サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

のび太「ドラえもん!肝試し行くことになったよ!」

1:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:16:30ID:wpWohVzyg
ドラえもん「肝試し?」
のび太「そうなんだよ!どうしよ、僕怖いよ!」
ドラえもん「ああ……またジャイアン達につまんない意地張ったんでしょ?」
のび太「だ、だって……」
のび太「ドラえもん!肝試し行くことになったよ!」
3:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:17:50ID:wpWohVzyg
〜スネ夫の家〜
ジャイアン『――すげえ怖かったな、この映画……』
しずか『本当。私、もうダメ……』
のび太『……』ブルブル
スネ夫『僕のパパがね、映画監督と友達なんだ。これ、公開前のものなんだよ?アンケートってことで、特別に借りたんだよ』
ジャイアン『ああ……本当に怖かったよ』
しずか『でも、最後の終わり方は素敵だったわ。私は良かったと思うわ』
のび太『……』ブルブル
しずか『……のび太さん?』
のび太『えッ!?な、何!?』ビクッ
しずか『どうしたの?顔が真っ青よ?』
のび太『い、いや……何でもないんだけど……』
スネ夫『あれれ?のび太、怖かったのか?』ニタニタ
ジャイアン『そこまで震えるほどかよ。まったく、のび太は弱虫だな』ニタニタ
4:名無しさん@おーぷん2014/09/18(木)12:18:47ID:4A3vemEI8
『』は回想ってこと?
5:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:19:17ID:wpWohVzyg
>>4
うん
6:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:19:36ID:wpWohVzyg
のび太『そ、そんなことないよ!ぜ、全然、大したことなかったよ!』
スネ夫『嘘つけ!凄く怖がってたじゃないか!』
のび太『そんなことないって!僕、お化けなんて全く怖くないもん!』
ジャイアン『本当か?本当に怖くないのか?』
のび太『も、もちろん!』
ジャイアン『よぉし!だったら、肝試しに行こうぜ!』
のび太『え、ええ!?き、肝試し!?』
スネ夫『うんうん!そうだね!行こう行こう!』
ジャイアン『当然、のび太もついて来るよな?』
のび太『――ッ!』
しずか『ちょっと二人とも!やめなさいよ!』
スネ夫『だってのび太、お化けなんて怖くないんだろ?だったら、全然かまわないと思うけど?』
のび太『――!あ、ああ!行ってやるよ!』
しずか『ちょっとのび太さん!』
ジャイアン『よぉし!決まりだ!出発は今夜だからな!』
スネ夫『逃げるなよ!のび太!』
のび太『誰が逃げるもんか!お、おお、お化けなんて、ちっとも怖くないんだから!』
ジャイアン『……その言葉、忘れんなよ!ハハハハ……!』
7:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:21:22ID:wpWohVzyg
のび太「……と、いうわけなんだ……」
ドラえもん「はぁ……キミってやつは……」
のび太「どうしよドラえもん!」
ドラえもん「どうするもこうするも……怖いなら怖いって言えばいいじゃないか」
のび太「そ、そんなこと言えるわけないだろ!?今更、カッコ悪いし……」
ドラえもん「もう……妙なプライドだけは高いんだから……」
のび太「ねえねえドラえもん。お化けが怖くなくなる道具とかないの?」
ドラえもん「そうやってすぐに僕を頼らない!これは、キミが意地を張ったせいなんだからね!」
のび太「だ、だって……」
ドラえもん「キミはいつだってそうだ!自分が原因なのに、何かあるとすぐに僕に頼んで来る!そんなんじゃ、いつまで経っても立派な人にはなれないよ!?」
のび太「……うぅ……うぅ……」
9:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:24:13ID:wpWohVzyg
のび太「……ぐす……ぐす……」
ドラえもん「……もう……しょうがないな、キミは……」ゴソゴソ
のび太「何か出してくれるの!?」
テッテレー!
ドラえもん「“太陽メガネ”ぇ!」
のび太「何?それ?」
ドラえもん「これをかけると、その人だけはまるで昼間みたいに景色が明るく見えるんだ。景色が明るいなら、怖くはないでしょ?」
のび太「うん!それなら大丈夫だよ!」
ドラえもん「ただ、やり過ぎないようにね。キミは見えていても、他の人は違うんだからね」
のび太「うん!分かってるよ!」
ドラえもん「……心配だなぁ……」
12:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:42:08ID:wpWohVzyg
〜夜〜
ジャイアン「――みんな揃ったな」
スネ夫「うん!」
しずか「……こんな夜遅く……ママにばれたら怒られるわよ……」
のび太「そ、そうだよ……」
ジャイアン「夜やるから肝試しなんだろ!ホラ、行くぞ!」
のび太「う、うん……」
スタスタ…
13:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:42:31ID:wpWohVzyg
〜山奥〜
のび太「ね、ねえジャイアン。本当にこっちなの?」
ジャイアン「ああ。間違いない」
スネ夫「昼間のうちに、僕とジャイアンで下見してたんだよ」
しずか「な、何があるの……?」
ジャイアン「フフフ……それはな、廃病院だよ……」
のび太「は、廃病院!?」
スネ夫「そうそう。……数十年前に潰れた病院なんだよ。噂では、お化けが出るって話だぞ?」
しずか「や、やめてよスネ夫さん……」
のび太「……」ブルブル
14:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)12:45:50ID:wpWohVzyg
ジャイアン「お?のび太、もう怖がってるのか?」
のび太「そ、そんなことないよ!」
スネ夫「だったら、お前が先頭になって歩けよ」
のび太「ええ!?ぼ、僕が!?」
ジャイアン「怖くないなら構わないだろ?ホラ、さっさとやれよ」
のび太「う、うん……」
のび太(そ、そうだ!ドラえもんの道具で……!)カチャ
のび太(――ッ!本当に明るい!まるで昼間みたいだ!)
