サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

中国とドイツを直結する渝新欧鉄道が稼働開始。膨大な物資がドイツへ雪崩れ込んでいる

1:◆inBhY9Zy5M2014/04/05(土)18:41:36ID:RZ9JDnszV
 2011年に全線開通した渝新欧鉄道は全長約1万1000キロ。中央アジア、ロシア、ベラルーシ、ポーランドを経由する。

 ライン(Rhine)川とルール(Ruhr)川の合流点に位置するデュイスブルクは、世界最大級の内陸港を有するドイツ有数の輸送中継拠点。一方、重慶には、米アップル(Apple)製品を製造する台湾の大手電子機器メーカー、富士康集団(フォックスコン、Foxconn)や台湾パソコン大手エイサー(Acer)、自動車部品メーカーなどの工場が集積する。

 重慶―デュイスブルク間の輸送所要日数はわずか16日で、海上輸送よりも20日以上短縮できる。中国の主要海港から1500キロ離れている重慶にとって、この鉄道の役割は特に大きい。デュイスブルク港の広報を担当するユリアン・ベッカー(JulianBoecker)氏はAFPに「この鉄道には単なる象徴的な意味合い以上の価値がある」と話す。

(続く)
2:◆inBhY9Zy5M2014/04/05(土)18:42:48ID:RZ9JDnszV
(続き)

■速さは海上輸送の2倍、コストは航空輸送の半分

 採算性を向上させるため、欧州行きと中国行きの両方向で貨物量を増やすことが課題だ。渝新欧鉄道は最大でコンテナ50個分の積載能力を持つが、デュイスブルクに向かう際は貨物がいっぱいで中国へ戻る時は空っぽということも珍しくない。ドイツの鉄道コンサルティング会社SCIフェアケーア(SCIVerkehr)のマリア・レーネン(MariaLeenen)ディレクターは「現段階では中国から欧州に向かう貨物の方がはるかに多い。これは問題だ」と話した。

 数百年前に、アジアと欧州をつなぐ交易路シルクロードに徐々に取って代わっていったのは海上輸送だ。物流コンサルタント会社ISLのブルクハルト・レンパー(BurkhardLemper)氏によると、アジアと欧州との間の貿易量の95%以上は船による輸送だという。

 貨物輸送市場における鉄道のシェアはまだ小さく、渝新欧鉄道は現在の輸送システムを補完しているに過ぎないが、デュイスブルク港の運営会社のエリッヒ・シュターケ(ErichStaake)社長は「鉄道は、速さは海上輸送の2倍でコストは航空輸送の半分」と話した。

 SCIフェアケーアのレーネン氏は「鉄道輸送の歴史はまだ浅い。安全や定刻運行、関係国の政情などの面で問題がなければ将来性はある」と話した。(c)AFP/EstellePEARD
3:名無しさん2014/04/05(土)18:44:00ID:txrHyArdn
3B政策か
なつかしいな
4:名無しさん2014/04/05(土)18:44:53ID:Eg4di8Z3x
さすがドイツと中国は仲良いね
5:名無しさん2014/04/05(土)18:50:47ID:CrqDoQ9m1
負けが込んでるのに懲りないねえ
今度はドイツと別の側に賭けなければw
7:名無しさん2014/04/05(土)19:06:46ID:YrSagiyIf
中国人のドイツ侵食が捗りそうだな
13:名無しさん2014/04/05(土)21:48:30ID:HHXK0FUzx
>>7
ドイツというかEU全域に漢人が雪崩れ込むと思う。
8:名無しさん2014/04/05(土)19:28:40ID:W94yZcEDm
途中の国で何かあったらどうするの?
維持費とかどこが持つの?
9:名無しさん2014/04/05(土)19:32:33ID:xTp1SvIVX
ドイツ・・・哀れ
負けフラグかよ

関連記事

  1. 【食品】「バターが買えない」の裏にある不都合な真実
  2. 【社会】手書きの領収書 必要なのか レシートが経費として認められないことはほぼない
  3. 【社会】減り続ける献血可能人口、「足りない血液」を補う人工血液の研究進む