サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

【異世界食堂×ぐらぶるっ!】アレッタ「少し困ったお客さん」

1:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:00:13ID:W8X8kNCw
異世界食堂×ぐらぶるっ!になります。
原作未読ですので異世界食堂で
ちゃんとした理由付けがあるのかもしれませんが
ここはひとつ「こまけぇことはいいんだよ!」の精神で
お読みいただけると嬉しいです。
2:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:01:25ID:W8X8kNCw
マスター「お待たせしました」
マスター「いつものお持ち帰りのお品です」つ(寸胴)
赤の女王「うむ」つ(寸胴)
赤の女王「では、また来る」
マスター「はい。 またのご来店を」
     キィ… カララン♪ パタン
マスター「ふう……」
アレッタ「お疲れ様です、マスター」
マスター「ああ、お疲れ様……と言いたいが」
マスター「今日はもう一人来る予定なんだ」
マスター「『少し困ったお客さん』がね」
3:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:02:09ID:W8X8kNCw
アレッタ「ああ……あの娘ですか」
マスター「ああ。 その娘だよ」 クスッ
     このお店……ねこやでお出しするお料理は
     私から見ても少々……いえ
     かなり高めのお値段ですけど
     それには、ちゃんとした理由があったんです。
     それは……
―――――――――――
     キィ… カララン♪
???「ほわわー!」
???「こ、ここは、いったいどこなんですか!?」
4:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:03:13ID:W8X8kNCw
マスター「いらっしゃい」
マスター「ここは洋食のねこやという飯屋だよ、お嬢さん」
???「飯屋……というと、ご飯屋さんですか?」
マスター「はい」
???「でも、グランサイファー号のルリアの部屋に現れたドアから来たんですけど」
マスター「う~ん……それは説明のしようが無くて」
マスター「7日に一度、どこか、特定の場所に現れるドアをくぐると」
マスター「ここに来てしまうんだ」
ルリア「ほわぁ~そうなんですか」
マスター「まあ、せっかくここへ来たのだから」
マスター「何か食べて行きなよ、お嬢さん」
5:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:03:57ID:W8X8kNCw
ルリア「……せっかくですけど」
ルリア「ルリア、お金を持ってなくて……」
マスター「それならツケでいいから」
ルリア「ツケ?」
マスター「また今度、来た時に払ってくれたらいいから」
ルリア「い、いいんですか!?」
マスター「ああ、構わないよ」
ルリア「分かりました!」
ルリア「今度来た時に払いますね!」
マスター「うんうん」
マスター「アレッタさん。 レモン水とお品書きをお持ちして」
アレッタ「はーい」
6:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:04:45ID:W8X8kNCw
ルリア「はわわ~!」
ルリア「どれも美味しそうですぅ」
アレッタ「どれも美味しいですよ」 クスッ
ルリア「オススメとかありますか?」
アレッタ「う~ん……」
アレッタ「よく頼まれるのは、メンチカツやエビフライ、ロースカツですかねぇ」
ルリア「じゃあ、それ全部ください!」
アレッタ「え……3つともですか?」
ルリア「はい!」
アレッタ「分かりました」
7:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:05:50ID:W8X8kNCw
アレッタ「お待たせしました」
ルリア「はわわ~美味しそうですぅ」
アレッタ「あと、パンやライスはお代わり自由ですので」
ルリア「え!?」
ルリア「いくらお代わりしてもいいんですか!?」
アレッタ「はい。お腹いっぱいになるまでどうぞ」 クスッ
ルリア「きゃあ~☆☆☆」
     この時
     この何気ない一言が
     あの恐ろしい光景へ繋がるなんて
     思いもしませんでした……
ルリア「いただきまぁす!」
ルリア「はむはむ……」
ルリア「美味しい~♪♪」
8:以下、名無しが深夜にお送りします2017/08/15(火)00:06:44ID:W8X8kNCw
ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」
アレッタ「は~い」
―――――――――――
ルリア「パンとライス、お代わりお願いします!」
アレッタ「は~い」
―――――――――――