ、と。

じゃあ公務員になっていっぱい稼ぐ!と言ったらおっさんは主夫になると言った。
いやいやwww共働きだろーがwwwと、思っただけか口に出したかは覚えてない
94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:58:30.62 ID:BtLZiHFNi
ある日、うちに貰い物のタコの足があった。
食べ切れない、冷凍庫もいっぱいだしどうしようとお母さんが言っていたので
食糧難のおっさんにあげよう!と思い、
友達とタコ焼きパーティするからと言ってタコの足を貰った。

おっさんにタコの足を自慢気に渡す私。
おっさん張り切ってタコの炊き込みご飯みたいな何かを作る。
ここで初めておっさんが料理失敗した。しょっぱかった。

>>1に作るご飯はいつも美味しくできてたのに、
と言うから愛が足りなかったんじゃない?と返したらしょんぼりしてた。
おっさんのくせに可愛いなと思って笑った。
98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:07:13.73 ID:BtLZiHFNi
しかし半年経ってもおっさんの仕事は決まらなかった。
ある日おっさんが職業訓練に行く、と言い始めた。
なんかよくわからないけど頑張れーと応援してた。おっさん受かった。

その頃にはおっさんはおっさん母にもお金を借りていた。
おっさん母はパートと年金でひっそりと暮らすおばあちゃん。
そんな人になにしてんだ、と思った。しかも普段はあんまり仲良くないみたいだった。

かなり頑固な人らしく、電話には出ない携帯も持たない。
連絡手段は手紙しかなかったようで、
普段は滅多に母親に手紙なんて書かないくせにお金が必要になると手紙書いてた。
95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/05(金) 23:59:31.63 ID:nW4zgswlO
おっさんww
99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:07:26.22 ID:P2+1AtLY0
パタポン3がでたのは割と最近だ
103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:12:14.07 ID:BtLZiHFNi
>>99
あ、じゃあ2だわ。すまん(^-^)


職業訓練合格決まってから初めて会った時に、おっさんは何か見知らぬものを持っていた。

「え?もしかして」
「iPhone」
「え」
「買っちゃった」
「お金ないのに?!」
「職業訓練行ったらお金貰えるから」
「」
105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:14:44.77 ID:BtLZiHFNi
この時本当に何考えてるんだこいつって思った。
しかも半年前にdocomo機種変したばっか。俗に言う二代持ち。

「でもdocomoだけの時より安くなるよ」

それなら職業訓練でお金貰えるかどうかなんて関係ないじゃねーか。
なんか本当によくわからなかった。
106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:14:46.38 ID:VrrWDX3y0
クズすぎてワロタwww

半年無職w
107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:19:50.88 ID:BtLZiHFNi
おっさんは喫煙者だ。
仕事やめて、私とおっさん母にお金を借りて暮らすようになってからも
煙草だけはやめなかった。

私はそれが凄く嫌だった。なぜ私のお金で煙草を吸うのか。
生活費にするならまだいい、ただ煙草だけはとても嫌で許せなかった。
禁煙家の父のもとで育った私は元々煙草は好きではなかった。
思い切ってその旨を伝えた。

「私のお金で煙草吸われるの嫌だ」
「じゃあ煙草やめる」

あっけなく禁煙生活に突入した。
108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:20:42.18 ID:BtLZiHFNi
禁煙家じゃない、嫌煙家www
109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:24:19.10 ID:qjfjmNbD0
終結が気になる
110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:24:41.63 ID:5UhwFadm0
俺もこういうまともな金銭感覚の女子高生と
一緒に暮らしてえなぁ
111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:25:12.74 ID:BtLZiHFNi
>>110
^^

職業訓練に行くようになって職業訓練の人との付き合いでの飲み会などもあったようだった。
お金がないのに、と文句を言いつつも強制参加だからなどと言って飲み会には参加しているようだった。