のび太「じゃあ行こうか!みんな!」
ジャイアン「お、おう……」
スネ夫「な、なんだ……?急に元気になって……」
16:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)15:45:16ID:izbkcIVg4
〜廃病院前〜
ジャイアン「――つ、着いたぜ……」
しずか「こ、ここが……」
スネ夫「……うん、廃病院……昼間見た時と雰囲気がまた違うけど……」
のび太「ボロボロじゃないか……」
のび太(明るくても、凄く不気味なんだけど……)
しずか「ね、ねえ……やっぱり帰らない?子供だけでこんなところに来るなんて危険だわ」
スネ夫「そ、そうだよね……」
ジャイアン「な、なんだよスネ夫。ビビってんのか?」
スネ夫「そ、そうじゃないけど……」
17:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)15:49:47ID:izbkcIVg4
ジャイアン「……おいのび太!お前先頭だろ!?早く行けよ!」
スネ夫「そ、そうだぞ!」
のび太「……分かったよ。行くよ。行けばいいんだろ」
しずか「ちょっとのび太さん!危ないわよ!真っ暗だし……」
のび太「大丈夫大丈夫。早く行こう」
ジャイアン「お、おお……」
スネ夫「のび太、何だか今日は元気だな……」
スタスタ…
18:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)16:29:25ID:izbkcIVg4
〜廃病院内〜
ジャイアン「ま、真っ暗だな……」
スネ夫「う、うん……何も見えない……」
しずか「わ、私、怖い……」
のび太「大丈夫だよしずかちゃん。僕が付いてるし……」
のび太(確かに明るいけど……それでもかなり怖い……)
のび太「ねえジャイアン、これ、どうすればゴールなの?」
ジャイアン「……そ、そうだな……一番奥に行けば、それでいいだろ……」
しずか「い、一番奥って、どのあたりなの?」
スネ夫「さ、さあ……」
のび太「さあって……昼間のうちに見たんじゃないの?」
スネ夫「……中までは、見てないんだよ」
しずか「な、なんですって!?」
19:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)16:38:48ID:izbkcIVg4
スネ夫「だ、だって!ジャイアンが本当に行くとは思わなかったから……!」
ジャイアン「な、なんだよ!俺のせいだって言うのかよ!」
スネ夫「だってそうでしょ!?こんな夜中に、子供だけで来るとは思わないでしょ!?」
ジャイアン「て、てめえ!」
しずか「やめてよ二人とも!ケンカしてる場合じゃないでしょ!?」
のび太「ああもう……うるさいなぁ。とりあえず、どうするの?進むの?戻るの?」
ジャイアン「い、行くに決まってるだろ!」
スネ夫「……い、行くんだ……」
しずか「ね、ねえ……戻りましょうよ……」
のび太「大丈夫だって。ただの廃屋じゃないか」
ジャイアン「そ、そうだな!ほらのび太、さっさと進めよ!」
のび太「ああもう。分かってるって―――」
――スーッ
のび太「―――ッ!?な、なんだ!?」
スネ夫「ど、どうしたんだよ!いきなり大声出すんじゃないよ!」
のび太「……今、奥の方で、何かが横ぎった……」
しずか「えっ!?う、嘘でしょ!?」
21:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)16:51:46ID:izbkcIVg4
ジャイアン「お、おい!つまらない嘘つくなよ!」
スネ夫「そ、そうだぞ!のび太のくせに生意気だぞ!」
のび太「う、嘘じゃないって!本当にいたんだよ!」
しずか「こ、怖いわ……!」
……ガタガタガタ…!!
ジャイアン「――ッ!?急に窓が揺れ出した!?」
スネ夫「あわわわ……!」
――パリン!パリン!
しずか「蛍光灯が割れていく!?」
のび太「な、なんなのコレ……!いったいなんなの!?」
スネ夫「――う、うわあああ!ママあああ!!」――ダッ!
ジャイアン「――ッ!おいスネ夫!一人で勝手に動くな!」
スネ夫「うわあああぁぁぁ……!!」
しずか「スネ夫さんがどこかに行っちゃう!」
のび太「追いかけよう!」
ジャイアン「あ、ああ!――スネ夫おおお!!」
ダダッ!!
23:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)16:55:33ID:izbkcIVg4
ジャイアン「スネ夫!スネ夫おおお!」
しずか「スネ夫さん!待って!」
のび太「スネ夫!そっちは出口じゃないよ!」
ジャイアン「あいつ、完全にパニックになってやがる!」
しずか「マズいわよ!どうするの!?」
のび太「置いてくわけにはいかないよ!スネ夫ー!」
スネ夫「――ぎゃあああああああ……!!!」
ジャイアン「―――ッ!?スネ夫の叫び声!?」
しずか「何かあったのかしら!」
のび太「スネ夫ー!!スネ夫ー!!」
25:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)16:58:48ID:izbkcIVg4
ジャイアン「この部屋からだ!」
のび太「しゅ、手術室……!!」
ガラッ――!
