サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

男「あの鉄塔に登る」 幼馴染「やめとこうか」

1:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:16:58ID:5nqM1RRQ
幼馴染「ねえー、男? 本当に登るつもり?」
男「もちろんだ」
幼馴染「危ないよー? これ、一応高圧電線用のマジな鉄塔だよ?」
男「みりゃわかるさ。見事な四角錐だよな」
幼馴染「もう… 落ちても知らないよ?」
男「一応、落ちないような支度もすこしはしてきたぞ?」
幼馴染「ほう? どれどれ」ヒョイ
男「腰につけるベルト…と、フック。2本」
幼馴染「それ、どうするの?」
男「登りながら、交互に鉄柱にくっつけて、落下防止にね」
幼馴染「フックじゃ、揺すられたときに落ちちゃうんじゃないかなあ」
男「んー、まあ そん時はそん時かな」
男「あの鉄塔に登る」 幼馴染「やめとこうか」
2:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:17:36ID:5nqM1RRQ
男「んじゃまあ。そろそろ…」
幼馴染「本気?」
男「おう。俺は… この鉄塔に、登る」
幼馴染「やめとこうか」
男「なんだよ、ノリ悪いなぁ」
幼馴染「そりゃそうでしょ。止めない人って居ないんじゃない?」
男「おまえ、人なの?」
幼馴染「一応… ヒトなんじゃないかなぁ…分類するなら」
男「でもお前、浮いてるじゃん」
幼馴染「死んじゃったからね」
男「うん。 死んじゃったな、ずいぶんとあっさり」
3:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:18:12ID:5nqM1RRQ
幼馴染「まさかこうして 死んじゃった後も男と喋れるとは思わなかったよ?」
男「お前のあの怪しい趣味のおかげだな」
幼馴染「怪しい趣味って…失礼だなぁ」
男「だってよ。通夜の席で、おまえの部屋にいれさせてもらってさ」
男「もう、何年ぶりになるかなあ、お前の部屋に入ったの」
幼馴染「んー… 中学1年のときに、こなかったっけ?」
男「そうだっけ?」
幼馴染「うん。確か、本棚を新しく買ったときに…手伝いに来てくれたよ」
男「ああ、そうだ。組み立て家具のやつな」
幼馴染「そうそう。お父さん、一人で組み立てたのはいいけど 一階でつくっちゃったから」
男「2階の部屋まで運ばされたんだっけ」
幼馴染「うん。あの時は、ありがとね」
男「死んでからいわれてもなあ」
4:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:18:45ID:5nqM1RRQ
幼馴染「ごめんねー? なんか、ちょっとあの頃、うまく素直になれなかったかも」
男「あー、まあ 俺もそうだったわ」
幼馴染「ようやく、ちょっと普通にまた一緒にいられるようになったのにね」
男「ほんとよ。これから夢のキャンパスライフだって来るはずだったのに」
幼馴染「男とおんなじ大学、いきたかったなー」
男「合格もしてたんだけどなー」
幼馴染「…………ごめんね」
男「まあ、いいよ。こうして 一緒にいるんだし」
幼馴染「でも、なんで私 こうして一緒にいるんだろう?」
男「え? だから アレだよ。お前の部屋にあった大量の悪趣味な本」
幼馴染「……え? もしかして、男 アレためしたの?」
男「あー。まあ、なんか。なんとなく」
5:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:19:17ID:5nqM1RRQ
幼馴染「ちなみにどれやったの?」
男「んー… 笑わない?」
幼馴染「誓って」ピッ
男「片っ端から。試したよ」
幼馴染「片っ端って…」
男「交信、降霊、召喚、口寄せ、なんかよくわかんない、占いみたいなヤツとか」
幼馴染「暇だったの?」
男「うん。そうかもしんない」
幼馴染「私が、居なくなっちゃったから?」
男「うん」
幼馴染「……よかったね。こうやって 暇じゃなくなって」
男「そうだな。あのままお前が現れてくれなかったら、そのうち黒魔術の本まで手が伸びてたかもな」
6:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:19:57ID:5nqM1RRQ
幼馴染「あの本、結構むずかしいよ?」
男「絵だけみた。なんか、なんつーの? 魔方陣とかちょっとかっこよかった」
幼馴染「ばーか」
男「やってねーんだし いいじゃん。さて…っと」
幼馴染「……ほんとに登るの?」
男「うん。怖かったら、ついてこなくていいぞ」
