サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

【モバマス】空想特撮シリーズ オトクラマン

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:00:29.69ID:tJ2NUXit0
――――――
悠貴「でゅわっ!」
飛鳥「ん?」
悠貴「オトクラマンっ!」ビシッ
飛鳥「…………。オトクラマン?」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:01:14.05ID:tJ2NUXit0
悠貴「備前の国からボクらのために! きたぞ、われらのオトクラマンっ!」ビシッ
飛鳥「備前……ああ、なるほど。でも呼んだ覚えはないんだけどな」
悠貴「でゅわっ!」ビシッ
飛鳥「…………」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:02:01.10ID:tJ2NUXit0
悠貴「あ。すみません、もしかしたら備前じゃなくて、備中か美作かもっ」
飛鳥「いや、それはいいんだけれど……えっと。じゃあ、そのオトクラマンは、具体的には何をしにきたんだい?」
悠貴「宇宙怪獣ミムラーを追ってきましたっ!」
飛鳥「……ミムラー?」
悠貴「はいっ」
飛鳥「……。なるほど。怪獣退治の専門家というわけだね」
悠貴「いえっ! 退治じゃないです! LIVEバトルですよっ、アイドルですから!」
飛鳥「…………」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:02:58.19ID:tJ2NUXit0
飛鳥「……ちなみに、そのミムラーとやらを放置しておくと?」
悠貴「事務所のカ口リーが狙われてしまいます! 346プロの、おやつの貯蓄がピンチです!」
飛鳥「……確かに、それは甚大な被害が出そうだね」
飛鳥「ミムラーを倒す方法は? その、LIVEバトルで」
悠貴「もちろんあります! 必殺技で!」
飛鳥「なるほど。ヒーローのお約束だね」
悠貴「ランニング光線ですっ」
飛鳥「ん?」
悠貴「ランニング光線ですっ」
飛鳥「…………ん?」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:03:40.62ID:tJ2NUXit0
悠貴「ランニング光線ですっ。……あっ、追い風ランニング光線ですっ!」
飛鳥「言い直したね」
悠貴「なんのことだかさっぱりっ」
飛鳥「…………」
悠貴「あっ! すみません。もう3分経ちそうなので、この辺で! お疲れ様でした! しゅわっちっ!」バッ
飛鳥「えっ、ちょっと悠貴―――って、なんだ。走っていくのか」
飛鳥「というか……なんだ今のは?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:04:49.67ID:tJ2NUXit0
――――――
悠貴「でゅわっ!」
飛鳥「またかい?」
悠貴「オトクラセブンっ!」ビシッ
飛鳥「オトクラマンはもういいから―――ん? セブン?」
悠貴「はいっ! オトクラセブンですっ! でゅわっ!」ビシッ
飛鳥「セブン……。どうしてセブン? 7……なな……菜々? いや、関係ないか」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:06:00.10ID:tJ2NUXit0
悠貴「はいっ! 菜々さんではありません! 乙倉悠貴です! オトクラユウキの名をかりて!」
飛鳥「いや……なら君は何者なんだい?」
悠貴「飛鳥さん……。私は、私はね。人間じゃないんです。岡山県から来た、オトクラセブンなんですっ!」
飛鳥「…………」
悠貴「びっくりしましたよね……」
飛鳥「いや、びっくりというか。どこに驚いたらいいのかわからないというか」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:06:57.87ID:tJ2NUXit0
悠貴「でも私は行かないと! パンドンを止めなきゃならないのでっ」
飛鳥「パンドン?」
悠貴「このままでは、346プロに存在しているパンが、全てなくなってしまいます!」
飛鳥「パン……ああ、わかった。パンが好き過ぎるアイドル―――いや、怪獣か」
飛鳥「……というか。アイドル事務所にパンなんて、大量にあるわけじゃないから、放っておいてもいいんじゃ―――」
悠貴「オトクラアイでスパーク!」
飛鳥「まぶしっ。……なんだい、そのやたら光るメガネは。それに、いつのまにか頭につけているカチューシャも」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:07:44.86ID:tJ2NUXit0
悠貴「オトクラアイですっ! こっちのカチューシャは、バンビスラッガーです!」
飛鳥「バンビ? ああ。メルヘンアニマルズのときの」
悠貴「それでは行ってきますっ。 ニノミヤ隊員っ、お元気で! しゅわっちっ!」バッ
飛鳥「なんで隊員? なあ悠貴……行ってしまった。いったいどうしたんだ? 最近の悠貴は」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:08:31.94ID:tJ2NUXit0
――――――
悠貴「帰ってきました!」
飛鳥「ああ、おかえり」
悠貴「帰ってきました!」
飛鳥「? おかえり。それはもうわかったよ」
悠貴「帰ってきたオトクラマンですっ! でゅわっ!」ビシッ
飛鳥「まだ続くのか……」
悠貴「燃える346にあとわずか!」