正直上司の命令でもないし、言ってしまえばただの同級生との飲み会に、なぜ嫌々ながらも行くんだろう?
職業訓練なんて卒業してしまえば終わるし、お金ないからと断れば良いのに。
そう思っていたが、なぜか言えなかった。
112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:30:19.63 ID:BtLZiHFNi
職業訓練に通っている余裕からか、おっさんはTwitterを始めた。
私もやっていたのだが、ほとんど独り言状態だった。
ある日おっさんに見つかってフォローされた。
別にやましい事もないのでフォローし返した。
ただ、おっさんの発言見たら凄く気持ち悪かった。
113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:33:43.58 ID:BtLZiHFNi
おっさんはとある有名ゲーム実況者に粘着して、その取り巻きとも馴れ合っていた。
普段のおっさんとは別人でかなり違和感があった。
クソみたいな事をドヤ顔でツイートし続けるその姿勢にもやもやした。
独り言ならまだしも、その実況者や取り巻きにリプライばかり送っていた。

まあ職が決まらないストレスの発散でもしているんだろう。そう思ってしばらくは何も言わずにいた。
114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:36:28.52 ID:BtLZiHFNi
ただ本当に普段のおっさんじゃないみたいで見ていられなくなり、私はTwitterをやめた。
でもおっさんのツイートは覗いちゃう・・・悔しい・・・!全くもって意味がなかった。

ある日おっさんとメールをしていて、なんだか返事が短かったので眠い?寝る?と聞いたら
なぜばれたwww今日は寝ようかな、おやすみ
と返ってきた。私も寝た。
115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:39:01.13 ID:s85ievBE0
記憶が確かではないが
誕生日プレゼントでなら違う人だな
クリスマスプレゼントで貰ったと言ってた気がするし
しかし読めば読むほどダメさが似てるなw
116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:40:33.67 ID:BtLZiHFNi
>>115
そういえば誕生日兼クリスマスだったかもwww


次の日、またおっさんのツイートをヲチしてしまっていた私は、
おっさんが寝ると言った後も寝ずにTwitterで荒ぶっていたのを発見した。

寝ると言ったのは嘘だったのか。つーかこいつ馬鹿か。鍵もかけずに何をやっているんだ。
そこには、同じ市に住んでいる女の人とリアルで会おうとするおっさんの姿があった。

何をやっているんだwwww
120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:45:37.83 ID:BtLZiHFNi
私は暴れた。スイーツ()
とりあえず嘘をついた事を責めてみた。

「なんで嘘つくの」
「いや、それ違うよ、>>1のパソコンの表示と俺のパソコンの表示違うもん」
「は?」
「ほら見て、俺のパソコンではこのツイートの時間は>>1に寝るって言った後になってるでしょ」

おっさんはタイムゾーンいじっていただけだった。
今思い出してもこの誤魔化し方はマジでクソwwwww
機械に弱い私でもそのくらい勘付く。

「いやちょっと待って・・・やっぱり。タイムゾーンいじってるだけでしょ」
「」
117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:40:46.36 ID:uTadRMDi0
このスッドレ見てダメなオッサンだけど生きようと思った。

ありがとう。
119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:43:42.64 ID:qjfjmNbD0
浮気か最低だなおっさんよ
123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:48:16.56 ID:NBCdgZ7b0
俺の彼女は20下だが、ここまで酷い扱いはしてないと思う
124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:49:36.15 ID:BtLZiHFNi
あと、女の人と会おうとしている事に関して責めた。

「なんなの」
「いや、面白そうだなと思って」
「別れる」
「ごめん、会わないから許して」

なんだかんだでこの時は別れなかった。
別れておけば良かったと、心から思う。
ちなみにおっさんこの時まだ無職。
無職がわざわざ交通費使って何をしようとしているんだ。職を探せ職を。死ぬのかお前。
128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:52:59.92 ID:qjfjmNbD0
>>124
おま、そっちを咎めるのか
偉いな
129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:53:00.43 ID:BtLZiHFNi
やべぇおっさんの醜い誤魔化し方思い出して笑ってしまうwwwwwおっさんチーッスwwwwww

私は大分ダメージを受けて怒っていたけどとりあえず仲直りをした。
好きだったから、やっぱり離れたくなかった。何が好きだったんだろうなあ。
いよいよ私の受験も近付いていた。おっさんの職業訓練卒業も真近だった。
受験勉強と就活でお互い忙しかったはず。
今思えば、この時か、と思う。
135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:57:37.64 ID:BtLZiHFNi
私は無事に大学に合格した。春から華のキャンパスライフ。
一方卒業訓練を卒業してからもおっさんは無職のままであった。
仕事をやめてから、一年が過ぎていた。
職業訓練仲間で学校に通いながらアルバイトしている人もいたみたいだが、
おっさんはそういう事は一切していなかった。
そして私はお年玉をほぼ全額おっさんに費やしていた。

