サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

妹「お尻からうどんがにゅるん!」

1:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:18:56ID:7niYzTkE
妹「ん……」 ぬ……ぬぬ……にゅるん!
妹「ふぇ? あ……や…ぁ……いやああああああああ!!!」
兄「どうしたマイスイートシスター!」 バッ
妹「やだ! お兄ちゃん来ないで!」
兄「ムッ! トイレだな! 今行くぞ!」 ダッ ガチャッ
妹「見ちゃ駄目ぇっ///」
兄「こ、これは?!」
妹「……お兄ちゃぁん、これ、なんだろ…?」
兄「白く! 太く! 長い! 何故便器にこのようなものが! 面妖なぁ!!」
妹「……///」
妹「お尻からうどんがにゅるん!」
2:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:21:36ID:7niYzTkE
兄「いったいこれはどうしたんだ?」
妹「んっとね……おしりから……///」
兄「む?」
妹「あの……お尻から……でてきたの……///」
兄「サナダムシか」
妹「そ、そんなんじゃないよぉ! ……たぶん」
兄「ふむ、ちょうど箸があるからつまんで確かめてみよう」
妹「なんでトイレにお箸持ってきたの?!」
兄「緊急事態だったからだ!」 ツマミッ ダラーン
3:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:25:12ID:7niYzTkE
兄「ふうむ」 しげしげ
妹「どう………なの…?」
兄「サナダムシではないな」
妹「……よかったぁ」 ホッ
兄「この質感……香り……つまみごたえ……」 すんすん
妹「や…嗅がないでよ……///」
兄「……」 ぱくっ ちゅるっ!
妹「食べないでよぉ!!!」
兄「……間違いない! これはうどんだ!」
妹「うどん?!」
兄「うどん!」
妹「……い、いやああああああああ!!!」
5:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:29:07ID:7niYzTkE
兄「どうしたスイートシスター」
妹「だ、だって……うどんって……」
兄「消化不良ならば薬をのめば大丈夫だ……」 ぱくっ ちゅるんっ
妹「食べないで!」 ばっ じゃぁぁぁああぁ
兄「むっ……惜しいことを…」
妹「っていうか最近うどん食べてないし!」
兄「む?」
妹「だ、だから……/// うどん、とかもでてこないし……///」
兄「たしかに食べていないものがうんこに混じるはずがないな」
妹「もぉ!!!」
6:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:34:43ID:7niYzTkE
妹「もういいから! お兄ちゃんは出てって!」
兄「そういえばまだ最中だったな。失礼した」
妹「もうしおわった!」
兄「では下着をあげてはどうだろうか?」
妹「あっ……///」
兄「お前も毛が生える歳になったか……」
妹「……もういいよ…あきらめた……」 ぐいっ くすん
7:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:37:34ID:7niYzTkE
兄「しかし待たれいマイシスター」
妹「ん?」
兄「ちょっと確かめたいことがあるからキッチンに行こう」
妹「台所に? なんで?」
兄「くればわかる」
妹「?」
8:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:44:32ID:7niYzTkE
妹「ついたけど、なあに?」
兄「……」 ことっ
妹「なんでどんぶりを床に置くの?」
兄「……」 バッ! グッ! 抱きッ!
