サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

ガヴリール「ヴィーネのやつケータイ忘れていったのか、暗証番号…私の誕生日だったりしてな(笑)」ピロリン

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)16:40:47.625ID:k5L7cM1K0.net
ガヴリール「まじで私の誕生日かよ…」
ガヴリール「でも自分の誕生日にするよりは安全、なのか?」
ガヴリール「メールきた、誰からだ?
…いやダメだろ!さすがの私でも見ないぞ」
ーーーーー
学校
ガヴリール「おいヴィーネ、昨日ケータイ置いていったろ」
ヴィーネ「ガヴの家にあったのね!良かった!」ホッ
ガヴリール「気を付けろよ、ほら」
ヴィーネ「…見てないわよね?」
ガヴリール「見てないぞ」
ヴィーネ「本当?」
ガヴリール「そもそもロックかけてるんだろ?」
ヴィーネ「そうだけど、そんなに複雑じゃないから…」
ガヴリール「いくら私でも人のケータイは勝手に見ないって、
サターニャとかのなら別だけどさ」
サターニャ「聞こえてんのよ!」
5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)16:49:32.627ID:k5L7cM1K0.net
昼休み
ヴィーネ「ちょっと職員室行ってくるわね」
ガヴリール「ん」
ガヴリール「…またケータイ置いていった」
サターニャ「チャンスよ!ヴィネットのケータイの中を見てやるわ!」
ガヴリール「ぼっち飯は終わったのか?」
サターニャ「ぼっち飯言うな!」
ガヴリール「やめとけよ、自分がされたら嫌なことは人にもするなって言うだろ」
サターニャ「それあんたが言っちゃう?」
ガヴリール「そもそも暗証番号が分からないから無理だろ」
サターニャ「試しにガヴリールの誕生日にしてみる、0420っと」ススッ
ガヴリール「いやなんでお前が知ってるんだよ」
18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)16:54:25.896ID:k5L7cM1K0.net
サターニャ「違ったわ、そりゃそうよね」
ガヴリール「えっ!?そんははずは…」
サターニャ「なにがよ」
ガヴリール「いやなんでもない、ちょっと貸してみろ」
ガヴリール「(本当に私の誕生日じゃないぞ…いつ変えたんだ?)」
ヴィーネ「なにしてるの?」
ガヴリール「!!!よよよよっよおヴィーネ早かったな!」
サターニャ「わわわ、私トイレ行ってくる!!」
ガヴリール「あ!ずるいぞ!」
ヴィーネ「サターニャ、トイレはちょっと我慢してね」
サターニャ「はいっ」
22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:02:26.296ID:k5L7cM1K0.net
ヴィーネ「それ私のケータイよね?何してたの?」
ガヴリール「えっと、サターニャが勝手に見ようとしててさ!止めてたところなんだ」
サターニャ「はいはい!ガヴリールは嘘をついてます!」
ヴィーネ「ふーん」
ガヴリール「…」ゴクリ
ヴィーネ「まあ今回は許すけど、次やったらタダじゃおかないからね」
サターニャ「えっ、許してくれるの!?」
ヴィーネ「別にいいわよ、中身見てないのなら」
ガヴリール「許してもらったから聞くけど、
何でそんなに中身見られるの嫌がるんだ?」
ヴィーネ「え」
ガヴリール「いや、私はケータイにロックとかしてないからさ
見られたくないものも特に入ってないし」
ヴィーネ「…い、言わせないでよ///」
ガヴリール「は?」
25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:07:58.782ID:k5L7cM1K0.net
ラフィエル「なるほど、ヴィーネさんのケータイですか…」
ガヴリール「ラフィエルはケータイにロックしてんの?」
ラフィエル「はい、一応」
ガヴリール「やっぱりしてるのか」
ラフィエル「まぁ見られたらまずいものは特にないんですけどね、
『天使と悪魔の恥ずかしい写真アルバム』くらいでしょうか」
ガヴリール「…いま何か言ったか?」
ラフィエル「まあまあガヴちゃん、ケータイはその人の個人情報が満載ですから
あまり他人のプライベートに踏み込むのはよくありませんよ」
ガヴリール「そだな」
ラフィエル「でもたしかに気になります、ヴィーネさんの秘密…」
ガヴリール「言ってることが一瞬で矛盾してんぞ?」
27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:14:13.818ID:k5L7cM1K0.net
ラフィエル「ということでヴィーネさんのケータイが気になるので、
