サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

【WORKING】東田大輔「嫁のメシがうまい」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/04(火)23:21:07.12ID:CPmucS2y0
WWW.WORKING!!(猫組)SSです
未来IF設定
多少オリキャラ登場します
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/04(火)23:24:05.51ID:CPmucS2y0
俺は東田大輔、ごく普通の社会人である
今は休日の朝、日頃の疲れをとる絶好の機会である
このままもうしばらく寝ていようかな・・・
ガチャ
華「おーい朝だぞ~」
どうやら、ウチの嫁はそれを許してはくれないようだ
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/04(火)23:28:07.00ID:CPmucS2y0
華「まだ寝てやがんのか」
このエプロンが似合うロングヘアの女性こそ、我が妻の華である
華「おーい起きろ~」ユサユサ
華が俺を起こそうと揺すっている、だが折角の休日なのだ、もう少し・・・
華「いい加減に起きろおおおおおおお!!!」ガスッ!!!
大輔「グハッ!!!」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/04(火)23:33:18.47ID:CPmucS2y0
彼女はこともあろうに寝ている俺にエルボーをぶちましてきた
大輔「いてて・・・」
華「やっと起きたか大輔、朝メシだぞ」
大輔「寝てる所いきなりあんなことされたら誰でも起きますよ、ショックで記憶飛んだらどうするんですか?」
華「大丈夫だ!その程度で私らの愛は消えねーよ」
大輔「言ってて恥ずかしくないんですか?」
華「う、うるせえ///」
やっと気づいたらしい、相変わらず可愛い嫁である
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)00:23:53.49ID:OxVrz5d90
華「いいからとっとと顔洗ってリビングまで来いよ」
大輔「はいはい」
華「聖(ひじり)も待ってるからな、急げよ」
大輔「・・・それは大変だ」
ダブルで怒られたらシャレにならんからな、急ごう
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)00:46:40.58ID:OxVrz5d90
急いで準備を済ませ、リビングへ行くと
??「あー!やっとおきたか!おそいぞとーちゃん!」
早速我が娘、聖の痛烈なご挨拶を受け取った
まだ5歳だというのに、華に似てきたのか少々小生意気になっている
ちょっと前まで
聖「ねーねーなんでひじりはひじりっていうの~?」
大輔「それは聖バレンチヌス様がね・・・」
なんて言ってた頃が懐かしい・・・
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)06:28:07.27ID:OxVrz5d90
今ではもう
聖「ばれんちぬす?なにそれ?あたまだいじょーぶとーちゃん?」
何て言われる始末である、悲しい・・・
大輔「はぁ・・・」
ひじり「どしたのためいきなんかついて?」
大輔「いや何でも・・・」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)19:05:49.60ID:OxVrz5d90
華「よーし!家族3人揃った所で・・・」
大輔「はいはい」
聖「せーの!」
パンッ!
3人「いただきまーす!!!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)19:59:28.14ID:OxVrz5d90
パクッ・・・モグモグ・・・
大輔「うん、いつも通り・・・」
聖「うめー!!!」
華「へへっ、おかわりあるからどんどん食えよ」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)21:06:41.49ID:OxVrz5d90
あれから大分特訓し、華の料理はかなり上達していた
大輔「本当に、こんな美味くなるなんて・・・」
聖「とーちゃんなにいってんの?ばーちゃんがりょーりけんきゅーか?だからあたりまえでしょ?」
大輔「ハハハ・・・本当に最初からそうだったらよかったんですけどね!」
華「どういう意味だコラ」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)21:24:33.34ID:OxVrz5d90
大輔「まぁまぁ、すごく喜んでるんですよこれでも」
華「ホントかよ・・・」
聖「かーちゃんおかわりー」
華「はいはい」
大輔「俺も、もっと華の料理を堪能したいですからね」
華「・・・夜は私の事料理するくせに」
大輔「朝っぱらから子供の前で下ネタはやめなさい」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)21:33:31.98ID:OxVrz5d90
聖「かーちゃんのりょーりってなにー?」
大輔「子供は知らなくていいことです」
聖「えーしりたーい」
華「しゃーねーな、つまりな・・・」
聖「・・・・・」ワクワク
華「もしかしたらお前に弟か妹ができるかもしれないって事だ!」
聖「おお~」
大輔「まぁ間違ってはいないがな・・・」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)21:44:17.43ID:OxVrz5d90
そんなこんなで朝食を済ませ、リビングでのんびりしていると
ドカッ
聖「なーなーとーちゃーん、どっかいこー」
