サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

創価機関紙が日本人の共同体意識を正面否定。DVを愛国心と勘違いしていると断定した

1:ハイカイおじさん◆mNmaw1uz5x6L2014/04/05(土)14:48:07ID:TJl93sFdc
著者インタビュー『日本人はなぜ存在するか』
愛知県立大学日本文化学部歴史文化学科准教授
與那覇 潤

 著書『日本人はなぜ存在するか』で示した再帰性の観点が、ナショナリズムが台頭しつつある今の日本になぜ必要なのか。與那覇氏に話を聞いた。

――著書『日本人はなぜ存在するか』のテーマである「再帰性」の考え方はなぜ必要なのでしょうか。

再帰性とは、「われわれは単に現実に存在するものを認識しているというより、逆に認識を通じて現実を作り出している」という視点のことです。わかりやすいように、まずは個人と世界の関係で例を出せば、夕焼けが赤く見えるのは太陽自体が赤いからなのか、私の網膜にそれを「赤く見る」性質があるからなのか。後者の観点を取るのが再帰性の立場です。

そして私たちは日々、個人ごとにバラバラに世界を認識するだけでなく、複数名の認識が相互にかかわりあう共同現象として、社会的なものごとを作り上げています。たとえば、お互いに「僕と君は恋人どうしだ」「私たちは家族だ」と思いあうことで、カップルなり家庭なりは成立していますよね。個人の認識を押しつけるだけではストーカーになっちゃうし、もしくは相互にそういう認識を共有できなくなったら、別れて新たな関係性に入らざるを得なくなる。

当たり前じゃないか、と思うかもしれませんが、しかし「われわれは日本人だ」になると、途端にこのしくみが見えにくくなるんですね。日本人という共同性が、相互の関係性の産物ではなく、最初から不変のかたちで存在するかのように思われてしまう。結果として、実際には自分の認識であるにすぎない「正しい日本人」イメージを、周囲にも強要してしまうことがある。恋人や家族でやったらDVになることなのに、それが「愛国心」だと勘違いされる。

(中略)

(>>2以降へ続きます)

2014/04/0411:36BLOGOS(ソース元:WEB第三文明)
http://blogos.com/article/83762/(※依頼スレ>>18より依頼有り)
2:ハイカイおじさん◆mNmaw1uz5x6L2014/04/05(土)14:49:22ID:TJl93sFdc
(>>1の続き)

(前略)

――ヘイトスピーチなどの排他的言動については、どう感じていますか。

ヘイトスピーチは、ナショナリズムよりもレイシズム(人種主義)と結びつけられることが多いですが、そこにあるのは自分には理解できないもの、自分とは異なる世界の認識や解釈のすべてを「抹消」したいという欲求でしょう。その点に、周囲を自分の側の解釈へと「統合」していこうとする側面も持つナショナリズムと比べても、深刻な問題があります。

今日の日本でヘイトスピーチの標的にされているのが、まず在日コリアンも含めた韓国・北朝鮮、次いで中国ですが、私にはそれは「冷戦体制の鬼子」にみえます。朝鮮戦争が終焉して以降の冷戦期は、一般の日本人にとって中国や朝鮮半島の情勢を「無視」しても暮らすことのできる例外的な時代だったんですね。それこそ江戸時代以来といってもよい。

ところが冷戦の終焉後、中国の台頭や韓国の経済発展を通じて、彼らの存在を自分たちの視野から抹消できなくなり、時には日本のほうが「負けた」と感じざるを得ない局面もでてきた。それが目障りだ、もう一度消えてくれ、という鬱憤を、まき散らしているようにみえます。

さらに深刻なのは、そういう冷戦の鬼子たち自身がしばしば同時に「冷戦を知らない子どもたち」でもあること。たとえば冷戦下の韓国がずっと軍事独裁体制で、日韓基本条約ですら国内での抗議を弾圧して結ばれたという事実を知らない。今テレビを見るとしょっちゅう大統領選をやっているし、最初から民主主義国だったんじゃないの?と思っている人が多いでしょう。だから、従軍慰安婦問題にしても「なんで今になって言うの?」としか思えない。

前者は心情的な問題だから特効薬を考え出すのは難しいけれど、後者は純粋な知識不足ですから、ある程度は歴史の学習でカバーできます。高校では戦後史は駆け足になってしまうといわれますが、私はむしろ日本史・世界史を統合した「近現代史」、特に「二十世紀史」こそを必修にするべきだと思っています。グローバルに活躍する人材を育成するうえでも、世界の諸地域で「今に直結する時代」に何が起こっていたのかを知ることは、英語力と同等かそれ以上に重要でしょう。

