サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

ヴィーネ「ガヴドロ三題噺」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/08(土)00:14:00.797ID:G8k2/psS0.net
お題
>>2
>>3
>>4
あからさまな荒らしやコピペAAは安価下
2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/08(土)00:14:16.172ID:5gikuistd.net
人食
3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/08(土)00:14:49.339ID:1+9qJMU10.net
復活
4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/08(土)00:14:55.175ID:QIy0OWZHp.net
グラサン
14:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:19:59.318ID:/6EWlDdd0.net
ヴィーネ「遂に仕送りがマイナスになってしまった……」
ヴィーネ「このままじゃ流石に生活出来ないわよね」
ヴィーネ「悪魔的行為をしなきゃ……」
15:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:24:12.539ID:/6EWlDdd0.net
ラフィエル「ということでしたら人に迷惑をかけないとですね」
ヴィーネ「でもそんなこと出来ないわ……」
サターニャ「そんな時はこれよ!」
サターニャ「魔界通販で買ったんだけど」
サターニャ「『価値観逆転装置』~」タラララッタラー
ガヴリール「またうさんくさいものを」
サターニャ「これを使うと人の価値観を変えてしまうのよ」
ラフィエル「名前の通りですね」
16:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:29:20.463ID:/6EWlDdd0.net
サターニャ「これを使えば今のヴィネットの価値観が」
サターニャ「ガラリと変わるはずよ」
サターニャ「悪いこともできるようになるはず」
ガヴリール「変なもの使うなよ」
ヴィーネ「お願い、サターニャ」
ガヴリール「いいのか?」
ヴィーネ「もうそれしか方法はないと思うから」
サターニャ「それじゃあ行くわよ」
17:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:31:21.073ID:/6EWlDdd0.net
ビビビビビ
ヴィーネ「……」
ガヴリール「どうだ? おかしいところはないか?」
ヴィーネ「……あれ」
ヴィーネ「なんともない……?」
ガヴリール「んだよ不良品じゃんか」
サターニャ「そんなはずは……」
ラフィエル「これは地道に頑張っていくしかなさそうですね」
18:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:34:12.542ID:/6EWlDdd0.net
キーンコーンカーンコーン
ガヴリール「休み時間も終わりか」
サターニャ「おかしいなー不良品なわけないんだけどなー……」ブツブツ
ラフィエル「それではまた次の休み時間に」
ヴィーネ「ほら、ガヴも早く席につきなさい」
ガヴリール「はいはい」
ガヴリール(やっぱり何も変わっていないみたいだな)
19:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:35:13.931ID:/6EWlDdd0.net
ガラガラ
グラサン「授業を始める」
日直「起立」
ガタッガタタッ
日直「お願いします」
一同「お願いします」
日直「着席」
ガタッ
20:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:44:41.694ID:/6EWlDdd0.net
グラサン「──であって」
グラサン「──になるから」
グラサン「──」
ヴィーネ「ふむふむ」バンショ
ギュルルルルルル
ヴィーネ「ひぅっ!?」
グラサン「……では次の問題を委員長」
ガヴリール「ヴィーネ……もしかして何も食べてないのか?」ヒソヒソ
ヴィーネ「あはは、ちょっとね」ヒソヒソ
21:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:50:38.918ID:/6EWlDdd0.net
ガヴリール「私にははちゃんと食べろって言うくせに」ヒソヒソ
ヴィーネ「お昼はちゃんとたべるわよ」
ガヴリール「それならいいけど」
23:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:52:48.990ID:/6EWlDdd0.net
◆昼休み
ヴィーネ「じゃあご飯食べてくるわね」
ガヴリール「学食じゃないの?」
ヴィーネ「うん、ガヴはいつも通り学食で食べてて」
ガヴリール「ちゃんと食べろよ?」
ヴィーネ「わかってるわよ」
24:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)00:57:34.127ID:/6EWlDdd0.net
ヴィーネ「先生ー」
グラサン「どうした? 月乃瀬」
ヴィーネ「ちょっとお聞きしたいことがあるのでお時間よろしいですか?」
グラサン「ああ、構わないぞ」
25:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:05:18.953ID:/6EWlDdd0.net
◆体育館倉庫
グラサン「こんなところで何があるんだ?」
ヴィーネ「いやー、その」
ヴィーネ「朝から何も食べていなくて……」
グラサン「そうなのか」
ヴィーネ「だから、いただきます」
26:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:20:10.191ID:/6EWlDdd0.net