ジャイアン「スネ夫ー!おい!スネ夫ー!!」
しずか「く、暗くて何も見えない!」
のび太「誰もいないよ!ここには、誰もいない!」
ジャイアン「何で分かるんだよ!」
のび太「そんなの、今はどうでもいいだろ!?それより、スネ夫はここにはいないよ!」
しずか「じゃ、じゃあ……いったいどこに……!」
ジャイアン「バカ言うな!確かに、ここから声が聞こえたんだよ!いきなり人が消えるなんて、あるわけないだろ!?」
のび太「で、でも……!!」
27:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:06:02ID:izbkcIVg4
――サワッ
しずか「――ッ!?キャ、キャアアア!!」
のび太「し、しずかちゃん!?」
ジャイアン「ど、どうしたんだよ!」
しずか「い、今誰かが後ろから私の髪を触ったの!」
のび太「え!?誰もいないよ!?」
しずか「本当よ!本当に、触ったの!」
ジャイアン「どういうこと―――うわああああ!!」
のび太「じゃ、ジャイアン!?」
………。
しずか「……ね、ねえ……剛さん、は?」
のび太「……い、いない……いなくなった……!!」
28:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:12:50ID:izbkcIVg4
しずか「う、嘘……嘘……!」
のび太「そ、そんな……確かに、さっきまでいたのに……!!」
のび太(明るいはずなのに……見えてるはずなのに……!!凄く怖い……怖いよ……ドラえもん…!)
しずか「の、のび太さん……私……怖い……!!」ガタガタ
のび太「し、しずかちゃん……」
しずか「……」ガタガタ
のび太「……!」
のび太(しずかちゃん、凄く震えてる!……僕が……僕が、守らないと……!)
のび太「……しずかちゃん!一旦、外に出よう!」
しずか「え!?で、でも二人が……!」
のび太「このままじゃ、僕達まで消えちゃうよ!今はとにかく、ドラえもんを呼ぶんだ!ドラえもんなら、きっと二人を助けてくれる!」
しずか「ど、ドラちゃん……」
のび太「ホラ!僕の手に捕まって!行くよ!」
しずか「……わ、分かった!」
――ガシッ
のび太「よし!ここを出よう!」
しずか「ええ……!」
ダダッ
29:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:19:31ID:izbkcIVg4
クスクスクス…
しずか「の、のび太さん!後ろから笑い声が……!」
のび太「振り返っちゃダメだ!とにかく、走るんだ!」
しずか「え、ええ……!」
クスクスクス…
のび太(何だよこれ……誰もいないのに、笑い声が聞こえてくる……!)
ガッ
しずか「――キャっ!」バタンッ!
のび太「しずかちゃん!大丈夫!?」
しずか「え、ええ……何とか――」
――ガシッ
しずか「………え?」
のび太「どうしたの!?しずかちゃん!?」
しずか「……だ、誰かが、足を……」
――グイッグイッ
ズルズルズルズル…!!
しずか「――キャアアア!!」
のび太「しずかちゃん!!」
――ガシッ
31:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:26:40ID:izbkcIVg4
しずか「の、のび太さん……!!」
のび太「し、しずかちゃん……!手を……手を離しちゃダメだよ!!」
グイッ――グイッ――
のび太(何だ……!?何が引っ張ってる……!?)
女「――――ニタァ」
のび太「ヒッ―――!!」
――ズルッ
しずか「キャアアア!!」
のび太「――ッ!?クソ――!!」
グイッ――グイッ――
のび太(す、すごい力だ……!!で、でも……!しずかちゃん……!!)
のび太「うぅ……うっくっ……!」
しずか「……!」
のび太「し、しずかちゃん……!大丈夫だから!絶対、大丈夫だから……!」
しずか「の、のび太さん……」
グイッ――グイッ――
32:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:32:31ID:izbkcIVg4
しずか「……のび太さん、ドラちゃんなら、きっと助けてくれるわよね?」
のび太「当たり前だよ!ドラえもんなら、きっと……!」
しずか「……そうよね。――のび太さん……ドラちゃんを、呼んで来てよね。私、信じてるから……信じて、待ってるから……」
――スルッ
のび太「――ッ!?しずかちゃん!?手に力を入れて!!」
グイッ――グイッ――
ズルッ――ズルッ――
しずか「のび太さん……私、待ってるから……のび太さんがドラちゃんを連れて来るのを、待ってるから……」
のび太「ダメだよ!ダメだダメだ!――しずかちゃん!」
グイッ――グイッ――
ズルッ――ズルッ――
しずか「――のび太さん!私、信じてるから……!!」
グイッ――グイッ――
――――ズルル
のび太「――ッ!!しまっ―――!!」
ズルズルズルズル―――!!
しずか「キャアアアアアァァァァァ……!!」
のび太「し、しずかちゃあああああん!!!」
………。
のび太「……し、しずか……ちゃん?」
33:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)17:46:27ID:izbkcIVg4
のび太「そ、そんな……しずかちゃんまで……」
クスクスクス…クスクスクス…
のび太「……くそおおおお!!」
ダダッ
のび太「待ってて!ジャイアン!スネ夫!――しずかちゃん!必ず……必ずドラえもんを連れて来るから!!」
クスクスクス…クスクスクス…
――ガシッ
のび太「――うわ!」バタン
のび太(誰かが、足を……!!)
女「―――――ニタァ」
のび太「う、うわあああああ!!」
ズルズルズルズル…!!
のび太(ゴメンみんな……!本当にごめん……!!)
ズルズルズルズル…!
のび太(……ドラえもん……ドラえもん……!)