娘がのしかかってきてせがんできた
大輔「今日は父さんも休みだからな、家でのんびりしたいんだよ」
聖「えー」ムスッ
娘があからさまに不機嫌な顔をする
華「そうだぞ大輔!休日くらい家族サービスしろ」
華まで同調してきた
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)21:53:06.31ID:OxVrz5d90
華・聖「い・く・よ・な?」ゴゴゴ・・・
大輔「う・・・」
嫁と娘が似たオーラを出しながら迫ってくる、これは逆らえないな・・・
大輔「わかったよ」
華・聖「やったー!!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)22:06:02.04ID:OxVrz5d90
大輔「じゃあ早速行くか」
聖「わーい!」
華「どこ行くんだ?」
大輔「近所のファミレスだ」
聖「やったー!」
華「ああ、あそこか・・・」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)22:14:59.40ID:OxVrz5d90
こうして、家族でファミレスへ行く事になった
聖「はやくはやく!」タタタ・・・
大輔「こらこら、そんなに急がなくてもファミレスは逃げないぞ」
華「何やってる大輔!モタモタしてると置いてくぞ!」タタタ・・・
大輔「お前も一緒になるな」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)22:23:47.62ID:OxVrz5d90
さゆり「あら、東田君達じゃないの」
大輔「ん?」
正広「こんにちは」
華「おお、久しぶりだな!」
前から足立さん一家が歩いてきた
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)23:08:27.58ID:OxVrz5d90
さゆり「真里(まり)、あなたもご挨拶しなさい」
真里「・・・こんにちは」
さゆりさんの後ろから、娘の真里ちゃんが小さな声で挨拶してきた、やや大人しい子なのだ
聖「まりちゃんこんちゃーっす!」
真里「ひじりちゃん・・・こんにちは」
無論、ウチの娘とは親友だ
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)23:18:02.07ID:OxVrz5d90
大輔「皆さんもお出かけですか?」
正広「うん、今日はウチの店休みだからね」
華「繁盛してるみてーだな」
さゆり「ええ、美人若女将がいるって専らの評判よ」
華「自分で言うなよ・・・」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/05(水)23:37:09.28ID:OxVrz5d90
さゆり「それに「お得意様」も毎日来てくれてるわね」
大輔「それって村・・・さゆりさんにしか見えないっていう・・・」
正広「ハハハ・・・」
真里「わ、わたしにもみえる・・・よ」
大輔「」
遺伝子って怖い
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)00:22:44.54ID:lMNRtRDD0
真里「お、おとーさん・・・はやくゆうえんち・・・いこ?」ギュッ
さゆり「わたしも早く行きたいわ・・・あ・な・た」ギュッ
正広「は、はいっ///じゃあ東田君、俺達はこれで・・・」
大輔「頑張ってください」
華「じゃーなー」
聖「じゃーねまりちゃん!」
真里「ま、またね・・・」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)00:53:59.36ID:lMNRtRDD0
足立さん一家と別れた後、俺達はファミリーレストラン「ワグナリア」へとやってきた
聖「わーい!」
大輔「こらこら、はしゃぐんじゃありません」
華「変わんねーな・・・ここも」
姫「いらっしゃいませ、ワグナリアへようこそ!」
最近ここでバイトを始めた、近藤姫ちゃんが出迎えてくれた
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)06:24:10.40ID:lMNRtRDD0
彼女は俺達がこの店でバイトをしていた時の同僚、近藤妃さんの娘なのだ
華「もうすっかり板についてきたな、フロアチーフも夢じゃないんじゃないか?」
姫「いえいえ、私なんかまだまだですよ」
聖「ひめねーちゃんおひさー!」
姫「聖ちゃん、大きくなったねぇ」
聖「うんっ!」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)19:15:24.71ID:lMNRtRDD0
大輔「お母さんは元気かい?」
姫「はい!最近お父さんとも少しずつよりを戻しかけてますよ」
華「そっか、よかったな」
姫「あお姉さんも優しくしてくれますし、いつか家族そろって暮らせる日が楽しみです」
あお姉さんというのは姫ちゃんのお父さんの妹?のような人で、一緒に住んでいるらしい
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)19:40:42.44ID:lMNRtRDD0
姫ちゃんとの話はそこそこに、俺達はテーブルへついた、しばらくすると
斉木「ご注文はお決まりですか?」
すっかり日本語も上達した斉木さんが注文を聞きに来た
聖「えーっとねーこれとこれと・・・」
大輔「1つにしときなさい」
聖「えー」
華「大輔ケチケチすんなよ、デザートは別腹だろ」
大輔「はぁ・・・仕方ないな」
聖「やった!」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)20:18:48.92ID:lMNRtRDD0
こうして俺達は楽しい食事を終え、相変わらず店に入り浸っていた柳葉さん(と付き添いの永田さん)との会話を楽しみ、店を後にした