ガヴリール「おかえりヴィーネ」
ガヴリール「ちゃんと食べたのか?」
ヴィーネ「うん、大丈夫」
ヴィーネ「結構な量食べたからしばらくは大丈夫そう」
ガヴリール「ふーん?」
ヴィーネ「ほら、次の授業始まるわよ」
ガヴリール「そうだな」
27:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:21:44.334ID:/6EWlDdd0.net
◇帰りのホームルーム
ガラガラ
ヴィーネ「えっ!?」
ガヴリール「?」
グラサン「ホームルームを始めるぞ」
ヴィーネ「なんで……?」
ガヴリール「どうしたんだヴィーネ」
ヴィーネ「……そっか」
ヴィーネ「それならしばらくは困らないわね」
ガヴリール「ヴィーネ?」
28:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:29:24.323ID:/6EWlDdd0.net

ガヴリール「なあ、やっぱりヴィーネがおかしいみたいなんだ」
サターニャ「そう? いつも通りでしょ」
ラフィエル「特にお変わりなく見えますが」
ガヴリール「なんか違う気がするんだよなあ」
ヴィーネ「どうしたの?」
ガヴリール「」ビクッ
29:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:45:59.441ID:/6EWlDdd0.net
ガヴリール「あ、いや」
ガヴリール「……なんでもないよ」
ヴィーネ「そう?」
ヴィーネ「そろそろ帰りましょう」
サターニャ「そうね」
30:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:48:33.316ID:/6EWlDdd0.net
◇ガヴリールの家
ガヴリール「やっぱりなんかおかしいんだよな」
ガヴリール「ヴィーネのグラサンを見る目がいつもと違ったっていうか……」
ガヴリール「まさかヴィーネ……」
ガヴリール「グラサンのことが好きなのか!?」
ガヴリール「そうだとすれば大体辻褄があう……」
ガヴリール「明日直接聞いてみよう」
31:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:54:31.427ID:/6EWlDdd0.net
◆ヴィーネの家
ヴィーネ「先生……美味しかったなあ」
ヴィーネ「癖になっちゃいそう」
ヴィーネ「全部食べるのがもったいないと思ったけど」
ヴィーネ「なんで先生は何もなかったかのように……」
ヴィーネ「ううん、食べても減らないっていうのはいいことだよね」
ヴィーネ「明日のお昼が楽しみだな」
32:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:56:36.208ID:/6EWlDdd0.net
◇翌日
ガヴリール「なあヴィーネ」
ガヴリール「もしかしてお前」
ガヴリール「グラサンが好きなのか?」
ヴィーネ「え?」
ヴィーネ「うん、(味が)好きよ」
ガヴリール「やっぱりそうだったのか……」
ガヴリール「だが今は我慢しろ」
ガヴリール「悪魔とはいえ仮にも教師と教え子の関係だ」
ガヴリール「だからもう少しだけ待つんだ!」
ヴィーネ「?」
33:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:57:02.287ID:/6EWlDdd0.net
◆体育館倉庫
グラサン「こんなところで何があるんだ?」
ヴィーネ「いやー、その」
ヴィーネ「朝から何も食べていなくて……」
グラサン「そうなのか」
ヴィーネ「だから今日も、いただきます」
34:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)01:58:22.768ID:/6EWlDdd0.net

ガラガラ
グラサン「帰りのホームルームを始める」
ヴィーネ(やっぱり……)
ヴィーネ(食べても減らないタイプの先生なんだ……)

ガヴリール(あんなに熱くグラサンを見つめて……)
ガヴリール(ヴィーネはそんなにグラサンのことが……)
36:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:20:20.061ID:/6EWlDdd0.net
ガヴリール「ヴィーネ……」
ガヴリール「本気なんだな」
ガヴリール「応援するよ!」
ヴィーネ「え? ありがとう」
ガヴリール(幸せにな……ヴィーネ)
38:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:22:03.658ID:/6EWlDdd0.net