のび太「――ドラえもおおおおん!!」
???「―――ドッカン!!」
――ズドォォォンン!!
女「ギャアアアア……!!」
のび太「―――ッ!?あ、あれは……!!」
ドラえもん「のび太くん!大丈夫!?」
のび太「ど、ドラえもん!!!」
37:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)23:10:47ID:hi4A8FoT2
のび太「どうしてドラえもんが!?」
ドラえもん「説明は後!今は、とりあえずここを出よう!――どこでもドア!」
ガチャッ
ドラえもん「のび太くん早く!!」
のび太「う、うん!」
タタッ
――バタン
のび太「はあ……はあ……」
ドラえもん「……まったく、考えもなしにこんなところに来るからだよ」
のび太「それはジャイアンに言ってよ……まさか、こんなことになるなんて……しずかちゃん達が……」
ドラえもん「……分かってる。とりあえず、のび太くんが無事なだけでもよかったよ」
39:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)23:14:42ID:hi4A8FoT2
のび太「……ところで、どうしてドラえもんがここに?」
ドラえもん「のび太くん達のことが気になって、スパイ衛星を飛ばしたんだよ」
のび太「スパイ衛星?」
ドラえもん「うん。……そしたら、しずかちゃんが……」
のび太「……」
ドラえもん「急いで来たけど、間に合わなくて……ごめん、僕がもっと早く様子を見てたら……」
のび太「そんな……ドラえもんのせいじゃないよ……」
ドラえもん「うん……」
のび太「……これから、どうしよう……」
ドラえもん「とりあえず、一旦家に帰って、準備をしよう」
のび太「じゅ、準備?」
ドラえもん「決まってるでしょ?――みんなを、助けるんだよ…!」
のび太「――うん!そうだね!」
40:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)23:20:50ID:hi4A8FoT2
〜のび太自宅〜
のび太「それで、どうするの?」
ドラえもん「まずは、もう一度あそこに行こう!調べてみないと!」
のび太「で、でも、僕達まで連れてかれるかもよ?」
ドラえもん「大丈夫!……ええと、これだ!」
テッテレー
ドラえもん「霊体可視化ゴーグル!霊体凝縮銃!スーパー掃除機!」
のび太「それは?」
ドラえもん「まずこれが、見えない幽霊を見るための道具。これなら、はっきりと幽霊の姿が見える。そしてこれが、幽霊を固める道具。撃った霊が、その場でカチンコチンになるんだよ。そして、そうなったところで、この掃除機で吸うんだ」
のび太「なるほど……」
ドラえもん「僕は掃除機を持つからね。……これは、のび太くんの射撃の腕にかかってるから!」
のび太「……うん!任せてよ!」
ドラえもん「――よし!行こう!」
のび太「うん!」
42:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)23:25:06ID:hi4A8FoT2
〜廃病院〜
ドラえもん「――のび太くん!そっち!」
のび太「分かってるよ!」
バキューーーン!!
――ピキン
ドラえもん「今だ!それ!」
ギュオオオオオン……シュポン
のび太「また一体!やったね!」
ドラえもん「喜んでる場合じゃないよ!ドンドン来るよ!」
クスクスクス…
のび太「大丈夫!――みんなの、仇だ!」
バキューーーンバキューーーンバキューーーン……!!
ドラえもん「さすがのび太くん!百発百中だね!」
のび太「どんどん行こう!」
ドラえもん「うん!」
バキューーーン!!
バキューーーン!!
バキューーーン!!
………。
43:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/18(木)23:59:49ID:hi4A8FoT2
ドラえもん「……どうやら、幽霊たちはみんないなくなったみたいだね」
のび太「うん……。でも、いいのかな……幽霊たちって、どうなるの?」
ドラえもん「大丈夫だよ。時間が経てば、勝手に元に戻る。そしたら、自分たちで掃除機から出ていくだろうし」
のび太「そっか……なら、大丈夫だね」
ドラえもん「……それより、さっそく調査を始めよう」
のび太「どうやるの?」
ドラえもん「これを使おう!……よいしょっと」
ドシン
のび太「それは?」
ドラえもん「空間の状態を計測する装置だよ。ちょっと待ってね。……ええと……」カタカタカタ…
のび太「……どう?」
ドラえもん「もうちょっと……よし!計測完了!」
ピコーン
のび太「ど、どう?」
ドラえもん「……やっぱり……」
44:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)00:07:02ID:xFRhTiOO3
のび太「何か分かったの!?」
ドラえもん「うん!……どうやら、この廃病院は、空間の歪みの中心にあるらしい」
のび太「空間の歪み?」
ドラえもん「空間と空間の亀裂みたいなものだよ。この世界には、いくつもの空間があるんだ。超空間、時空間、亜空間……それらは一定の状態で保たれているけど、極稀に空間同士がぶつかり合って、歪が出来ることがあるんだ」
のび太「それだと、どうなるの?」
ドラえもん「本来その空間にあるべきものじゃないものが、空間の壁を越えて出てくるんだよ。昔から、神隠しってのがあるだろ?それは、その空間に人が迷いこんだ時のことを言ってたんだよ。まるで煙のように、突然と消えてしまうんだ」
のび太「そ、それじゃあ、しずかちゃんたちは……!」
ドラえもん「うん。空間の歪みから来た者に、別の空間へ連れてかれたんだよ」
のび太「ええ!?じゃ、じゃあ、どうやって助けるのさ!」
ドラえもん「……方法は、一つしかない」
のび太「ひ、一つ?」
ドラえもん「――僕達も、その空間の歪みに入るんだよ」
48:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)10:34:10ID:lTeUS0s99
のび太「で、でも……それって……」
ドラえもん「うん……とっても、危険だと思う。本来、その歪はあってはならないものなんだ。
……それに入るということは、何が起こっても不思議じゃない」
のび太「……」
ドラえもん「……それに、仮に入ったとしても、元の世界に戻れる保証もない。下手すれば、永久に戻れなくなる……」
のび太「……」
ドラえもん「……」
のび太「……でも、しずかちゃんが待ってるんだ。ううん、しずかちゃんだけじゃない。ジャイアンもスネ夫も、きっと僕らを待ってる」
ドラえもん「のび太くん……」
のび太「――行こうドラえもん!みんなのところへ!僕らが、助けるんだ!」
ドラえもん「うん!行こうのび太くん!――僕が、絶対なんとかしてみせる!」
50:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)10:55:29ID:lTeUS0s99
ドラえもん「――なら、のび太くん、準備はいい?」
のび太「う、うん!」
ドラえもん「今から、空間の歪みを具現化するから。飛び込んだら、一気に走り抜けるんだよ?」
のび太「わ、分かった……!」
ドラえもん「……じゃあ、いくよ!」
ウィィィィン……
――ブォォォン!!