このままおっさんの仕事が決まらずに
私が大学生になったらバイトしておっさんを養うのかなあなんて考えてた。
本当に馬鹿だったwww
136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:59:16.77 ID:gsqx3m1w0
>>135
一応職業訓練しながらバイトすると見つかるとやばい
137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:02:46.06 ID:BtLZiHFNi
>>136
そうなんだ。知らんかった。おっさんごめんちょ☆彡

案の定私のバイトが決まるほうが先だった。
ケーキ屋さんでバイトを始めた。
店長さん(身長148センチ貧乳)が可愛くてなかなか楽しかった。
お金稼いでおっさんの生活を支えよう!と意気込んでいた。
125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:49:48.54 ID:gsqx3m1w0
意外に面白くてワロタ
続けろ
126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:51:37.95 ID:+ENn73+N0
ダメ男はモテるんだよな
130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:53:23.24 ID:uTadRMDi0
>>126
そうすると俺らアレかな、実は駄目じゃないのかな?
127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 00:52:40.02 ID:NBCdgZ7b0
佳境はここからか?

女の愛情が冷めた時の変わり様は凄まじいから楽しみ!
137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:02:46.06 ID:BtLZiHFNi
>>127
女って切り替え早いよなあ。こえーわwww
138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:04:04.46 ID:g9AxCcn10
>>1がアホだけどいい奴なのはわかった
139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:06:07.87 ID:BtLZiHFNi
>>138
照れるじゃないか///


そうこうしているうちに、派遣だけど仕事決まった!とおっさんからメールが来た。
やっと、ついに、一年間無職だったおっさんも働いてお金を稼ぐのか・・・
と思うと感慨深いものがあった。

その仕事先が私のバイト先とかなり近かった。
仕事帰りに会えるねーなんて話していた。実際はそんなに会えなかったが。
141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:10:03.10 ID:BtLZiHFNi
仕事が決まると本当に安心した。もう明日どう生きるかを心配しなくていい。
水道電気ガスが止まる恐れもない(実際に何回か止まってた)。
私は私でバイト代を服やら趣味やらに使える。

派遣と言っていたが、仕事さえ頑張れば正社員にしてくれるとの事だった。
全てがうまくいく気がした。
140: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 ::2011/08/06(土) 01:06:36.39 ID:56J5cHM60
なんかこういう
明らかにダメな異性にふりまわされてる話見ると何故か凹む
そして謎の歯痒さ
145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:16:46.90 ID:BtLZiHFNi
>>140
本人はそれが馬鹿な事だと気付いてない
もしくは気付いていても好きだから気付いてないふりをする
私はその時幸せだと思えたなら良いんじゃないかと思ってるよ

あ、もうひとつ事件あるの忘れてた。仕事が決まる前の話。
おっさんの家に行った時に煙草の吸い殻を見つけてしまった。
しかも新品を開けた時にかぶせてある紙も一緒に捨ててあった。
私は問い詰めるという技を覚えつつあった。

「吸い殻をみつけた」
「え、あ、あれね、数本残ってたのを見付けた。ほら部屋汚いからさー」
「新品の紙もあった」
「」
144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:14:25.78 ID:5vuVFTkC0
おっさんばりの駄目フリーター(28)の俺からすると、
これから何が起こるのか怖くて仕方がない

そして>>1みたいな
タメor年上とお近づきになりたい今日この頃
148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:28:04.54 ID:BtLZiHFNi
禁煙するって約束したのに。私のお金で煙草を買ったのか。そう思うと悲しくなった。
何のためのお金だと思っているんだ。

お前のようなおっさんに煙草という百害あって一利なしな道楽を提供するためではない。
ふざけるな。

約束が破られた悲しさとお金が無駄に使われた悔しさでなんともいえない気持ちになった。
デブは自制心がないと言うしな・・・そしたらおっさんが言った。

「ごめん・・・本当の事言う」

立ち上がるおっさん。物に溢れた部屋の、
私が手の届かない棚の裏側から、袋に入った何箱もの煙草たちを取り出した。
心が砕けた。
149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:29:47.66 ID:VrrWDX3y0
このおっさんはこれ以上ダメになるのか?
151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:30:52.07 ID:9sJQH5VS0
もうだめだこのオッサン未来の俺を見ているようだ
153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:32:15.07 ID:BtLZiHFNi
なんで、煙草が、そんなに大量に。
意味がわからない。理解できない。何をしているのあなたは。
砕け散りそうな私におっさんは語りかける。