幼馴染「怖いって… 私、空跳んでるから 怖いも何もないよ」
男「そういやそうだな。幽霊だもんな、お前」
幼馴染「うん。じゃあ 見ててあげるから…気をつけて?」
男「おう」
カツン、カツン… カツン。
7:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:20:33ID:5nqM1RRQ
男「なんか… ジャングル、ジム、みたいだ…なっと」
幼馴染「こんなに危険なジャングルジムがあったらPTAは真っ青だね」
男「赤と白。カラーリングは悪くない」
幼馴染「そういう問題じゃないと思うけど… あ、そこ。塗装さびてるよ、気をつけて」
男「ん、見えてる」
幼馴染「男ってさ、意外とこう 運動神経いいよね」
男「体育の成績はいつも上位だったぞ」
幼馴染「うん。私はぜんぜん駄目だった」
男「知ってる」
幼馴染「……もうちょっと運動神経がよければ、まだ生きてたのかなぁ」
男「どうだろうな。運動神経のいいお前のほうが想像つかない」
幼馴染「ひどーい」
男「つーかさ」
幼馴染「ん?」
8:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:21:06ID:5nqM1RRQ
男「なんで、待ち合わせの40分も前で あんなとこで待ってんだよ」
幼馴染「……なんか。早く起きちゃったし、早く支度すんだし…」
男「俺だって、15分前にはついたんだぞ?」
幼馴染「うん。ちょうど、私を乗せた救急車がいなくなるところだったよね」
男「見てたの?」
幼馴染「もう、意識とかなかったし。ほとんど、死んでたみたい」
男「そっか。んじゃ もしあの時あと3分早ければ 救急車の出発に間に合ったのにーとか考えてたの、無駄だったのかな」
幼馴染「んー。どうだろう? 看取るくらいはできたかもよ?」
男「あんまり、看取りたくもないなあ」
幼馴染「そだね。私も、あの時の ボロボロの体は見られたくなかったかな」
男「通夜のときは、そんなにボロボロにも見えなかったけどな?」
幼馴染「死化粧とかいうんだって。 なんか、いっぱい綺麗にしてもらったよ」
男「そっか。どうりで 美人だと思った」
幼馴染「ばーか」
9:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:21:42ID:5nqM1RRQ
男「……どうせならさ」
幼馴染「なに?」
男「どうせなら、1時間でも1日でも、遅れてきてくれたらよかったのに」
幼馴染「……なんで?」
男「あんなふうに、あんなとこで、一人で俺のことを待って、一人で車にひかれて、勝手に一人で死んじゃうならさ」
男「ずっと来なくてもいいから お前が来るの、待ってたかったかなって」
幼馴染「……ばーか」
男「どうせ。俺は馬鹿だよ」
幼馴染「ほんとに、ばかだよね」
男「お前はいっつもそればっかりだな。口癖なのかよ?」
幼馴染「うん。知ってるでしょ?」
男「うん。よく、知ってるよ」
10:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:22:36ID:5nqM1RRQ
幼馴染「……もう、20mくらいは登ったかな」
男「まだそんなもんか? 意外と、体力使うな、コレ」
幼馴染「あんまり。無理、しないでよね」
男「いや てっぺんまで登る」
幼馴染「……高圧電線、あるよ?」
男「承知の輔」
幼馴染「風とかも、きっとでてくるよ?」
男「しょうがねえじゃん」
幼馴染「なにが?」
男「この街でさ。一番高いところ、ここだったんだから」
幼馴染「…あー。そうかも。そっか、高いところにきたかったのかあ」
男「うん。ここが一番高いだろ?」
11:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:23:07ID:5nqM1RRQ
幼馴染「でもほら、あそこの山の上の公園は?」
男「城址公園?」
幼馴染「あそこもかなり、高台だよ」
男「昔、よく一緒にいったよな」
幼馴染「…うん。はじめて、男にキスされた」
男「ブハッ」
幼馴染「何よ、いまさら」
男「ば、ばか。急に変なこというな、手が滑ったらどうすんだよ」
幼馴染「あ、ごめん。なんか…えっと、 口が滑った」
男「上手いこといえてないからな、それ」
幼馴染「そっかなぁ」
男「……あれ、いつだったっけなあ」
幼馴染「1年くらい前かな」
男「まだ、そんなもんか」
12:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:23:46ID:5nqM1RRQ
幼馴染「うん。お互い、あかちゃんの頃から一緒にいるのにね」
男「一緒にいすぎて。近づくことも、忘れてた」