ドラえもん「――今だ!」
のび太「――それ!」
ダダダッ!!
51:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)11:08:24ID:lTeUS0s99
〜歪〜
ドラえもん「――立ち止まったらダメだよ!走り続けるんだ!」
のび太「う、うん!」
――ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!
のび太「――うわぁ!なんか、後ろがどんどん狭くなってきてる!」
ドラえもん「無理やり歪みを開いたから、反作用で元に戻ろうとしてるんだよ!」
のび太「あれに巻き込まれたら、どうなるの!?」
ドラえもん「体がバラバラに、別の空間に流れ着く!」
のび太「じょ、冗談じゃないよ!」
ドラえもん「とにかく!今は走るんだ!」
のび太「うわわわっ!」
ダダダッ!!
53:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)11:29:54ID:lTeUS0s99
のび太「――ッ!?道の先が明るい!?」
ドラえもん「で、出口だ!!急いでのび太くん!」
――ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!
ドラえもん「うわわわっ!」
のび太くん「うわあああああ!!」
ダダダッ!!
――バッ!!
バシュゥゥゥゥゥン!!
ドラえもん「はあ……はあ……」
のび太「はあ……はあ……」
ドラえもん「な、なんとか、間に合ったみたい……」
のび太「し、死ぬかと思った……」
ドラえもん「……とにかく、あっち側に来れたみたい」
のび太「じゃあ、ここが……」
ドラえもん「うん。しずかちゃん達が連れていかれた場所――おそらく、“あの世”って呼ばれてる場所だと思う――」
55:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)11:43:16ID:lTeUS0s99
〜街道〜
のび太「凄く、薄暗いね……。道の脇に立ってる木も、全部枯れてる。太陽が出てるはずなのに、まるでずっと日陰が続いてるみたい……」
ドラえもん「あの世ってくらいだからね。現世のように、煌びやかってわけにもいかないだろうし」
のび太「ね、ねえ……これからどうする?」
ドラえもん「そうだねぇ……とにかく、情報を集めないと……」
――タタッタタッ!!
のび太「――ッ!?な、何かが走ってくる!?」
ドラえもん「な、なんだぁ!?」
???「――ワンワン!ワンワン!」
ドラえもん「あ、あれは!?」
のび太「が、骸骨の、犬!?」
56:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)11:52:05ID:lTeUS0s99
犬「ワンワン!ワンワン!」
のび太「な、なんか威嚇されてる!」
ドラえもん「しっしっ!あっちいけ!」
犬「ワンワン!ワンワン!」
のび太「全然動かないよ!ドラえもん、何とかしてよ!」
ドラえもん「ええと、ちょっと待ってて!あれでもないこれでもない……!!」ポイポイポイポイ……!!
のび太「ポケットの整理くらいしててよ!」
犬「ワンワン!ワンワン!――ワン!」
――ダッ!
のび太「飛びかかってきた!」
ドラえもん「うわわわっ!」
???「――スカル!やめなさい!」
犬「――ッ!?」ビクッ!