聖「うまかったー」
大輔「そうか、よかったな」
華「帰りは肉屋に寄ってくぞ」
聖「にく!?それじゃあ・・・」
華「ああ!夕食はハンバーグだぞ!」
聖「おお~」キラキラ
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)21:07:24.26ID:lMNRtRDD0
そういうわけで、俺達は精肉店へやってきた
志保「いらしゃいませー」
華「よお」
志保「あら宮・・・華ちゃん」
店にはこの店に嫁いできた鎌倉・・・志保さんが立っていた
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)21:26:01.08ID:lMNRtRDD0
華「またお前お腹膨らんできたな・・・いいのか仕事してて?」
志保「まだ大丈夫よ、それに・・・」
タタタ・・・
ユータ「志保!また店の方に・・・」
志保「ユータ君の慌てる顔も見れるし♪」
大輔(相変わらずだなこの人・・・)
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)21:38:07.03ID:lMNRtRDD0
ユータ「あ、東田君達いらっしゃい・・・志保はもう家で休んでてよ!」
志保「だってユータ君も忙しいみたいだし・・・」
ユータ「もう志保1人だけの体じゃないんだから・・・」
志保「じゃあSPの人に手伝わせましょう」
ユータ「それもちょっと・・・」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)21:51:06.15ID:lMNRtRDD0
聖「しほおばちゃんぐあいわるいの~?」
志保「おば・・・そうじゃないのよ、ユータ君が毎晩いじめてきてね・・・」
聖「いけないんだー」
ユータ「違うから!これは合意の上で・・・って子供に何言ってんだ俺!」
志保「うふふ・・・ねぇ聖ちゃん」
聖「?」
志保「もし男の子が生まれたら、子分してもいいのよ?」
聖「ホント!?やった!」
ユータ「」
大輔「変な事吹き込まないでください」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)22:26:33.29ID:lMNRtRDD0
そして買い物を済ませた俺達はその後、夕食を作っていた
聖「ひじりもはんばーぐこねるー!」
華「ちゃんと手洗ってからな~」
聖「はーい!」
大輔「頼むからかつてのお母さんみたいになるなよ・・・」
華「おい」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)22:44:03.57ID:lMNRtRDD0
そして、俺達は夕食にありついた
聖「おいしー!!!」
華「そっか・・・なぁ聖」
聖「んー?」モグモグ
華「お母さんの料理好きか?」
聖「うん、大好き!」
華「そっか・・・」
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)22:48:10.21ID:lMNRtRDD0
華「お母さんの事は?」
聖「だいすき!」
華「お父さんの事は?」
聖「・・・だいすき!」
華「だってよ」
大輔「そうか・・・」
ちょっと間があった気がするが、嬉しかったからいいか
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)22:53:00.00ID:lMNRtRDD0
聖「あと、じーちゃんもだいすき!」
大輔「ほう、どうしてだ?」
聖「このあいだおもちゃかってくれたからー」
大輔「へぇ・・・」
聖「あ、これとーちゃんにはないしょだった、きかなかっことにして!」
大輔「ああ、いいよ」
あのクソ親父・・・後で説教だな
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)22:57:05.96ID:lMNRtRDD0
そうこうしてるうちに、娘は眠ってしまった
聖「ZZZ・・・」
華「寝ちまったか・・・可愛い寝顔だよな」
大輔「そういう所は母親似ですね」
華「う、うるせぇ///」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)23:05:53.15ID:lMNRtRDD0
華「なぁ大輔・・・」
大輔「ん?」
華「私も大好きだぞ!」
大輔「ハァ・・・相変わらずバカですね」
華「な・・・何だと!」
大輔「そんなわかりきった事今更言わないでくださいよ」
華「///」
大輔(可愛い・・・)
この後・・・いや、言うまでもないだろう
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)23:08:52.12ID:lMNRtRDD0
それからしばらく経ったある日
大輔「おはよう」
華「おう、おはよう」
大輔「聖は?」
華「まだ寝てる」
大輔「そうか・・・」
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/06(木)23:12:32.32ID:lMNRtRDD0
華「なぁ大輔」
大輔「ん?」
華「男の子と女の子の名前、どっちも考えといてくんね?」
大輔「え、それって・・・」
華はそういってお腹を撫でていた
華「・・・そういう事///」
大輔「はぁ・・・まいったな」
また慌ただしい日常が始まるのかと思う反面、嬉しさもこみ上げてくる今日この頃なのであった
~おわり~

関連記事

  1. ババア先輩(28)「松下くん、仕事終わったらご飯食べに行こうよ」 新卒俺「いいですよ」
  2. 女「結婚相手は年収1000万以上じゃなきゃイヤ」←仮にこういう奴がいるとしてだよwwwww
  3. 【愕然】女友達3人をよくメシに誘ってた結果wwwwwwwwwwwwwww