妹「きゃっ!」
兄「……もういちど、ここでしてみてくれ」 ぐにぐにっ
妹「やあっ//// なんでパンツ脱げてるの?! なんでおしっこだっこなの?!!」
兄「大丈夫だ。この秘伝のマッサージを受ければ嫌でも蠕動活動が活発になる」 ぐにぐにぐにっ
妹「あ……ん……お兄ちゃ…やめ、てぇ……」ぎゅるるるる
兄「さっそく催してきたな」
妹「……ぅ……だ、めぇ…////」じょろっじょろろろろっっ
9:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:49:17ID:7niYzTkE
兄「お、まずは尿か」 がしっ
妹「やだ、どんぶりに……だめぇ……///」
兄「今度はうどんだ」 ぐにぐにぐに
妹「ん……/////」にゅるん……にゅるにゅるにゅる……
兄「……」 ぐにぐに
妹「……ぅ……うっ……」 ぐすんっ
兄「……」 ぐにぐにぐにぐに
妹「………うえええ……」 ちゃぽんっ
兄「泣くな。お前が泣くと、お兄ちゃんも悲しくなる……」
10:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:53:58ID:7niYzTkE
妹「……うっ………うっ…」 へたりっ
兄「うーむ…」 すんすん
妹「……ばか……お兄ちゃんなんて、きらい……」
兄「これを見てみろ」
妹「やだっ!」
兄「嗅ぐだけでもいい、お兄ちゃんを信じろ」
妹「……っ……ん……」 すんっ
兄「……どうだ?」
妹「…芳醇な鰹の香り! 慎ましやかな昆布の旨味とそれを支える上質な味醂と醤油?!」
兄「そう! これはまさに一番出汁!!!」
妹「なんで?!!!!」
11:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)19:59:22ID:7niYzTkE
兄「それを確かめるために、今俺たちはここにいる」 ふっ…
妹「お兄ちゃん……///」
兄「素直に頼んでもお前は嫌がりそうだったからな。強行手段をとらせてもらった……」
妹「そういうことだったんだね、お兄ちゃん! 嫌いなんて言ってごめん! 流石の私もこれは気になるよ!」
兄「わかってくれてうれしいよ」 なでなで
妹「ん……///」
兄「さっきお前のうどんを口にした時おもったんだ。噛んだ瞬間の歯ざわり、鼻腔に広がる小麦の風味……これは完璧なうどんだ、とね」
妹「それなら、言ってくれれば……」
兄「こんなこと言ってもとうてい信じられないだろう?」
妹「たしかに! 前にお兄ちゃんわたしのおしっこおいしそうに飲んでたし!!」
兄「ふっ……過去の話さ……」
12:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:05:09ID:7niYzTkE
妹「さっきおしっこした時に通りでいい匂いがするとおもったよ……」
兄「嗅ぎたかったなぁ」
妹「でもなんでこんなことに?」
兄「わからない……」
妹「……」
兄「とりあえず、いただきます」 ちゅるっ
妹「あっ」
兄「……むっ、うまいっ!」 ちゅるちゅるちゅるっ!
妹「え……あ……ああああああ………/////」
兄「どうしたスイートシスター?」
妹「や、なんだか……恥ずかしい……///」
兄「恥ずかしいことがあるか。こんなにうまいんだ。お前の体温の味がするよ」
妹「もう……////」
13:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:10:53ID:7niYzTkE
兄「ズズッ……ふぅ。ごちそうさま」
妹「おそまつさまでした…///」
兄「わかったことが3つある」
妹「なあに?」
兄「1つ、お前の前と後ろからでるものは完璧にうどん! まじりっけなし!」
妹「そ、そう……///」
兄「2つ! そのうどんはとても美味しい!」
妹「……ありがと///」
兄「3つ! マイスイートハニーシスターはとてもかわいい!!!」
妹「お兄ちゃん……////」
14:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:17:56ID:7niYzTkE
兄「あっ……すまない。あまりに美味しくておまえの分を残せなかった……」
妹「う……いいよ、それは…流石に食べる気しないし」
兄「まあまあ、そんなことを言わずにお兄ちゃんをしんじて食べてみろ」
妹「食べるって言っても…」
兄「もう一度出せばいい。便意…もとい、うどん意はあるか?」
妹「その言い方、食欲なくなるよぉ……それに、さっき朝ご飯食べたばっかりだし」
兄「むっ! それだっ!」 バッ
妹「お兄ちゃん?! どこに行くの?!」
兄「すぐ戻るっ!」
15:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:21:55ID:7niYzTkE
兄「ただいまっ!」

「早かったね! って、これわたしの好きなお店のシュークリーム!!!」
兄「ふっ、お兄ちゃんお前の好物はいつだってベッドの下に常備してるからな」
妹「……お兄ちゃん……///」
兄「ふっ……」
妹「これ、たべていい?」
兄「ああ、もちろんだ」
妹「わーい! いっただきまーす!」 ぱくっ もぐもぐ
兄「ふっ……嬉しそうに食べるのだな……」
妹「うん! とってもおいしい!」 にこっ
兄「お前はいつもそうやって笑っているといい」 なでなで
妹「お兄ちゃん……///」
16:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:28:10ID:7niYzTkE
妹「ごちそうさま! とってもおいしかったよ!」
兄「……どうだ?」
妹「どうってなにが………えっ…うっ…」 ぎゅるるるるっ
兄「むっ」
妹「お、兄ちゃん……トイレ……」 ぎゅるるるるっ
兄「来たか!」
妹「なにか盛った…の…??」 ぎゅるるるるっ
兄「いや。ただ、朝ごはんを食べてすぐ、というのが気になってな」
妹「じゃあ、わたっ…し……たべたら……すぐっ……ぁ……も……」 ふるふる
兄「さ、どんぶりはここだ」 ことっ
妹「や、やだあ…」
兄「大丈夫だ。うどんくらい皆している」
妹「し、してないよぉ/// んっ……///」 にゅるるるるるっ
兄「出たぁ!」
17:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:43:44ID:7niYzTkE
妹「ん……ふぅ…///」ちゃぽん
兄「でかした!みごとな一本うどんだ!」
妹「なんかね、これ、出す時つるつるして変な感じがするの……///」
兄「? そりゃ、まあうどんだからな」
妹「んもぅ……そんなんじゃなくて!」
兄「ん……?」 ズズッ
妹「あっ、お兄ちゃん…」
兄「お、すまんすまん。お前のぶんは残してあるぞ?」
妹「やー、別に食べたくはないんだけど…」
兄「まあまあ」 ぐいっ
妹「んっ」 ちゅるんっ!
兄「どうだ?!」
18:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:45:31ID:7niYzTkE
妹「……おいしい!」 ちゅるちゅるちゅるっ
兄「ああっ! さっきより少し甘目の味付けだが、塩気がまた絶妙にきいている!」
妹「んっ……ふっ……これ、お店のより……コシがあって……喉越しも…」 ちゅるっちゅるちゅるっ
兄「お兄ちゃんがすすめたわけがわかるだろう?」
妹「うん! ……あっ…」 ぎゅるるるる
兄「なんと! 自分のうどんもすぐにうどんになるのか!」
妹「おに……ちゃん……べつのどんぶり用意してぇ…」 ぎゅるるるるる
兄「わかったぞ!」 さっ ことっ
妹「んっ………////」にゅるるるるるっ
19:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)20:49:52ID:zSIWZd5o
まさかの永久機関…?
20:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:16:54ID:7niYzTkE
兄「ふうむ……お腹はすいているか? マイスイートシスター」
妹「ん? とくにないけど……それに、食べてもすぐに出ちゃうみたいだし…」
兄「うむ、お前の体調も心配だが」 ちゅるちゅる
妹「ふつうにうどんすすりながら話さないでよ」
兄「できれば直に頂きたいところだがな」 ちゅるちゅる
妹「直にって……ぁ……だめっ!」
兄「残念だ……ま、それはそうとしてもう少し実験をしていいか?」 ちゅるちゅる
妹「いいけど、お兄ちゃんそんなに食べて大丈夫?」
兄「なあに、お前の尻から出たものならなんだってどれだけだって大丈夫さ」 ちゅるりちゅるちゅる
妹「……その発言は誤解をまねくとおもう///」
兄「……誤解じゃないんだがな…」 ちゅるんっ
21:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:17:49ID:7niYzTkE
妹「じゃ、実験って?」
兄「うむ、まずこれを食べてみてくれ」
妹「ゆでたまご? いいけど」 ぱくっ
兄「すまん。固ゆでしかなかった。もそもそするならマヨネーズもあるぞ?」
妹「らいひょうふ……」 もふもふ
兄「予想が正しければ…」
妹「……っきた!」 ぎゅるるるる
兄「よしっ!」 ことっ
妹「んっ………////」 にゅるん にゅるるるる  ……ぽとんっ!