「違うんだ、これは自分で買ったんじゃなくて、買ってもらった。」

このおっさんはまだ嘘をつくのか、と思った。思った反面、私のお金で、という悔しさが少しだけ薄らいだ。
でも買って貰ったってなんで?誰に?

「メンヘラの女の人に買って貰った」
157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:38:03.38 ID:BtLZiHFNi
ここから異常なメンヘラ率ですがお楽しみくださいwww
以前車に乗っていたときにおっさんの携帯に女の人から電話がかかってきたことがあった。
それも新調したiPhoneに。
おっさんは採用の電話かも、と言って電話に出たが
女の人だとわかると運転中だから、と言ってすぐに切った。

「誰?どうしたの?」
「前駅で昔の知り合いのメンヘラ女に遭遇して番号を聞かれて、
思わず教えてしまった。メンヘラだから凄い粘着質なんだよな。なんで逃げなかったんだろう」

正直気になったけどあんまりうるさいとウザがられると思ったのでふーん、と流しておいた。
メンヘラと聞いてこの女の人が真っ先に頭に浮かんだ。
あの後隠れて会っていたのか、と。
163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:45:41.58 ID:BtLZiHFNi
「あの電話してきた女の人?」
「じゃなくて、wii買い取った人」

そういえば忘れていたけどおっさんには私の一個上の若い女の子の知り合いがいた。
その子はメンヘラで親とうまくいっていないらしく、
おっさんの部屋に一週間泊まった事もあると言っていた。

その話を聞いたのはおっさんと付き合う前だからすっかり忘れていた。
ちなみに私が初めておっさんの部屋にいったときにwiiがあるのを発見して、
wii良いなーと言ったらそれ俺のじゃなくて知り合いのって言ってた。

でも私がwiiに興味を示したから女の子から買い取ったんだとか。

でも、そんな子が何故今でてくるんだ。
隠れて異性と会うところから浮気は始まるんだぞ。死ね。
泣き崩れた。
159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:41:27.57 ID:qjfjmNbD0
これは面白い感じになってきたな
167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:51:44.79 ID:BtLZiHFNi
知り合いマジ怖い
でもおっさんの知り合いって事だよな。じゃあいいや。おっさんに宜しく。
あ、あと泣き崩れるとこ間違えたwwwまだ泣き崩れてないwww


「なんでその子が煙草買ってくれたの」
「一日だけ泊めて、そのお礼にって」

泊めたってなんだよ。なめてんのか。
泣き崩れたのここねwwww

「俺が浮気したと思ってるでしょ。違うよしてないから」
「嘘だ、ありえない」
「自殺するっていうから止めて、仕方ないから連れてきただけ。本当に何もしてない」
「信じられない、乳くらい揉んだでしょ」
「ないよ。本当にない。大体あいつデブスだし」
「なんだよそれ」
172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:57:08.57 ID:BtLZiHFNi
デブスだからなんだよ。また言い訳かよ。
デブは女じゃないというのか。お前は汚い人間だな。大体お前もデブだろーが。

本当にしてないから、信じて、と宥め続けられてなんとか落ち着く私。
この時多分私にも限りなくパニック障害に近い症状がでていた。手足冷えたりした。ワロス
170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 01:56:03.91 ID:qjfjmNbD0
これはおっさん制裁を受けるべき
176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:01:34.90 ID:BtLZiHFNi
で、宥められて、女の子の気持ちになって考えてみた。
親にも可愛がられず暮らしてきて、可哀想な子だなあとか。
そうするとアラ不思議、その女の子今は大丈夫なの?とか聞いてた。
瞬間的に天使になる私www
177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:04:55.44 ID:BtLZiHFNi
その日は何故か仲直りしてた。本当に何故か。
で、その後職も決まって、わーい近いねーって言って、何もかもうまくいくと思った。
おっさん、Twitterの例の女の人と会ってたwwwwww
おいwwwwwおっさんwwwww
問い詰めると、会ったのは>>1と距離おいてた時、
とかなんとかゴチャゴチャ言うおっさん。