のび太「……と、止まった?」
ドラえもん「な、なんだ?」
???「――もう、スカルったら。勝手に出歩かないの」
のび太「お、女の子!?」
60:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)12:03:52ID:lTeUS0s99
女「……あら?あなた達は?」
のび太「え、ええと……」
ドラえもん「そ、その……僕達は……」
女「……あなた達、どこか妙ね……肉体の臭いがする……」
のび太「そ、それは……」
女「……もしかして、現世の人なの?」
ドラえもん「――ッ!?」
のび太「――ッ!?」
女「やっぱり、そうなんだ……」
のび太「ど、どうしよ、ドラえもん……」
ドラえもん「どうしようと言われても、どうしましょ……」
女「怖がらなくていいわよ。私は別に、危害を加えるつもりもないし」
のび太「は、はあ……」
女「――自己紹介、しとくわね。私は、レイ。この子は、私の家族で、スカルっていうの。よろしくね」
スカル「ワン!」
ドラえもん「……」
のび太「……」
66:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)12:51:51ID:lTeUS0s99
〜レイ自宅〜
レイ「……そっか……じゃあ、ドラえもんとのび太は、連れていかれた友達を助けに……」
のび太「うん……」
ドラえもん「……レイさん。この世界のこと、教えてくれないかな?」
レイ「うん、いいよ。……この世界は、死後の世界……私達は、幽界って呼んでる」
のび太「幽界……誘拐なだけに……」
ドラえもん「のび太くん、面白くないうえに、今はそんなこと言ってる場合じゃないよ」
のび太「ご、ごめん……」
レイ「……うぉっほん。それで、私達はあなたの世界のことを、現世って呼んでるんだ」
のび太「現世……」
ドラえもん「ああのび太くん。何も言わなくていいよ」
のび太「……」
レイ「……あなた達、緊張感がないわね……」
68:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)13:38:22ID:lTeUS0s99
レイ「幽界は、死後の世界……確かに、現世の人からすれば、薄気味悪いだろうね。
常に影の中にある空、青々とした木も鮮やかに彩られた花もない、死の世界……。
だけど、私達にとっては、とても静かで居心地のいい世界なんだ」
ドラえもん「……あの、レイさん」
レイ「ん?どうした?」
ドラえもん「ここに紛れ込んだり、連れ込まれた現世の人は、どうなるの?」
レイ「……」
ドラえもん「……」
のび太「……」
レイ「……君達の友達は、おそらく、幽界の城に連れていかれたと思う」
のび太「幽界の、城?」
レイ「そう。――幽界の王のところに」
ドラえもん「幽界の、王……」
レイ「君達のような存在は、本来ここにいてはいけない存在。命ある者がここにいることは、最大の禁忌なんだよ。
……だからこそ霊界の王により、“こちら側の存在”に、変えられる」
のび太「――ッ!?そ、それって――!」
ドラえもん「ま、まさか――!」
レイ「――死ぬ……ということだね」
のび太「――ッ!」
ドラえもん「――ッ!」
69:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)13:51:02ID:lTeUS0s99
のび太「――そ、そんなの!勝手すぎる!」ガタッ
ドラえもん「のび太くん……」
のび太「しずかちゃん達をここへ連れてきたのは、幽界の人達なんだよ!?
それなのに、連れてきた人間を殺しちゃうなんて、あんまりだよ!」
レイ「……のび太、キミの言ってることは分かる。だけど、ここではそういう“仕来たり”なんだよ。
それが分かるからこそ、一部の霊界の存在は、現世の人を連れてくるんだ。
生ある人を妬み、僻み、恨み……自らのような存在に、変えようとするんだよ」
のび太「だったら、尚更勝手じゃないか!連れてこられた人は、何も悪くないじゃないか!」
レイ「……」
のび太「……」
レイ「……悪いね、のび太。それでも、そういう“決まり”なんだよ」
のび太「――ッ!」
レイ「……」
のび太「……そんなのって……ないよ……」ガクッ
70:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)15:19:24ID:lTeUS0s99
ドラえもん「……レイさん。助ける方法はないの?」
レイ「……なんとか連れ出して、元の世界に戻れればね」
のび太「そ、それ、大丈夫なの?」
レイ「幽界の人は、現世では思うように力を出せないんだよ。現世の人を連れてこれたのは、幽界の力が強く呼応する場所だけ。
普通の場所なら、せいぜい出来ても驚かす程度なんだ」
ドラえもん「だったら、城からしずかちゃん達を助けて、現世に戻れば……!」
レイ「あるいは……」
のび太「――だったら、行こう!幽界の城へ!」
73:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)15:31:56ID:lTeUS0s99
レイ「……分かってるの?そこは、幽界の王がいるところだよ?
警備も凄いし、捕まればのび太達だって危ないんだ」
のび太「大丈夫。こっちには、ドラえもんがいるんだ」
レイ「ドラえもん?」
ドラえもん「えっへん!」
のび太「ドラえもんなら、何とかしてくれるよ!」
レイ「……分かった。だったら、私も同行しよう」
ドラえもん「え?レイさんが?」
レイ「私なら、この世界のことに詳しいし、きっとのび太達の助けになるはず」
のび太「……どうして、そこまでしてくれるの?」
レイ「……さっきも言ったけど、私は、ここが好きなんだ。
確かに、現世の人を連れてくる輩もいる。だけど、大半の住民は、平和に暮らしてるんだよ」
ドラえもん「……」
レイ「キミ達がいると、どうも騒がしいことになりそうだからな。早々に、帰ってもらいたいのさ」
のび太「……レイさん。ありがとう」
レイ「なぁに。これは単なる、私のワガママだよ。気にすることはない」
77:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)15:42:09ID:lTeUS0s99
ドラえもん「――とりあえず、まずはカモフラージュしなきゃ。
レイさんが僕らのことを現世の人だと分かったように、他の人にもばれちゃうだろうし」
のび太「確かに……でも、どうするの?」
ドラえもん「任せてよ。……ええと……」ゴソゴソ……
テッテレー!!