私たちに1人1回ずつロック解除のチャンスをくださいませんか?」
ヴィーネ「うん、無理」
ガヴリール「ヴィーネとはけっこう仲良くなったと思ったんだけどな、
まだ私たちには見せられない部分があるのか」
サターニャ「同じ悪魔なのに…」
ヴィーネ「そこまで言うならいいわよ、
ただし4人のケータイでやりましょう」
サターニャ「お互いに見せあうってこと?」
ラフィエル「えっと、じゃあ準備を…」
ヴィーネ「待ちなさいラフィ」
ラフィエル「へっ?」
ヴィーネ「だめよ、そのままの状態でやるの」
ラフィエル「いいんですか?ヴィーネさんも準備したいのでは…」
ヴィーネ「望むところよ」
ガヴリール「おいおい何が始まるんだよ…」
28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:22:13.288ID:k5L7cM1K0.net
ガヴリール「最初は私でいいよ、早く終わらせてくれ」
ヴィーネ「ほんとにロックしてないのね」
ラフィエル「データフォルダにも何も入ってませんね」
サターニャ「てかあんたこれ使ってないでしょ」
ガヴリール「いやそれがさ、たま~に必要になるんだ
宅配便の再配達とか出前とか」
ヴィーネ「女子高生とは思えない発言ね」
ラフィエル「返信しないだけで、私たちからのメールは一応見てるんですね
サターニャさんからのだけ迷惑メールに入ってますけど」
サターニャ「ちょっと!!」
ヴィーネ「見てるなら返信くらいしてよ」
ガヴリール「じゃあ今度から『見た』とか送るよ
でもそれもめんどくさいな、『あ』でもいい?」
ヴィーネ「逆にいいと思った?」
30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:31:20.271ID:k5L7cM1K0.net
サターニャ「次は私よ!解けるものなら解いてみなさい!」
ガヴリール「パターンロックか、どうせサターニャのSだろ」ススッ
ピロリン
ヴィーネ「合ってるんだ!?」
ラフィエル「もうちょっと捻ったらどうですか?」
サターニャ「し、仕方ないでしょ!
難しくしたらこの前忘れちゃったのよ!」
ガヴリール「自分のやつ忘れるなよ」
ヴィーネ「解除されちゃったけど、見ていいの?」
サターニャ「いいわよ別に」
ガヴリール「メールの受信ボックス、見事にすっからかんだな」
ラフィエル「メールをくれるようなお友達がいませんからね…」シクシク
サターニャ「いるから!」
ガヴリール「あ、よく見たら私たちからのメールだけ保護してるぞ」
ラフィエル「かわいいところあるんですね、サターニャさん」
サターニャ「お、終わり!もう終わりよ!」
36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:38:23.418ID:k5L7cM1K0.net
サターニャ「あんたたち趣味悪いわよ!」
ガヴリール「簡単なロックにしておくのが悪い」
ラフィエル「じゃあ次は私ですね」スッ
ヴィーネ「えっ、ラフィもロックしてないの?」
ガヴリール「お前さっきしてるって言ってたろ」
ラフィエル「ガヴちゃんとサターニャさんのを見てしまったので悪い気がして…」
サターニャ「いい心がけじゃない!」
ラフィエル「(それにこうすればヴィーネさんが空気を読むかもしれませんし)」
ガヴリール「んじゃ遠慮なく…
お前サターニャに電話とかメールしすぎじゃね?」
ラフィエル「きゃっ、恥ずかしい///」
ヴィーネ「恋人か」
サターニャ「ぜんっぶ無視してるけどね!」
ガヴリール「いいんじゃないか、それで本人も喜んでるだろ」
ラフィエル「あの~ガヴちゃん、いったい私にどんなイメージを?」
38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/06(木)17:49:14.874ID:k5L7cM1K0.net
サターニャ「最後はヴィネットよ!」
ラフィエル「ヴィーネさん、ここまで私たち全員見せてきたことですし…」
ヴィーネ「…そうね、別に隠すこともないわね」
ガヴリール「お?」
ヴィーネ「はい、見ていいわよ」
ガヴリール「…なんか懐かしい写真がいっぱい入ってるな」
サターニャ「あ、これ楽しかったわよね!」
ラフィエル「ヴィーネさん、もしかして見られたくなかった理由って…」
ヴィーネ「うん、そうなの
悪魔のくせにこうやってみんなとの思い出を大事にするの、変かなって」
ガヴリール「…そんなことないだろ」
サターニャ「いいんじゃないの、悪魔的ではないけど」
ラフィエル「女の子なら普通ですよヴィーネさん!」
ヴィーネ「みんな…」

関連記事

  1. 少年ガンガンの全盛期って
  2. アメコミヒーロー「死んだあああああ」→アメコミヒーロー「また復活したあああああ」
  3. 漫画「完」作者「世界観使いまわして続編描こう」←やめろ