幼馴染「うん。距離感が、あたりまえになりすぎて。もっと近づけるんだって、気づけなかった」
男「ようやく気づいたのにな」
幼馴染「死んじゃったから…なんか、もっと遠くなっちゃったね」
男「……まあ、いいよ」
幼馴染「ほんとは、エッチなこととかしたかったでしょ?」
男「」
幼馴染「ふふ。ばーか」
男「あ、あー… まあ、なんだ。別にそんなことばっか考えてねえよ」
幼馴染「ほんと?」
男「うん。なんだろな。嬉しかったんだ」
13:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:24:18ID:5nqM1RRQ
幼馴染「嬉しい? 何が?」
男「ずっとさ。幼馴染って関係で。それがなんかこう、恋人同士って風に代わって」
幼馴染「……」
男「ずっと一緒にいたのに、なんか妙に気恥ずかしかったり、居心地悪くなったり」
幼馴染「……」
男「手とかもさ。今までだったら、ぐいぐい引っ張っても 別になんとも思わなかったのに」
男「意識したとたんに、真っ赤になって 握れなくなってるお前とか」
男「なんか。そういうの、全部。すごく嬉かったんだ」
幼馴染「……」
男「へへ。まあ、そういうのもさ。生きてるうちにいってやりたかったな」
幼馴染「もう、今じゃ遅いの?」
男「どうだろうなぁ… でも、すごく言いたかったから。死んでからでも、言えたのはよかったかな」
幼馴染「そっか」
14:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:24:49ID:5nqM1RRQ
男「はぁ… なんか、ちょっと疲れてきたなあ」
幼馴染「んー… 今、半分にとどくかどうかってとこかな」
男「段々、足場が細かくなってきて 登りやすくはなってるんだけどなあ」
幼馴染「男、昨日から寝てないでしょう?」
男「あれ、バレてる?」
幼馴染「あたりまえ」
男「まあ、しょーがねーだろ。寝れるわけ、ない」
幼馴染「うん。ごめんね」
男「謝るようなことでも、ないとおもうけどな」
幼馴染「うん。ごめんね」
男「お前ってさー」
幼馴染「ん?」
男「素直なのか、ひねくれてるのか ほんとにわかんないやつだよな」
幼馴染「なにそれ」
15:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:25:22ID:5nqM1RRQ
男「すぐに、なんでも謝っちゃうし」
男「すぐに、すねて人のことバカにするし」
男「自分がいやなことでも、なんでも我慢して 強がるし」
男「そのくせ、俺のこととかはやたら必死で、ゆずらねえし」
男「……なんだかんだいって。俺のすること なんでも応援してくれるし」
幼馴染「……」
男「俺さ」
幼馴染「ん… なに?」
男「俺。 お前のこと 好きだったよ」
幼馴染「過去形―?」
男「今でも好きだよ」
幼馴染「ふふ。ばーか 知ってる」
男「…そっか。知ってたか。よかった」
16:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:25:52ID:5nqM1RRQ
幼馴染「あたりまえ。男のこと、なんでも知ってるよ、私」
男「怖いな」
幼馴染「へへ」
男「んじゃあさ、なんで俺が… この鉄塔に登ってるかは、わかる?」
幼馴染「わかんない」
男「……はは。なんでも知ってるんじゃなかったのかよ?」
幼馴染「男のすることは、いっつもわかんないよ」
男「それでも、俺のことわかってるつもりなんだ?」
幼馴染「うん。男が、そうしたくて」
幼馴染「男が、そうでもしないとやってられなくて」
幼馴染「男が。 いつだって一生懸命なのを よく知ってるから」
幼馴染「だから… 細かいことはわからなくても、ちゃんとわかってる」
男「……うん。そうだったな。そう、前にも言ってくれたよな。ありがとうな、幼馴染」
幼馴染「……」
17:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:26:25ID:5nqM1RRQ
幼馴染「ようやく…八分目」
男「そろそろ、電線が邪魔くせえな…」
幼馴染「ひっかかったら、本当に危ないよ、男」
男「わかってる。せっかくここまであがったのに、こんなところで落ちられない」
幼馴染「気をつけて」
男「ありがとな、幼馴染」
男「……」
男(ここを… こっちに、ひっかけて…)
男「!」グッ
男(ちっ…。フックが、ケーブルに…)
男(待て、焦るな… 一度脚を下ろして、ゆっくり外してからもう一度…)
男(……よし、これなら…)
男「」ホッ
18:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:26:56ID:5nqM1RRQ