飛鳥「燃えていないし、すでに事務所に到着しているけれど」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:09:33.41ID:tJ2NUXit0
悠貴「帰ってきたオトクラマンです!」
飛鳥「ああ。さっき聞いたよ。今度はそういう名前なんだろう?」
悠貴「いいえっ、新オトクラマンです!」
飛鳥「ん? ああ、違ったのか。それが名前で―――」
悠貴「いいえっ、オトクラマンⅡ世です!」
飛鳥「……ん?」
悠貴「オトクラマンジャックです!」
飛鳥「結局どれなんだい?」
悠貴「お好きなようにっ!」
飛鳥「…………。まあいいさ」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:10:21.57ID:tJ2NUXit0
飛鳥「どうして帰ってきたんだい?」
悠貴「もちろん怪獣を追いかけてです!」
飛鳥「またか」
悠貴「はいっ。今度は怪獣カッコングを探しにきました!」
飛鳥「カッコング……?」
悠貴「カッコングは、まわりに幸運のおすそ分けをする怪獣です。一富士、二鷹、三カッコングですっ」
飛鳥「ああ、茄ッ子ングってことか……。まあでも、それならなにも問題ないじゃないか。害はないんじゃ?」
悠貴「あと、口からオイルをはきますっ。一発芸だそうですっ」
飛鳥「いや出来るわけないだろう! いくら茄子さんでもそんな芸当は……。んん? だが、あるいは……いやいや無理だ!」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:10:58.51ID:tJ2NUXit0
悠貴「あ、じゃあそろそろ行ってきますねっ」
飛鳥「言うだけ言って放置するのか!?」
悠貴「すみませんっ、今回怪獣は一体だけじゃないから、忙しくて」
飛鳥「他にもいる、と?」
悠貴「はいっ。ツインテールも探しています」
飛鳥「ああ、ツインテールか。それならわかりやす……くない! 該当するアイドルが多い! みんなまとめてターゲットにする気なのか!?」
悠貴「オトクラ5つの誓いを忘れないでくださいね! しゅわっちっ!」バッ
飛鳥「いや、初耳なんだが!? おい、悠貴!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:11:28.61ID:tJ2NUXit0
――――――
悠貴「あ、飛鳥さん!」
飛鳥「……悠貴か。いや、オトクラマンと呼んだほうがいいかな? 最近のパターンだと」
悠貴「いえっ。今は乙倉悠貴です。346プロ所属の、アイドルユウキですよ! えへへっ」
飛鳥「……そうか。安心したよ。今日はなんとか、話が通じそうだ―――」
悠貴「変身するのは今からですよっ」
飛鳥「だめだったか」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:12:15.00ID:tJ2NUXit0
悠貴「さあ、飛鳥さん。いっしょにオトクラタッチですっ」
飛鳥「ないだい今度は。オトクラタッチ?」
悠貴「はい! 北斗と南、飛鳥と悠貴です! 敬称略ですっ」
飛鳥「……よくわからないけど、変身するには、ボクの力が必要だと」
悠貴「そういうことです。よろしくお願いします!」
飛鳥「ああ。気が向いたらね。それじゃあ」
悠貴「ええ!? ちょ、ちょっと飛鳥さん! それじゃあ変身できませんよっ!?」
飛鳥「できなくても、ボクには特に不都合はないかな」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:12:42.44ID:tJ2NUXit0
悠貴「私が困ります! オトクラマンエースに変身できないじゃないですか!」
飛鳥「今度はエースなのか……。変身できないと、困るのか?」
悠貴「オトクラギロチンが使えませんっ!」
飛鳥「物騒な技を使うんだな、オトクラマンエースは」
悠貴「変身しないと……ユウキキラーを倒さないとっ……」
飛鳥「ユウキキラー?」
悠貴「はい。恐ろしい相手です。私でも、勝てるかどうかっ」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:13:40.84ID:tJ2NUXit0
飛鳥「……なるほど。よくわからないけど、強敵というわけか」
悠貴「そうなんですっ。油断をしていると、あのユウキキラーは……」
飛鳥「うん」
悠貴「……私のミックスジュースに、次から次へと、野菜を入れてきて―――」
飛鳥「頑張って野菜を克服してくれ。健闘を祈るよ、オトクラマン」スタスタ
悠貴「ええ!? ちょ、飛鳥さん! 聞いてましたか!? 私のジュースがピンチなんですよ!? 飛鳥さーんっ!」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:14:33.25ID:tJ2NUXit0
――――――
悠貴「オトクラの父がいる」
飛鳥「いるだろうね」
悠貴「オトクラの母がいる」
飛鳥「いるだろうね。岡山に」
悠貴「そしてユウキが ここにいるっ!」
飛鳥「そうだろうね」
悠貴「人呼んで、オトクラマンタロウですっ! でゅわっ!」ビシッ
飛鳥「……タロウ?」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:15:08.07ID:tJ2NUXit0
悠貴「はいっ、タロウです! 346プロっ、ナンバー……っ、ナンバー……。えっと、何番なんでしょう?」
飛鳥「いや、こっちに聞かれても」
悠貴「ですよねっ」
飛鳥「むしろこっちが聞きたいんだけれど。どうしてタロウ?」