確かに距離をおいた期間はあった。
でもあれだけ嫌がっていた事をいとも簡単にこなす所は本当に凄いと思った。
そこに痺れる憧れるゥ!
181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:09:10.99 ID:BtLZiHFNi
じゃあ私がネットで知り合った男と会ってもいいの?って聞いたらそれは駄目だと言う。
マジ殺意。

おっさん曰く、男と女は違う。男は自分にその気がなければ絶対に大丈夫だけど、
女は無理矢理そういう事される可能性があるから駄目なんだと。

この理論は未だに理解できずにいる。男の心と身体は別だと言いますがね。
しかもこれだけ嘘つかれまくると流石に信用なんてできなくなっている。

私は必死で別れ話をした。
おっさんは何故か眠そうにしている。
後から聞いたんだが、おっさんも実はメンヘラだった。
嫌な事があると眠気に襲われるそうだ。逃避と言うらしい。
183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:12:45.62 ID:BtLZiHFNi
逃避するほどつらいなら誠実な態度で接してくれれば良かったのに。
悔しかった。結局、別れた。別れたつもりでいた。
私は学校に行けば友達もいるし家には家族がいる。
なんとか気を紛らわす事ができたし、おっさんに会わない生活にも慣れていた。
でもちょくちょくおっさんからメールが来る。
正社員になれる事になった、と報告が来た時は素直に嬉しかった。
良かったね、おめでとう、と心から思えた。
185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:18:04.24 ID:BtLZiHFNi
しかしメールが来るとまだどこかで繋がっているような気分になるもので、
別れた事に慣れたというよりは会おうと思えば
いつでも会えると言うギリギリの安心感からそこまで本気で考えていなかったのかもしれない。
お金を返してもらうという用事もあった。縁は切れないと思ってたんだろう。

一ヶ月くらい経った頃だろうか、おっさんからメールがきた。
「 引越しするから手伝って」

付き合っていた頃、私が大学卒業する前には
私の家とも近くなるから職場の近くに引っ越したいと言っていた。
でも引っ越すならお金全部返してからになるから、とも言っていた。
一銭も返して貰ってませんが引っ越しですかwww
186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:19:36.91 ID:Wtg1M7WD0
なんでおっさんこんなモてんだよ
ちゃんと生きてる俺がバカ見たいじゃねーかよ
190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:21:54.99 ID:XpvjZver0
>>186
お前はちゃんと生きてるつもりでもおっさんよりダメってことだよ
お 前 は ダ メ な ん だ よ
187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:20:04.58 ID:VrrWDX3y0
結局おっさんにいくら貢いだんだ?
192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:25:51.83 ID:BtLZiHFNi
>>187
多分60万くらいかと。
80万返すとおっさんは仰ってますが、私は全額返す前に連絡途絶えると思ってる
189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:21:16.79 ID:BtLZiHFNi
こいつなに考えてるんだよと思ったから
サークルの合宿あるから無理。あのメンヘラ女子に手伝ってもらえば?
と返事をすると、サークルの合宿に怒り始めるおっさんwww
泊まりコンパじゃんとか言い始めるおっさんwww
落ち着けよおっさんwww

結局引っ越しは一切手伝わなかった。
でも本当に私の定期圏内の場所に引っ越してきた。
192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:25:51.83 ID:BtLZiHFNi
引越しが終わってから、引っ越したから見にきてってメールがきた。
正直新しい部屋は見てみたかった。前の部屋より一部屋分広いんだとか。
好きという気持ちも残っていたのか、ホイホイ見に行ってしまった。
そこにはダンボールだらけの部屋があった。
ベッドすら設置できていない。
おかしなところに布団を敷いて寝ているようだ。
ある意味前の部屋より生活水準が落ちていた。
194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:30:21.50 ID:BtLZiHFNi
でもまあ引越し直後という事で、これから徐々に片付けていくんだろうと思い放っておいた。
そして会ってしまうとやっぱり駄目だった。
話していて楽しい。頭を撫でられるのが心地よい。
いつのまにか以前のように頻繁に会うようになっていた。