ドラえもん「オバケ化ドリンクぅ!」
のび太「これは?」
ドラえもん「そのまんまだよ。これを飲めば、一時的にオバケみたいな体になれる。本来は、肝試しで驚かせるために使うんだけど……飲まないよりマシだよ」
のび太「へぇ……じゃ、さっそく……」ゴクゴク……
ドラえもん「僕も飲も」ゴクゴク……
――スゥゥゥーー
のび太「――ッ!?なんだ!?体が半透明になった!」
ドラえもん「オバケになったんだよ。レイさん、どう?」
レイ「……いや、驚いたね。匂いは、完全に幽界の人だよ……」
ドラえもん「ほら、これなら大丈夫」
のび太「うん!――それじゃあ、行こう!」
78:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)18:10:37ID:lTeUS0s99
〜幽界の城〜
ジャイアン「開けろー!こっから出せー!」
スネ夫「無駄だよジャイアン……さっきから叫んでるけど、この牢屋から出してくれるわけないじゃない」
ジャイアン「なんだよスネ夫!だったら、諦めろって言うのか!?」
スネ夫「だって!どうしようもないでしょ!?誰かが助けに来るわけなんて――」
しずか「――のび太さん……」
スネ夫「――へ?」
しずか「のび太さんがいるわ。きっとのび太さんが、ドラちゃんを連れて来てくれる……」
スネ夫「……」
ジャイアン「……」
79:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)18:28:22ID:lTeUS0s99
スネ夫「……しずかちゃん、それも期待しない方がいいよ。あののび太が、たった一人の状態で逃げ切れたとは思えないし」
ジャイアン「ああ、そうだよな……あの状況じゃ、きっとのび太も……」
しずか「そんなことないわ!だって、のび太さんはここにいないじゃない!私達はみんなここに入れられたのに、のび太さんだけ別の場所とは思えないわ!」
スネ夫「そ、それは……そうだけど……」
ジャイアン「……そうだな。きっと、そうだ!」
スネ夫「ジャ、ジャイアンまで……」
ジャイアン「スネ夫、あいつは、きっと無事だ。そしてあいつは、必ず助けに来る。お前の知ってるのび太は、友達を見捨てるような奴なのか?」
スネ夫「……」
しずか「……きっとのび太さんは、今頃ドラちゃんと方法を探ってるわ。きっと……
しずか(――そうよね、のび太さん……)
80:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)18:34:17ID:lTeUS0s99
ジャイアン「……こうしちゃいられないぜ!」ガシッ
スネ夫「……どうしたのさ、ジャイアン。鉄格子にしがみついて……」
ジャイアン「決まってるだろ!?なんとか、ここを出るんだよ!のび太ばっかり、いい格好させるかよ!
――ふぬぬぬぬぬ……!!」ググググ……!!
スネ夫「いくらジャイアンの馬鹿力でも、鉄格子を曲げるなんて無理だよ」
ジャイアン「なんだとスネ夫!だったら、どうするんだよ!」
しずか「……何か、方法があるの?」
スネ夫「……はぁ、しょうがないから、僕ものび太を信じてやるよ。
――いいかい?これから、僕の言う通りにしてよ?」
ジャイアン「お、おお……それで?」
スネ夫「まずは――――して、――――……」
しずか「……スネ夫さん、それ、いいと思う!」
ジャイアン「ああ!さすがはスネ夫だ!」
スネ夫「ま、まあね!……じゃ、じゃあ、やるよ……!」
81:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)18:45:17ID:lTeUS0s99
しずか「――誰かああ!誰か来てえええ!」
兵「……ん?」
しずか「誰かああ!誰かああ!」
兵「騒がしいぞ人間!――む?」
ジャイアン「何がいい考えだよ!そんなの、無理じゃねえか!」
スネ夫「ジャイアンだって絶賛したじゃないか!今さら、僕に文句言わないでよ!」
ジャイアン「なんだとこの野郎!ぶん殴ってやる!」
スネ夫「うわああ!暴力反対!」
兵「……全く現世の人間は……おいお前達!止めないか!」
ジャイアン「こんのやろう!」
スネ夫「ぎゃあああ!」
兵「いい加減にしろ!まったく……!」ガチャガチャ……
しずか「……」
――ガチャン
兵「おい!止め――」
しずか「――今よ!」
ジャイアン「うおおおおおお!!」
スネ夫「うわあああああ!!」
兵「な、なんだと!?体当たり!?――うわぁっ!」バタン!
ジャイアン「今のうちだ!走れ走れ!!」
スネ夫「う、うん!」
しずか「ええ!」
タタタタッ!!
82:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)18:48:50ID:lTeUS0s99
ジャイアン「作戦成功だな!さすが、スネ夫だぜ!」
スネ夫「前にマンガで見たんだ!うまくいって良かった!」
兵「クソッ――!!」
ピーーー!!ピーーー!!
しずか「笛の音!?」
兵「脱走だー!!捕虜が逃げたぞー!!脱走だー!!」
ダダダダダ……!!
スネ夫「あわわわっ!まずいよまずいよ!兵がどんどん来る!」
ジャイアン「無駄口叩く暇があったら、とにかく走れ!!」
しずか(――のび太さん!!)
タタタ……!!
84:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:12:40ID:lTeUS0s99
〜城の外〜
のび太「……ん?」
ドラえもん「どうしたののび太くん?」
のび太「いや……今、笛の音が聞こえた気がするんだ。それと、何か金属がぶつかり合う音が……。
でも、きっと気のせいだね」
レイ「のび太、気を引き締めろよ?ここはもう、幽界の王の袂なんだ」
のび太「う、うん……」
ドラえもん「……それにしても、でっかい城……」
レイ「仮にも王の城だからね」
のび太「ここに、しずかちゃん達が……」
ドラえもん「うん……」
のび太「……」
レイ「……では、行くぞ……」
のび太「うん……!」
タタタタッ
85:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:24:15ID:lTeUS0s99
〜城内〜
ジャイアン「――急げよスネ夫!」
スネ夫「ま、まってよ!ジャイアンが早すぎるんだよ!」
ジャイアン「さっさと走らないと、また捕まるじゃないか!」
スネ夫「そ、そんなこと言っても……って、あれ?しずかちゃんは?」
ジャイアン「一緒じゃないのかよ!」
スネ夫「知らないよ!まさか、はぐれて――」
しずか「――待ってよ二人とも!ちょっと速すぎて……!!」タタタタッ
スネ夫「あ、しずかちゃん!」
ジャイアン「よ、良かった……」
スネ夫「だから言ったじゃないか!ジャイアンが早すぎるんだよ!」
86:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:24:28ID:lTeUS0s99
しずか「今はケンカしてる場合じゃないわよ!早くここを出ましょ!
