サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

【ミリマス】「心と体を合わせたら」

1:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:48:11.23ID:qwc16/mI0
===
 花見とは平たく言って宴会だ。
 宴会には余興がつきものであり、それはすなわち芸である。
 よって花見に参加する関係諸氏の皆々において、それなりに人前で披露することができる何やらかを、
 事前に準備しておくのは最低限のマナーと言えよう。
 それは四月の訪れが一週間ほどに迫ったある日の事務所の物語。
 二月は逃げる、三月は去る。
 矢の如く過ぎ去りしこの時期の日々を汝、夢幻と見紛うなかれ。
「千早ちゃんがぶっ壊れた」
 とはいえ目の前に広がるこの光景は、できれば夢であって欲しい。
 天海春香は事務所の扉を中途半端に開けたところで、先の台詞を呟いた。
2:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:49:19.38ID:qwc16/mI0
「あら、おはよう春香」
 そうして彼女にそんな台詞を呟かせる元凶ともなった張本人、
 如月千早はにこやかな笑顔で挨拶を済ますと。
「そんなところに立ってどうしたの? 他の人の邪魔になるわよ」なんてお姉さんぶって言うのである。
 断っておくが千早より、春香の方が年上だ。
 にも関わらずこの二人は、よく年齢のイメージが逆になる……が、今の所それはいい。
「う、うん。おはよう千早ちゃん……いい、朝だね」
 それはいい、いいのだが……何より今の問題は、千早の置かれた……
 否、千早が作り上げたと思える一種異様な光景について。
3:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:50:21.81ID:qwc16/mI0
「あっ……おはようございます天海さん。今日も元気そうでなによりです」
 彼女はソファの上に座っていた。
 ピシッとアイロンの当てられた皺一つない制服を着て、
 こちらへと向ける視線からは、並々ならぬ知性と落ち着きを感じさせる。
 少女の名前は真壁瑞希。春香たちの後輩であり、同時にかけがえの無い事務所の仲間。
「み、瑞希ちゃんもおはよう。……えっと、そのー」
「はい?」
「げ、元気そう……だね?」
 言葉に詰まり、視線が泳ぐ。
 一体自分は何を見せられ、いや、見せつけられているのかと。
 