男「はぁ…ゆってるそばから 危ない目にあった」
幼馴染「大丈夫?」
男「うん」
幼馴染「そんなに無理して…」
男「やめさせる?」
幼馴染「……やめさせられないの、よくわかってるから」
男「そだな。俺、こんなことでやめるわけないよな」
幼馴染「うん」
男「んじゃ… あとちょっと。てっぺんまで がんばりますか」
幼馴染「うん… もうちょっと。もうちょっと」
男「はは。懐かしい」
幼馴染「え?」
19:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:27:29ID:5nqM1RRQ
男「昔さ、お祭りのときに…お前、浴衣着てきてさ」
幼馴染「?」
男「歩き回ってるうちに、足の親指のところにマメできて」
幼馴染「あー…」
男「俺もまだ、チビだったし、抱っことかもしてやれなかったからな」
幼馴染「うん。でも、男が手を引いてくれたんだよね」
男「そうそう。んでおまえさ、ずっと 涙こらえながら…『あとちょっと、あとちょっと』って」
幼馴染「うん。だって、そうでもしないと 泣いて座り込んじゃいそうだった」
男「ごめんな。もうちょっと俺の身体が大きければ、抱っこして連れてったやれたのに」
幼馴染「あのころは、男も小さかったもんね」
男「俺が背のびたの、高校からだしな」
幼馴染「うん。おっきくなったよね」
20:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:28:19ID:5nqM1RRQ
男「……こんくらいデカくなってれば、抱っこもしてやれるな」
幼馴染「うん」
男「一回くらい、抱っこしてやりたかったな」
幼馴染「……ばーか」
男「また、それかよ」
幼馴染「仕方ないでしょ?」
男「……うん」
カツン!!
ザァツ!!
男「!」
21:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:29:11ID:5nqM1RRQ
幼馴染「……すごいね、やっぱさ。たかいよねー」
男「あ、ああ。いきなり風吹いたから、ちょっとびっくりした」
幼馴染「てっぺんだからね。やっぱり、この鉄骨が少し無いだけで、風の当たり方が違うのかも」
男「うん、俺も今 そう思ってた」
幼馴染「……高いね」
男「うん。この街の全部…見れるな」
幼馴染「あそこ。私の事故現場だね」
男「うん」
幼馴染「あそこが、城址公園…はじめてのキスした場所」
男「うるせえよ」
22:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:29:41ID:5nqM1RRQ
幼馴染「それで、あそこが小学校」
男「すぐ隣にあるのが、中学校」
幼馴染「高校は、あっち…」
男「さすがに大学は見えないな」
幼馴染「ふふ。電車にするか、アパート借りるか悩む距離だよ?」
男「そりゃそうだな」
幼馴染「うん…」
男「でも、見えなくてよかった」
幼馴染「……」
男「なんかさ。もしも大学が見えてたら…お前との あるはずだった未来のことまで、考えちゃいそうだもんな」
幼馴染「……」
23:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:30:11ID:5nqM1RRQ
男「お前と過ごした時間が見える。それだけで、いいんだ」
幼馴染「……」
男「なくなっちまった未来とか、ほしがらないよ 俺」
幼馴染「……」
男「空、近いなあ」
幼馴染「うん。空、好きだよね 男」
男「うん。でも、前よりもっと好きになったかも」
幼馴染「なんで?」
男「お前が、あそこにいるのかなーって 思えそうだから」
幼馴染「……あー 天国、みたいな?」
男「そうそう」
幼馴染「んじゃ 今ここにいる私は?」
男「……なんだろうな?」
幼馴染「……なんなんだろうね」
24:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:30:57ID:5nqM1RRQ
男「俺さ、あの日のデート、楽しみにしてたんだ」
幼馴染「……」
男「15分前、待ち合わせ場所に着いた時にはもう、騒然としててさ」
男「それでも、人ごみの中で必死にお前のことさがしてて」
男「救急車が去ったあとも、お前のこと探したり、携帯ならしたり」
男「お前の携帯、壊れてて 繋がらなくなってたし」
幼馴染「……」
男「なんか、事故の詳細とか 噂してる人いっぱいいたような気もするけど、全然耳には入ってこなくて」
男「あのまま、俺 あそこで二時間くらい お前のこと待ってた」
幼馴染「……」
男「おばさんから携帯に連絡あって。迎えに来てくれて、病院いって」
男「……でも、あんま覚えてねえや」
25:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:31:36ID:5nqM1RRQ
幼馴染「……」
男「頭、真っ白で」
男「通夜でも、みんなにいろいろ聞かれたけど、何もいえなくて」
男「そんな俺をみかねたおばさんが、幼馴染の部屋にいれてくれて」
幼馴染「そこで、あの本?」
男「そう」
幼馴染「ちょっと、おかしいんじゃない?」アハハ
男「しょーがねーべ? 結構、ほんとに、壊れてたような気もする」
幼馴染「今も…壊れてるの?」
男「どうかな…わかんねえ」
幼馴染「……」
26:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:32:29ID:5nqM1RRQ
男「でも…こうやってさ」
男「高い場所まで、きてみて。わかったことある」
幼馴染「……なに?」
男「いま、こうやって話してるお前が…」
男「もし、壊れきった俺の思考回路が生み出した、空想や妄想なのだとしても」
男「ほんとに、何かしらの怪しげな術が成功して呼び出された、本物のおまえだとしても」
男「やっぱり 俺はお前のことが好きでさ」
男「こうやって、お前のこと思って、一生懸命になってるのが 一番、救われる」
幼馴染「…ばかだね、男」
男「うん。馬鹿なんだ、俺」
27:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:33:02ID:5nqM1RRQ
幼馴染「…こんなことまでしないと、私のこと、ふんぎりつかないの?」
男「どうだろう。こんなことしても、ふんぎりついたのか、よくわかんない」
幼馴染「これから、どうするの?」
男「どうしようかな」
男「このまま、この一番空に近い場所で、お前を見送ってやりたいようなきもする」
幼馴染「……」
男「うん… もしもこれが、俺の空想なのだとしたらさ」
男「高い場所まで登らせてやって、どっか…綺麗な場所で、幸せに暮らしてくれるんだって、そんな空想にしたいよ」
幼馴染「……」
男「でも、もしもこれが 本当にお前の幽霊なのだとしたらさ」
男「離れたくないな。ずっと、こうして 死んでてもいいから…お前のそばにいたいかもな」
幼馴染「……」
28:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:33:33ID:5nqM1RRQ
男「たとえば、なんていうのかな。死後の世界?」
幼馴染「うん」
男「そんなのがあるんだって、はっきりわかるのなら…今 俺、ここから飛び降りるわ」
幼馴染「そういうの、本当に躊躇なくいうよね、男って」
男「うん、本気だからね」
幼馴染「いっつも、心配してたよ」
男「うん。しってた。ごめんな」
幼馴染「うん…」
男「……見送るべきなのかな。それとも、落ちるべきなのかな」
幼馴染「男は、どっちだといいの?」
男「本当は 一緒にいたいから。お前は本物の幽霊で、ここから落ちて、一緒にいたいって思う」
幼馴染「……」
29:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:34:16ID:5nqM1RRQ
男「でもさ。なんか、思っちゃうんだよな」
男「きっと幼馴染は、そういう俺のこともよく知ってるからさ」
男「きっと、そんなことさせないために、本物のおまえなら どんな魔法を使ったって、俺の前にはきっと出てこないんだろうなって」
幼馴染「……ばーか」
男「うん…俺 馬鹿だな」
幼馴染「……もしもさ。これが空想だったら… どうなるのかな」
男「あれじゃね? なんかこう、夢オチ的な」
幼馴染「夢オチって…」
男「ここからオちて死んでさ、うわーーーってなったとことで、ベッドで目が覚める」
幼馴染「それで?」
30:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:34:46ID:5nqM1RRQ
男「汗とかグッショリでさ。本当に鉄塔に登っててもおかしくないような疲労感とかあって」
男「結局、よくわかんないまま。泣くんだ」
幼馴染「……泣いちゃうの?」
男「泣いちゃうだろね」
幼馴染「ふふ。私のこと、思って?」
男「うん。お前のこと思って、ずっとずっと 泣いちゃうんだと思う」
幼馴染「あんまり、男のヒトを泣かせるのはやだなあ」
男「俺も、女に泣かされるのはちょっとやだなあ」
幼馴染「それでも泣いちゃう?」
男「泣いちゃう」
幼馴染「そっか」
男「ん」
31:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:35:27ID:5nqM1RRQ
幼馴染「…じゃあ、さ」
男「?」