兄「よしっ! 月見うどんだ!」
妹「え、ええー……なんで半熟になってるの……?!」
兄「……うまいっっ」 ちゅるるるるるるっるるるるー! ずぞぞっ
22:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:19:46ID:7niYzTkE
妹「あっという間になくなっちゃった……」
兄「あっ……すまない、お前の産んだ卵を食べてしまった……」
妹「わたしのじゃないから! ………たぶん」
兄「つぎ! お稲荷さんだ!」 ぼろんっ!
妹「効果音変じゃない?! 食べるけどっ……」 もぐっ むぐむぐ
兄「これはきっと」
妹「うん、たぶん……んっ……」にゅるるんっ むりむりむりっ ぽとん
兄「キツネ!」 ちゅるんっ! ちゅるるるるん!
妹「食べたものが影響するんだね?!」
兄「ああ! そうらしい! もっとしていいか?!」
妹「うんっ!」
23:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:20:21ID:7niYzTkE
妹「次は?!」
兄「とろろ汁だ!」
妹「んっ……」 にゅるるるるんっ ぶばっ、ぶびびび…… 
兄「山かけ! 滋味!」 ちゅるんっ!
妹「おしりかゆいよぉ……」
兄「カレー!」
妹「えっ?!」
兄「はいっ!」ことっ
妹「……んっ……おいひぃい………んっ///」 ぱくぱくぱくっ にゅるるるるん
兄「ん? 素うどん?」
妹「……あっ……///」 じょぼぼぼぼぼ
兄「やはりカレーうどん!!!!」 ちゅるるるるんっ!
妹「おしっこのとこヒリヒリするぅ……」
兄「スパイシーッ! 次ぃっ!」 ばっ
妹「はひぃっ!」 にゅるるるるるるっっっっっっ!!!!
24:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:25:29ID:7niYzTkE
妹「も……むり……」 ゆるんっ
兄「ふぅ……さすがに……もう……食えん」 げぷっ
妹「お尻、じんじんするよぉ……」
兄「すまん、無理をさせすぎたようだ…」
妹「天ぷらはともかくコロッケはかたくてザリザリしたよぉ…」
兄「わっわるい! ケーキ、たべるか!?」
妹「もう! クリームうどんはハズレだったでしょ…////」
兄「わっ、お、お兄ちゃんうっかりだ…」
妹「ううん、ありがと……なんだか落ち着いてきたし…」
25:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:27:06ID:7niYzTkE
兄「シスター……」
妹「わたし1人だったら、パニックになっちゃってどうしようもなかったヨ…」
兄「ふっ……おまえのためならなんだってするさ…」
妹「釜揚げうどんのとき、直接お尻からたべたのはドン引きだけど…」
兄「あっ、あれはだな…」
妹「ん……いいよ。お兄ちゃんだから…///」
兄「ああ。しゃがみこんだお前の尻から垂れる、卵の絡んだうどん。お前の肛門と俺の口が一直線につながった瞬間……お兄ちゃんは忘れないよ……」
妹「それは忘れてほしいな」
兄「……すまん」
26:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:30:36ID:7niYzTkE
妹「それにしても、変な体質になっちゃったなあ」
兄「なあに、これで人類の食糧問題も解決さ」
妹「人類って……///」
兄「ま、もっとも他のやつにお前のうどんを食べさせる気はないがな! HAHAHA!」
妹「お兄ちゃん……やっぱりわたしのこと……///」
兄「……最後に、もうひとつ実験をしたいが、いいか?」
妹「え、今度はなにを食べればいいの?」
兄「うどんだ」
27:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:35:22ID:7niYzTkE
妹「うどんって…?」
兄「お前の出したやつをな」
妹「それって最初にやったじゃない」
兄「ま、いいから。さっきのが少しまだのこっているだろう? 出してごらん」
妹「はい……んっ………///」 にゅるるるるる
兄「途中でちぎらないようにな」
妹「もうおしりにちから入らないよぉ……」 にゅるるるるる
兄「ん、よし。股をくぐして………」 
妹「んっ……」にゅるるるるる
兄「あっ、すまん。デリケートなところに」
妹「……いいっ、よ……///」にゅるるるるる
28:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:36:19ID:7niYzTkE
兄「よし、もうそろそろ十分な長さだ」
妹「ど……いうこと?」 にゅるるるるる
兄「おまえがこれを食べるんだ」
妹「自分で?」 にゅるるるるる
兄「ああ、噛むんじゃないぞ?」
妹「………ん。やってみる」 ぱくっ ちゅるっ
兄「さて、なにが起きるか……」
29:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:41:11ID:7niYzTkE