悠貴「それはもちろん、オトクラマンタロウだからですっ」
飛鳥「…………。なるほど」
悠貴「はいっ」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:15:55.63ID:tJ2NUXit0
飛鳥「また、怪獣を探しに?」
悠貴「あ、いえっ。今回は大丈夫です」
飛鳥「大丈夫? 特に戦う相手はいないのか?」
悠貴「いえ、そうではなくっ。誰が相手でも負ける気がしないんです。えへへっ」
飛鳥「……すごい自信だけれど。それはどうして?」
悠貴「今の私は、ものすごい必殺技を持っているからです。名付けて、オトクラダイナマイトですっ!」
飛鳥「オトクラ……ダイナマイト? まあ、確かにシンプルに強そうな名前だけれど……。具体的にはどんな効果が?」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:16:36.34ID:tJ2NUXit0
悠貴「えっと、まず使う前に注意なんですけど。使うのは一回だけにしないと危険なんですっ」
飛鳥「エネルギー消費が大きすぎる、とか?」
悠貴「はいっ。もし二回使ってしまうと、寿命が二十年縮んでしまうんですっ」
飛鳥「ダメじゃないかな。それ使ったらダメじゃないかな」
悠貴「仕方ないです、自爆技なのでっ」
飛鳥「余計ダメじゃないかな。自爆技だったのか?」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:17:34.05ID:tJ2NUXit0
悠貴「あ、大丈夫ですよ! 体がバラバラになっても、心臓が無事なら平気ですから」
飛鳥「だからダメじゃないかな! アイドルが見せちゃいけない描写じゃないのかなそれは!?」
悠貴「アイドルユウキ、頑張ります! しゅわっちっ!」
飛鳥「待つんだ悠貴! しゅわっちじゃない! 全然大丈夫じゃない! 物理的に自爆するアイドルはいない! あと結局、しゅわっちって何だい!?」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:18:08.53ID:tJ2NUXit0
――――――
芳乃「と、いう夢をみましてー」
悠貴「あはは……不思議な夢でしたね」
芳乃「しゅわっちだとか美城特捜隊だとかー。よくわからない言葉ばかりでしてー」
悠貴「み、美城特捜隊?」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:18:54.67ID:tJ2NUXit0
芳乃「あとはー、『オトクラマンレオです! 天秤座ですけどっ』とかー。『LIVEのルールを乱したやつらは運び去ります! 主に清良さんとかクラリスさんのもとへっ』とかー。『オトクラマン13です! 13歳ですからっ』とかー」
悠貴「よ、よくわからないですけど……聞いた感じだと、なんだか特撮番組っぽいかなって」
芳乃「特撮?」
悠貴「はいっ。私も詳しくないんですけど……」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:19:58.99ID:tJ2NUXit0
ガチャ
飛鳥「ああ、悠貴。ここにいたのか。ちょうどよかった」
悠貴「あ、飛鳥さんっ」
芳乃「こっちもちょうどよかったのでしてー。今、ちょうど飛鳥と悠貴の夢の話をー」
飛鳥「夢? ボクの?」
芳乃「いえ、夢にみたのはわたくしなのですがー」
飛鳥「……? よくわからないが……。とりあえず、悠貴。プロデューサーから預かり物だよ」スッ
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:20:46.61ID:tJ2NUXit0
悠貴「プロデューサーから? これは……何の資料ですか?」
飛鳥「悠貴に、ドラマの仕事が入ったらしい。主演で、海外で撮影だそうだ」
悠貴「主演……って!? わ、私にですか!? 海外っ!? ほんとですか!?」
芳乃「それはそれはー。おめでたいのでしてー」
飛鳥「悠貴の活躍が認められたということだろう。おめでとう」
悠貴「あ、ありがとうございますっ! えへへっ」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:22:04.39ID:tJ2NUXit0
芳乃「ドラマ……どんな役なのでしてー?」
悠貴「あっ、じゃあさっそく資料を見てみますね。えっと……」
悠貴「……主演、乙倉悠貴。役柄は……あ。オトクラマングレート役だそうですっ」
飛鳥「……ん?」
芳乃「でして?」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/08(土)18:23:34.31ID:tJ2NUXit0
悠貴「オトクラマングレート役ですっ! ……って、オトクラマン!? な、なんですかこの役!?」
飛鳥「……それは……ちょっと、ボクにも予想外だったね。特撮モノ、なんだろうか?」
悠貴「オトクラマン……確かに乙倉ですけど……というかグレート? どうして急にグレート? そもそもオトクラマンっていったい……」
飛鳥「ああ、悠貴も混乱してしまった……。プロデューサーも、なにを考えてこの仕事を……」
芳乃「……夢じゃなくて、お告げだった……の、でして?」
 ―――おわり―――

関連記事

  1. 酔っ払って飼い猫の肉球噛んだ結果wwwwwwwwww
  2. 無職同士パチニートでギャンブルでお金の頭金貯めて結婚した結果wwwwwwww
  3. オクサマ「テレクラ遊びは私もしたなあ。影から眺めて笑うのやってた。」