幼馴染「空想じゃなくて。もしも本当に、私が本物の私の幽霊だったら…どうなるかな?」
男「っ」
幼馴染「……」
男「…あ…」
幼馴染「どうなる、かな」
男「……わかん、ない…」
幼馴染「本当に?」
男「…あ でも だって」
32:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:36:50ID:5nqM1RRQ
幼馴染「きっと。わかってる」
男「おさななじ…!」
トン
男「!」
幼馴染「もう。いいよ、男。ありがとう…私だよ? わかってるよね?」
幼馴染「いつだって。男の為に、一番になると想うこと…戸惑わない。おんなじだよ、私も」
グラ… ヒューーーーーーン…
男「! おさな…!」
33:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:37:24ID:5nqM1RRQ
幼馴染「ばいばい。最後まで、想ってくれて…私は嬉しいよ。それも、知ってるでしょ?」
男「…!」
ヒューン…
遠くなる。
赤と白の鉄塔。
うすぼんやりした、幼馴染の顔。
いつも俺のことを心配そうに見ながら、強がった笑顔。
高い高い鉄塔か落ちる間
俺はその幼馴染の顔が ゆっくりとかすれていくのを 見ていた
地面に着くかどうか、というその瞬間…
天使のように上から幼馴染がおちてきて。
そっと、俺を抱えて…キスを、した。
34:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:37:56ID:5nqM1RRQ
ガバッ!
男「!!!」
男「………」ハァ…ハァ…
男「…あ…」
男「え? はは、嘘だろ? やっぱり夢オチ?」
男「……ってわけでも、ないのか…なあ」キョロ…
鉄塔
男「…登るには、本当に登ったのかな」
男「どっかで、意識おかしくして おちたのか」
男「それとも、ここまできて そのまま倒れちゃって、幸せな夢でも見てたのか」
男「っ!」ズキン
35:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:39:57ID:5nqM1RRQ
男「あ… いってぇ。なんだ? 背中…」
男「え? あれ、打ってる…? なんだ? もしかして、ほんとにおちた?」
男「……なわけないか。さすがにアソコからおちたら死ぬわな…」
男「っ」
男「あ… でも、そっか。俺、幼馴染に抱えられて、キスされて…」
男「いや、いやいや… んなことねーだろ…」ハハ
男「……え? でも… あれ? どっちだ…?」
男「…やべ。本当に、わかんねえや… 夢オチなら夢オチのほうが、ラクだったかもなあ」
男「…やっぱ、あいつ ひどいなあ」
36:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:40:58ID:5nqM1RRQ
男「これじゃあさ。一生懸命やった気もするから もうこれ以上、お前の幽霊を追えないし」
男「空想だったような気もするから、きちんと別れのキスまでして、見送れたような気もするし」
男「………それに」
男「お前に。もう、来なくていいって 言われちゃったのが、すげえ実感できちゃうじゃん」
男「……」
男「実感… できちゃたじゃねえかよ…」
男「……」
37:◆ToMnIXXmPQ2014/09/28(日)00:41:30ID:5nqM1RRQ
男「やっぱりさ。お前は 俺のことをよくわかってるよな」
男「俺も お前のいいそうなことは、ほとんどわかってるけどさ」
男「やっぱり。お前にはかなわねえよ」
男「一生。ずっと。最後まで」
男「お前のこと、忘れないから」
男「どうか。俺に、お前のことを 喜ばせておいてくれよな」
『……ばーか』
―――――――――――――――――――――――
おわり
38:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/28(日)00:51:51ID:VVmyKAm6
おつ
39:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/28(日)00:59:33ID:kCJIJKsM
40:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/28(日)01:39:51ID:nnDpQ79c
おつ

関連記事

  1. 児童に「自転車のライトをつけろ」と声をかけた不審者が警視庁のHPに載るwww
  2. 週末あるある過ぎてPCやスマホを窓からぶん投げたくなる現象
  3. 【悲報】秋葉原にてAE86通称パンダトレノ、パトカーの真似していると通報され取り調べを受ける