ガヴリール「さーて今日も学食学食ーっと」
バリバリ
ムシャムシャ
ガヴリール「何の音だ?」
ガヴリール「行ってみよう」
39:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:24:21.946ID:/6EWlDdd0.net
バリバリ
ムシャムシャ
ガヴリール「ひっ、血……?」
バリバリ
ムシャムシャ
ガヴリール「……なに、やってんだよ」
ガヴリール「サターニャ……」
40:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:28:07.919ID:/6EWlDdd0.net
サターニャ「なにって、食事でしょ」
ガヴリール「それ……人だろ……?」
サターニャ「そうよ、悪魔が人を食べておかしい?」
ガヴリール「おかしいに決まってるだろ!」
ガヴリール「だって、今までそんなことしてなかっただろ!」
サターニャ「今まではね」
サターニャ「でもやっと環境が整ったから」
ガヴリール「何言ってんだよ!」
41:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:30:34.802ID:/6EWlDdd0.net
ラフィエル「私が全てお話しします」
ガヴリール「ラフィも……なのか?」
ラフィエル「私は食人はしていません」
ラフィエル「ただサターニャさんとヴィーネさんの手助けをしていただけ」
サターニャ「私たち悪魔は基本的に人を食べて生活しているの」
ラフィエル「けれど下界では食用の人がほとんどいない」
ラフィエル「だから、価値観逆転装置を使って人を食べるという価値観を変えていたんです」
ガヴリール「??」
42:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:39:01.135ID:/6EWlDdd0.net
ラフィエル「ヴィーネさんもサターニャさんももともと人を食べて生活していた」
ラフィエル「それを価値観逆転装置を使って人を食べないという価値観にした」
ラフィエル「そうして過ごしているうちに私は食用人を造るの設備を整えた」
ラフィエル「その被験体として選ばれたのが先生だったんです」
サターニャ「私たちが食事が必要な時に必要な分だけグラサンを造る」
サターニャ「そうすることで人間界に影響を及ぼすことなく私たちは生活できる」
ガヴリール「そんな……」
ガヴリール「先生はそのことを知ってるのか?」
ラフィエル「もちろん知りません」
43:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:41:16.576ID:/6EWlDdd0.net
ガヴリール「ヴィーネが……サターニャが……」
ガヴリール「人を食べる……?」
ガヴリール「そんなの嫌だよ……」
ガヴリール「意味わかんないよ……」
ラフィエル「やはり、そう言うと思っていました」
ラフィエル「ガヴちゃんは堕落しても優しいから」
ラフィエル「私と違って」
サターニャ「こんな私たちと友達なんて、嫌よね……」
ガヴリール「……」
44:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:43:41.147ID:/6EWlDdd0.net
ガヴリール「私にも使ってくれないか」
ガヴリール「価値観逆転装置とやらを」
ガヴリール「そうすれば私も、ヴィーネやサターニャと同じになるんだろ?」
ラフィエル「でもそうしたらガヴちゃんも……」
ガヴリール「このままヴィーネ達と付き合うよりはよっぽどマシだ」
ガヴリール「縁を切るなんてもってのほかだし」
サターニャ「ごめんね、ガヴリール」
サターニャ「本当は最後まで隠しておくつもりだったんだけど」
ガヴリール「お前みたいな馬鹿にそんなこと出来るわけないだろ」
ガヴリール「さあ一思いにやってくれ」
45:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:44:28.470ID:/6EWlDdd0.net

ガヴリール「お腹すいた」
ヴィーネ「じゃあ食べに行きましょうか」
サターニャ「そうね」
ラフィエル「じゃあすぐに準備しますね」
47:か◆aDRXZRX9R22017/04/08(土)02:46:13.589ID:/6EWlDdd0.net

──
───
バリバリ
   バリバリ
ムシャ
 ムシャムシャ
サターニャ「この舌触りが最高よね」
ヴィーネ「歯ごたえもちょうどいいし」
ガヴリール「味もピカイチだな」
ラフィエル「……」
ガヴリール「皆で食べる昼ご飯は美味しいな」

関連記事

  1. 【動画】ラップバトル怖すぎワロタっwwwww
  2. 田中マー君と斎藤佑樹を改めて比較したったwwwwwwww
  3. ノコギリ持って男がAKB48に襲いかかった時にヲタク共は何してたの?