そして季節は冬。
私はおっさんの誕生日に慣れない料理なんかして頑張っていた。
そこで料理の孤独さを知った。
パソコンで動画を見ているおっさん。
料理をするとはこんなに孤独で寂しくて難しいものなのか、と絶望した。
193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:28:27.05 ID:TXDf/Eze0
まだ連絡途絶えてないのかよ
196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:34:52.71 ID:NpoQV/3y0
おっさんがうらやましい
197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:35:55.15 ID:BtLZiHFNi
おっさんの職場にはなんだか物凄い上司がいるようだった。
メンヘラの彼女の事をおっさんはリスカの人と呼んでいた。
後々私はこのリスカの人に物凄くお世話になる事になる。
でもやっぱり会った事もない時はまたメンヘラか、
と思ったしおっさんの周りにいるメンヘラ女に良い思い出はないので良い気はしなかった。

リスカの人はかなりの酒豪らしく、朝まで付き合わされる事もしばしば。
ある日朝まで付き合わされて会社の近くに停めてた
車の駐車料金を払えないからお金貸してと言われた。

正直イラっとした。払えなくなるまで飲んでんじゃねーよ。
私はおっさんの財布か。虚しくなった。
198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:38:02.24 ID:1WZHG1S+0
読んでたら続きが気になってきた。
未来の俺なんかなぁ。
199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:38:25.84 ID:exR7IK2G0
おっさん情けなすぎ
:201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:ID:BtLZiHFNi
そしてある日、おっさんと一緒にいる時にリスカの人から電話がきた。
普段からよく電話はきていた。そして出てた。
その日はなんだかリスカの人の声がよく聞こえた。
どうやらおっさんに今から来いと呼び出しをかけているようだ。

なんだか気分が落ち込んだ。もしかした凄く仲が良いのか。
私が知らない時にもプライベートで会ったりしてるのか。
そんな事を考えると悲しくなった。
いつまで経っても嘘をつかれ続けるのか。
私の思考は明らかに飛躍していたが止まらなかった。
205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:44:32.17 ID:BtLZiHFNi
私は一体なんなんだろう。そんな疑問が頭をぐるぐるしていた。
やはり私は口に出さなくとも態度に出る。
明らかに不機嫌そうな私。実際に文句も言った。

でも仕事だから仕方ないとわかってはいた。
おっさんもそう言っている。
じゃあせめて朝まではやめてくれ、女の人と2人で行くなら嘘つかないで報告してくれ。
これらを約束させてこの話しは終わった。
と思っていたが、おっさんはなぜかリスカの人に彼女が嫌がるから
2人では行けません的な事を話したらしい。

私そこまで言ってないけど・・・とは思ったがなんだか嬉しかった。
やっぱり私は彼女なんだ、と実感した。アホス
208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:49:11.42 ID:BtLZiHFNi
しかしおっさんの部屋は一向に片付かないままだった。
ある冬の日、まじでこのままじゃ駄目だと言って2人で部屋の片付けを始めた。
おっさんはとにかく本をたくさん持っている。
本から片付けよう!ということで次々本棚に本を収納していく。

風俗情報誌をみつけた。
213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:52:36.27 ID:JSTM9KJ10
話がとびとびでよーわからんくなってきた
wiiとリスカは同一人物なん?
おっさんとリスカはいつのまにか仕事仲間になってたん?
物凄い上司っていうのは全然関係ないん?
214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:53:10.11 ID:BtLZiHFNi
>>213
wiiは私の一個上の親に恵まれなかったデブス
私と知り合う前から知り合いだったらしい
リスカの人はおっさんの上司

片づけ中に、私があるダンボールに近付くとおっさんが「あっ」と言って少し様子を変えた。
私は実はそこにAVが入っている事を知っていたが知らないふりをしていた。
おっさんの戸惑いも見過ごしてあげた。
なんでそこだけ大人だったのかわからん。でも気づかないふりをしていた。

風俗情報誌はまた別だ。風俗は相手がいる。
お金を払って愛のない行為をするなんて風俗に行く男は気持ち悪いと思っていた。
そんな私の目の前に風俗情報誌。
また手足が冷えてきた。
219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 02:58:44.44 ID:BtLZiHFNi
私は荒ぶった。
でもよーく見たら私と出会うより前の日付のものだった。
期間がかぶってなくて良かった。