 そんな春香の反応に、千早は訝し気な表情を浮かべると。
「どうしたの春香、アナタちょっと変よ?」
「変って……もしかして私っ!?」
「落ち着きが無いと言うか、妙に焦っているというか」
「そ、そうかな? 気のせい! 気のせいだよ!」
4:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:51:33.80ID:qwc16/mI0
 流石は千早、鋭い観察眼である……と褒めてあげたいところだが、
 もともと春香と言う少女、隠し事が大の苦手であった。
 その考えている事の顔に出やすさは、現代の怪人二十面相。
 もっともあちらは変装の名人であり、春香は変顔の達人という違いがあるが……話を戻そう。
「ひょっとして春香、熱でもあるの? ……真壁さん」
「はい」
「スタンダップ」
 千早に号令をかけられた瑞希が、膝にグッと力を込めて立ち上がった。
 そうして一歩一歩ヨタヨタと、まるで子供ペンギンが歩くような拙さで春香の前までやって来る。
「ストップ、そのまま」
「らじゃーです」
「……よかった。熱は無いみたいね」
「……私は自分の熱の事より、千早ちゃんの頭が心配だよ」
 そうして春香は自分のおでこに押し付けられた千早の右手を軽く払うと、深いため息をついてこう言った。
「ねぇ千早ちゃん……何してるの?」
5:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:53:08.43ID:qwc16/mI0
 途端に、キョトンとした顔になる千早。
 そのすぐ前では瑞希も彼女同様に、呆気にとられた表情を……しているかどうかは分からない。
 なにせ彼女はポーカーフェイス。
 ちょっとやそっとの出来事では、簡単に表情を変えてくれない。
「何って春香、見て分からない?」
「見て分かるなら聞いてないよ! 瑞希ちゃんまで巻き込んで」
 すると瑞希がゆっくり小さく首を振ると。
「私は別に……巻き込まれているわけでは」
「だったらこう言い直そうか? 瑞希ちゃんまで抱き込んで!」
 春香の苛立ちを含んだ声が、事務所の中に響き渡る。
 しかし苛立ちをぶつけられた本人たちは、未だ変わらぬ涼しい顔を保ったまま。
6:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:54:57.23ID:qwc16/mI0
「抱き込むだなんてそんな……何か悪いことに引きずり込んでるみたいじゃない」
「それでも事実、抱かれてはいます。……ドキドキ」
「うん、うん! それはね? 見たら分かる。分かったの」
「なら一体、春香には何が分からないって言うの!」
「全部だよ全部! どーして事務所に来て早々、
 私は瑞希ちゃんに抱き着いてる千早ちゃんなんて絵面を見ないといけないの!?」
 そう、そうなのである。
 現在千早はその両腕を、瑞希の肩の上から回すような恰好で
 ――ちょうど後ろから伸し掛かるような格好だ――彼女にみっちりピッタリと、隙間なく密着していたのだ。
「そんなに変なことかしら? 私たちこれでも真剣なの」
「それはあれ? 真剣にお付き合いしてますっての!?」
「はい、全くその通りです」
「私たちは本気よ、春香」
「如月さんとはパートナーとして」
「本当にいい関係を築けていると思ってるわ」
「止めてっ! その妙にシンクロした喋り方!」
 春香が怒鳴り、ぜぇぜぇはぁはぁと肩を揺らして呼吸する。
 そんな彼女の取り乱しように、千早が本気で心配そうな顔になり言った。
「やっぱり変よ。本当に今日の春香はどうしたの?」
「それはこっちの台詞だよっ!!」
7:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:57:01.28ID:qwc16/mI0
===
 かくかくしかじか。古来よりこれほど便利な言葉も存在すまい。
 千早と瑞希の複合体はどうして自分たちがこのような機能美溢れる姿となったのか、その理由を春香に説明した。
「お花見用の隠し芸~?」
 そうして疑問も疑問釈然としない。
 甚だ納得がいってないという様子で答えを復唱する春香もまた、
 こういう場合のテンプレート……いわゆるお約束を律儀に守る良い子である。
「それでどうして千早ちゃん達がくっつくの?」
「だから……それはさっき説明したでしょう?」
「かくかくしかじかじゃ分かんないよ! きっと読者の皆さんもおんなじ気持ち!」
「いえ、それほど気にしないとは思いますが……というか天海さん。メタいぞ、こら」
 これには瑞希も呆れ顔。
 千早も出来の悪い生徒を相手する教師のような顔をして、春香のことをジッと見る。
8:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:57:54.38ID:qwc16/mI0
「仕方が無いからもう一度、春香にも分かりやすく説明すると」
「うわ、スッゴク面倒くさそうな顔」
「さぁ真壁さん。私たちは続きを」
「はい」
「待って! ごめん! もう余計な茶々は入れないから!」
 慌てて謝る春香のことを、見下すような視線で千早が言った。
「……二人羽織の練習よ」
「ビビンバ売りの練習よ?」
「さ、春香のことは放っておいて――」
「二人羽織ね、二人羽織! 知ってる知ってる私知ってる!!」
「あっ……如月さんの体、あったかい」
「ふふっ、そんな♪」
「ごめんねホントに謝るから! 事務所がいかがわしい場所になっちゃうよ~!!」
9:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)18:59:14.96ID:qwc16/mI0
===
 そうこうしている内に二度目の説明。今度こそと意気込む春香の顔は自信満々。
 彼女はソファで再びくっついた、千早たちを見下ろすように仁王立つと。
「つまり千早ちゃんたちは恒例の、お花見で披露する宴会芸の練習をしてたと。そーゆーことで良いんだね?」
「そう言うことで良いも何も、それしか言ってないのだけど」
 得意げに胸を張る春香のことを、千早が雑な対応で切り捨てる。
「とにかくそういったワケだから。しばらくの間は事務所の中限定で、私は真壁さんの背中にくっつくの」
「プロデューサーにもこの事は、キチンと説明済みなのであしからず」
「まぁ皆がそれで納得してるって言うのなら……私もとやかく言わないけどさ」
 しかしここで、余計な一言を言ってしまうのが春香の春香たる所以。
 彼女は目の前の二人の姿をもう一度まじまじ観察すると、ポ口リとこぼすようにこんな言葉を呟いた。
10:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)19:00:20.60ID:qwc16/mI0
「でも……二人羽織って地味じゃない?」
 次の瞬間、瑞希が何処からともなく取り出した小型のクラッカーを打ち鳴らしたかと思えば、
 その場にいくつもの紙テープと、小さな国旗が舞い踊る。
「みぎゃあっ!?」
 そうして驚きの声と共に、春香が床へと転がった。
「いかがでしょうか天海さん。多少は彩りを添えられたかと」
「彩りって言うより単に危ないよ! 怪我でもしたらどーするの!」
「そうね、クラッカーの紐で指を切るかもしれないし」
「そこじゃないよね千早ちゃん!」
「真壁さんが構えて、私が代わりに紐を引くわ」
「なるほど。それはグッドアイディア」
「バッドバッドだよ、バッドアイディア!」
「……まったくここは騒がしいわね。真壁さん、もう少し静かな場所に移動して――」
「き、如月さんと静かな場所に……ごくり」
「瑞希ちゃんも悪乗りは止めようね!」
11:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)19:01:45.12ID:qwc16/mI0
===
 結局その後、二人は春香の手によって強制的に分離させられた。
 おまけに瑞希はレッスンがあると事務所を発ち、
 残された千早が恨めし気な顔で春香を責める。
「ああ、練習量が足りないわ。本番、上手くできるかしら……」
 だがしかし、春香はこの時を待っていた。
 彼女は嬉しさを隠せない、犬のような顔――散歩に連れて行ってくれるのかと、
 期待で尻尾を振りまくる時のあの顔だ――になって千早に言う。
「それじゃあ瑞希ちゃんの代わりに、私が相方になったげる!」
 けれども千早は優しく彼女にはにかむと。
「ううん、結構」
「なんで!」
「だって、どうなるか予想がつくんだもの」
12:◆Xz5sQ/W/662017/04/05(水)19:02:42.04ID:qwc16/mI0
 もちろん千早が言うまでもなく、今後の展開は我々にも予測ができるというものだ。
 案の定、駄々をこね続けた春香に根負けした千早が彼女の背中におぶさると。
「それじゃあゆっくり立ち上がるよ? よいしょ……お、おぉっ!?」
「ああっ!」
 静かな事務所に響き渡る、賑やかで聞き馴染みのある例の音。
 ではではオチも整いまして、せーので皆さんご唱和ください。
 ……よろしいですか? 3、2、せーのっ!
『どんがらがっしゃーん!!』

関連記事

  1. 【国際】 韓国の政・官・民・メディア、世界規模でディスカウントジャパン(日本の地位失墜)運動を展開へ
  2. 【中国】米国人「中国人を殺したチンギス・ハンの生誕祭をやったら中国人は傷つくの?」「君たちはおかしい。暇さえあれば靖国批判」
  3. 【反原発】千葉麗子さん 車に「原発推進」とスプレーで落書きされ、壊される 昨年7月