妹「んっ」 ちゅるるるる にゅるるるるる
兄「なんと! 輪になった!」
妹(これ、お股っ……こすれるよぉ……////)
兄「速度が?!」
妹(あっ……だめ…もれちゃうっ……!) じょぼぼぼぼぼ
兄「あっ! 出汁が直接麺に! そうか! そういうことだったのか!」
妹(ほどよい塩気! おいひいっ! らめっ食べるの止まらないよぉ!!!) ちゅるるるる にゅるるるるる
兄「すばらしい! 永久機関だ! ますます勢いを増しているっ!!!」
妹(ちぎろうにもお尻……もう締められないしぃぃぃ………)
兄「流石マイスイートスイートシスター! お前は法則を! エントロピーを凌駕したんだ!!!!」
妹(イッちゃうううううう…………!!!!!) びくっびくんっ
30:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:53:45ID:7niYzTkE
妹のアナルから淡い毛をくぐり(察するにうどんに適切な湿り気をあたえるために生えている)、なだらかな胸をとおって、水々しい唇へ
速度をあげながらうどんは巡り続けた
音速を越え、銃弾を越え、熱の壁を越え、宇宙速度を越えて、どこまでも……
そして、ついにその時がきた
その瞬間、妹のうどん機関を循環するうどんの輪は光速を越えた
俺がその証人だ
ま、証明しようにも、もう遅いがな
刹那の瞬間、七色に輝く妹は最高に綺麗だった
それだけは伝えておきたい
悔いがあるとすれば、肛門に直接口をつけてうどんをすすれなかったことか
変に紳士ぶるもんじゃないな。無理にでもしておけばよかったよ。ハハッ
ま、とにかく俺は満足だ。最高の最期だよ
そうして妹は、爆発した
31:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/29(月)21:56:37ID:7niYzTkE
                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                          __,,:::========:::,,__
                       ...‐''゙.  ` ´ ´、ゝ ''‐...
                     ..‐´      ゙        `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙    .'                      ヽ     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
 ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:         ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............      ;゙                           ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................             ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
            ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i ..;, 、  .,,            `; 、  .; ´;,il||iγ
           /゙||lii|li||,;,.il|i;, ;..,,li   ' ;  .` .;    il,.;;.:||i .i|:;il|l||;(゙
              `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
               ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                   ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´ specialthanksUDON,mylifeline
                                                    theend……

関連記事

  1. 韓国人慰安婦が『絶叫を上げて泣き叫ぶ』絶望的な事態が進行中。利権崩壊の恐怖に関係者が右往左往
  2. 読売新聞が『海外の慰安婦報道を日本不利に改竄した』と韓国側が暴露。どう転んでも韓国に不利な模様
  3. 安倍首相が『韓国に本気で最後通牒を突きつけ』国際社会が吃驚仰天。韓国は終了すると明言した模様