でもやっぱり気持ち悪い。風俗気持ち悪い。
女なら誰でもいいんじゃないか。そう思い始めると止まらなかった。
私じゃなくても良いんだ。実際にこの人は私以外にも
何人かの女と付き合った事があるのだから、私はその人たちの代わりなんだ。

私の思考は明らかに飛躍していた。が、やはり止まらなかった。
221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:01:59.15 ID:BtLZiHFNi
おっさんは風俗情報誌は前の会社の先輩に押し付けられたものだと言って
またもや自分で買ったわけじゃない説を提唱していた。

凄く自暴自棄な気持ちになった。
誰でもいいのか。私じゃなくてもいいのか。
もやもやが晴れなくて、しばらく会わない事にした。
226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:06:23.90 ID:BtLZiHFNi
あ。大事な事忘れてた。

引越しからちょっとして、おっさんは車を買った。
もうこの辺も全く理解できない。
たしかに前の車はかなりヤバかった。いつ壊れてもおかしくなかった。
車検も切れていたらしい。でもだからって車買わなくてもいいじゃないか。
そんなお金はあるのに私は未だに一銭も返して貰っていなかった。
最早諦めていた。誠実な人ならこんな行動には出ないはずである。

でも、家が近くなって車も買った事でおっさんは私のバイト帰りは毎日迎えに来てくれていた。
バイトがあるとおっさんに会えた。嬉しかった。
今考えるとこういうところはマメな男である。不思議だなあ。
230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:10:15.28 ID:rjhe82tE0
>>226
金ってのは貸した時点であげたものだと思ったほうがいいよ。
そもそも収入が無い人間に貸した時点でわかるだろう。
229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:09:26.74 ID:BtLZiHFNi
で、次の日は気分転換にバイトから歩いて帰る事にした。
これが間違いだった。その日、変質者にあった。
めちゃくちゃ怖かった。
このせいで本当に男が信じられなくなった。
男という生き物は誰でも良いんだという考えから逃れられなくなっていた。

ここでリスカの人が登場する。
232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:15:10.27 ID:BtLZiHFNi
うん、この時ヘラってたよ。
リスカの人に話聞いて貰って、病院にも行った。

リスカの人は前から私に会いたいと言っていたようだ。
でも年の差の事は言ってなかったから拒否っていたとか。
で、私が相談したい事があると言うと快く会ってくれた。
私はあんな態度とってたのにね、優しいね。

変質者にケツ触られる感触が消えなくて、
その場面を上から見ている自分がいるというような事を説明したんだったか
してないんだったか覚えてない。

人見知りの私はめちゃくちゃ緊張していた。
もう変質者とかどうでもいいからこの緊張から解放してくれ。

で、不安で夜眠れなくなっていたこともあり精神科に行った。
鬱ではないね!と明るく言われた。
233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:19:17.97 ID:BtLZiHFNi
で、まあ時を重ねると症状はおさまって元気なっていった。そんなもん。
ここから実はよく覚えてない。
なんでそうなったのかわからないけど、私はおっさんの携帯を見てしまった。
そこには職業訓練時代にセクキャバに行ったらしいことや、
リスカの人とパブに行っていること、次は抜ける店が良いとかなんとか書いてあった。

抜ける店ってなんだよ。セクキャバってなんだよ。
猛烈にググった。セクキャバはお触りありのキャバクラだった。


別れる事にした。
235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:22:07.69 ID:BtLZiHFNi
正直嘘の積み重ねでおっさんの事を信じられなくなっていたし、
丁度良いきっかけだった。

別れるまでにリスカの人を交えた話し合いが一回?二回?行われたがあまり意味がなかった。
お互い感情的になってまともな話し合いはできなかった。
ついでにリスカの人もきれてた。
私がおっさんとは結婚できないと思う、と言うとリスカの人が一言。

「なんで?バツイチだから?」

理解できなかった。
237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:23:30.96 ID:IyoDcE6X0
おっさん終わってるな
240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:27:17.89 ID:BtLZiHFNi
その話し合いから数週間おいて、
最後にきっちり別れ話をしようと思っておっさんに連絡したらおっさん逆ギレしてた。