(以下略。全文は>>1下部リンク先でご覧下さい)
3:名無しさん2014/04/05(土)14:56:29ID:rwQli7czf
この手のインタビューに答える人間って、どいつもこいつも最初にヘイトとやらを向けられたのが日本人だという視点が完全に欠落してるのは何故だろう。

>高校では戦後史は駆け足になってしまうといわれますが、
>私はむしろ日本史・世界史を統合した「近現代史」、特に「二十世紀史」こそを
>必修にするべきだと思っています。グローバルに活躍する人材を育成するうえでも、世界の諸地域で「今に直結する時代」に
>何が起こっていたのかを知ることは、英語力と同等かそれ以上に重要でしょう。

ここには同意
歴史と近代史は別に時間を取って学習すべきでしょ
8:名無しさん2014/04/05(土)15:04:56ID:P6DB0De59
この人の他の論文読んだけどこの人のスタンスは

・日本史は中国史の一部でしかない
・成果主義は自分より劣った人を採用するものである

日本史は最低でも国風文化が出来た頃ぐらいに日本史は独立しました
成果主義が自分より劣った人を採用するという考えは朝鮮儒教的です
11:名無しさん2014/04/05(土)15:45:19ID:OGpMKchJu
韓国の経済発展なんぞ20年前の話だろw
そのころは日本はもう時代遅れ、コリアパワーの時代なんてよく言ってた。(バブル崩壊
の後でもあり、日本社会が未来像を見失っていたせいもある)

いまの韓国はその成果を使い果たし、絶賛爆縮中ではないか?
現在の若い人はそんなみじめな韓国しか知らんだろうに。
12:名無しさん2014/04/05(土)16:13:18ID:NZBstMxzP
こういう人ほど「在日の方ですか」って訊くと顔真っ赤にしそうw
14:名無しさん2014/04/05(土)16:28:55ID:CYryTs75x
的外れの定義付けって、傍目で見るとものすごく滑稽だな。
本気で言って疑いすらしてないと本当に馬鹿に見える。。
16:名無しさん2014/04/05(土)16:45:16ID:aoyLasHip
この手の理屈をこねくり回すだけの駄文は
結論部分だけ見ればよろしい。
 
で、結論としては
「対韓感情悪化の原因は日本人と日本政府が悪い」

あほか。
 
17:名無しさん2014/04/05(土)17:04:38ID:OGpMKchJu
>>16
この手の執筆者は、日本が経済的に零落れて中姦の躍進に嫉妬してるって言いたいだけなので、
はなから読者に共感を得たいなんて思ってないよ。
他人を見下したいだけw
19:名無しさん2014/04/05(土)17:54:58ID:DLUikeh7O
ソース元、第三文明って創価学会じゃん
21:名無しさん2014/04/05(土)18:03:51ID:jN9JeU0g7
なんだそうか
26:名無しさん2014/04/05(土)19:22:43ID:ygqYJlRQT
ここまで中身がスカスカなニュースは久し振りに見た気がするw
前提から的外れだから何処にも考えさせられる要素が無い
27:名無しさん2014/04/05(土)19:25:35ID:nX01pNW3a
戦後、希薄になりつつあった「日本人であること」を日本人に自覚させたのは、
皮肉なことに、中国・韓国の横暴である。

>>27
あとはバカなサヨク…リベラル気取りのアメリカが主犯ともいえるが

連中の考え無しのサベツガーとかヘイワガーとかリンジントナカヨクーとかそんな弱者ビジネスが、
「何故そうしなければならないのか?」を考える切っ掛けとなり、
俺らあいつらにいいようにされてね?俺らあいつらに何したよ?なんでそこまでせにゃならんのよ?
となるなかで「そもそも俺らとは何」を自覚することになる、と

あれだね、連中がネトウヨガーとわめき散らさなければ、ネトウヨは一大勢力にならなかったのと同じかとw

関連記事

  1. 【悲報】浜田雅功が「辞めたい」宣言も・・・・・・大みそか『ガキ使スペシャル』が終わらない理由
  2. 前田敦子さんかわいいとか言ってる奴wwwwwwwwww
  3. 【悲報】木梨憲武さん、頭がおかしい・・・・・・