でも私が冷静に返事してたらおっさん落ち着いてきた。
でま もこの後におよんで本当にもう終わりなの?とか言ってた。

付き合ってる時にセクキャバとか行かれたらそりや終わりですよ。
他の女を膝に乗せておっぱい触る事が可能ですから。
しかもお金のない時期になにやってるのかとねwww
それは奢ってくれるって言うから行った、全て忘れてパーっと騒ぎたかったと。

そしてバツイチについて。
私の耳がおかしかったのかもしれないと思って直接聞いてみた。
本当にバツイチだったwww
そんな大事な事を、なぜ他人の口から聞く羽目になったのか。本当に駄目なおっさんだった。
おっさんは最初に言ってあると思ってた、と主張を貫いた。
強く反論しなかったけどこれ絶対嘘だと思ってる。
244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:32:04.92 ID:BtLZiHFNi
で、別れた。
最後にドライブして、ちょっと楽しかったけどもう前みたいな感情はなかった。
おっさんの家においてあったものを返して貰ってさよならしました。
おっさんは最後にお弁当作ってきた。私の好きだったオムライスとハンバーグ。
なんか、そういう努力も虚しく感じた。

ちなみに前の奥さんには彼氏なら良いけど夫なら駄目って言われて離婚したらしい。
申し訳ないけど妙に納得してしまった。
今では誠実な男こそ至高だと思ってます。
254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:38:03.50 ID:BtLZiHFNi
後悔もしたけどこの駄目なおっさんのおかげで成長できたから良いと思ってる。
色々な事を学べたよ。
最後のドライブからまだ一ヶ月経ってないけど完全にふっきれた。
女って切り替え早いなwww

色々書き忘れた事もあるけど、まあ大体こんな話。
バツイチは衝撃だったけど、最初に言ってくれてれば良かったのにな。
言ってくれてれば、バツイチでも好きだからいいよってなったのにね。
他人の口から聞くほど虚しいことってないぜ。

今では精神安定剤飲むこともなく元気に日々過ごしてますwww
テラ元気wwwwwカポォwwwww
257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:40:55.71 ID:BtLZiHFNi
金は毎月一万ずつ振り込むって言ってる。
でもそれで80万って80ヶ月だぜ。続くわけないだろ。
そのうちなんで俺こんな女に毎月振り込んでるんだ?って疑問をもって音信不通になるよ。
7月は振り込まれてた。いつもみたいにおはよう、振り込んだよってメールきた。
一体どういうつもりなんだろね。おかしいね。

このスレ見てたら多分8月から振り込まれなくなるなwww
260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:44:35.77 ID:BtLZiHFNi
今19歳。おっさんとは丁度三年付き合った計算になる。
まだまだ未来がある年齢だから前向きにいくよ。
そのうち良い出会いがあるでしょう。
でも付き合うなら絶対に誠実な人。
どんなにブサイクでもいいけどそれだけは譲れない。

不誠実な人、ダメ、ゼッタイ。
264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 03:51:25.76 ID:BtLZiHFNi
いや、むしろ見てたらもうお金はいいよ。
おっさん自身に返す気がないなら本当に無理しないで。
貸したのは私、おっさんは好意に甘えただけであって恐喝したわけじゃない。

あとお前らも嘘言い訳隠し事はするなよ。人間として最低だからな。
それで良いと思ってるならべつに良いけどね。
結局のところ本人に変わる気がなければ誰がなんと言おうが意味がないから。
おっさん見ててそれを学べた。
さよならおっさん。おっさんと過ごした三年間は無駄ではなかったよ。
お前らおやすみ。
272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 04:00:56.55 ID:Zkv7UIB30
乙、面白かったわ
278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 04:20:35.62 ID:KK/t2mth0
おっさん実は悪いやつではなさそうだよなー
ちゃんと働く意志もあったみたいだし・・・

とりあえず乙
282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします::2011/08/06(土) 04:40:14.84 ID:SPxaoYLW0
>>1
すごく勉強になった

おすすめ記事3選

  1. 米大統領選 「トランプ氏は反ユダヤ」クリントン氏が非難
  2. 中国元外交トップ「裁定は紙くず」 南シナ海の領有権問題
  3. 今回の都知事選、小池と自民党ならどっち応援する?