ジャイアン「あ、ああ!そうだな――」
???「うわあああああ!!」
スネ夫「――ッ!?あ、危ない――!!」
しずか「――え?――キャッ!!」ガバッ!!
――ブオン!!
ジャイアン「後ろから斬りかかられた!?」
しずか「あ、ありがとう、スネ夫さん」
スネ夫「いいんだよ。――誰だよ!危ないだろ!!」
ジャイアン「俺に任せろ!うおりゃあああ……ああ……あん?」
???「はあ……はあ……」
スネ夫「お、お前は……!!まさか……!!」
???「クソッ――!!躱された!」
しずか「そ、そんな……のび太さん!?」
のび太「……」
88:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:37:19ID:lTeUS0s99
しずか「のび太さん……信じてたわ!」
スネ夫「の、のび太……やけにボロボロじゃないか……」
のび太「……」
ジャイアン「の、のび太……助けに来て――」
のび太「――そいつを、渡すんだ!!」
ジャイアン「――え?」
スネ夫「そ、そいつって……」
しずか「わ、私……?」
ジャイアン「ど、どうしたんだよのび太!」
のび太「いいから!早く渡すんだ!」
しずか「の、のび太さん……どうしちゃったの!?」
89:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:37:39ID:lTeUS0s99
スネ夫「のび太!お前なんか変だぞ!?刀なんか握り締めて!」
のび太「いいから!」
ジャイアン「のび太!いい加減にしろ!つまらない冗談なんか言ってんじゃ……!」
のび太「僕は本気だよ!ジャイアン!!」
ジャイアン「の、のび太……」
スネ夫「のび太!しずかちゃんが、どんな気持ちでお前を待ってたか……分からないのか!?」
しずか「……」
のび太「……」
ジャイアン「だ、ダメだ!話にならない!――逃げるぞ!」
しずか「え!?で、でも……!」
スネ夫「いいから!今ののび太は変だよ!逃げよう!」
しずか「の、のび太さん!!」
タタタタッ
のび太「――ッ!ま、待て――」
兵「――いたぞ!こっちだ!」
のび太「――ッ!?く、クソッ!」ダッ――!!
90:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:44:51ID:lTeUS0s99
〜城内〜
ドラえもん「……なんか、やけに騒がしいね……」
のび太「うん……。何かあったのかな?」
レイ「……誰かが、脱走したみたい」
ドラえもん「脱走?……まさか!」
のび太「うん!きっとみんなだよ!」
レイ「のび太達の友達?」
のび太「うん!」
ドラえもん「こうしちゃいられない!……はいのび太くん!凝縮銃!」
のび太「ありがと!」スチャッ
ドラえもん「凝縮銃はそれ一つしかないからね!大事に使ってよ!」
のび太「分かった!」
レイ「じゃあ、急ごう!声の感じから、多分あっちだ!ついてきて!」
ドラえもん「うん!」
タタタタッ
91:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:51:09ID:lTeUS0s99
ジャイアン「はあ……はあ……!」
スネ夫「はあ……はあ……!」
しずか「はあ……はあ……!」
ドラえもん「……!」
のび太「はあ……はあ……!」
レイ「――ッ!人の匂い!近いよ!」
ドラえもん「もうすぐだ!」
のび太「み、みんな……!」
――ダッ!!
ジャイアン「――ッ!?」
スネ夫「――!!」
しずか「――ッ!」
ドラえもん「――あッ!」
のび太「――ッ!」
94:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)19:59:50ID:lTeUS0s99
ドラえもん「……じゃ、ジャイアン……スネ夫……しずかちゃん……!」
のび太「――み、みんなぁ!!」ダッ―!!
ジャイアン「――ッ!?く、来るんじゃねえ!!」
のび太「え――ッ!?」
スネ夫「お前のび太か?本当にのび太か!?」
しずか「……」ブルブル…
のび太「な、何言ってるの!?当たり前じゃないか!」
ジャイアン「本当に本当だろうな!?また、斬りかかったりしないよな!?」
のび太「斬りかかる!?」
ドラえもん「……みんな、どういうこと?」
スネ夫「じ、実は……」
95:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)20:05:36ID:lTeUS0s99
のび太「――ええ!?僕が、しずかちゃんを!?」
ジャイアン「あ、ああ……」
しずか「……」
スネ夫「あれは、間違いなくのび太だったよ」
ドラえもん「そ、そんな、あり得ないよ!だってのび太くんは、ずっと僕と一緒だったんだよ!?」
ジャイアン「じゃ、じゃあ、あれは……」
しずか「……さっきののび太さん、普通じゃなかったわ」
スネ夫「うん……そうだったね……。もしかしたら、偽物かも……」
ジャイアン「で、でもよぉ!俺のこと、呼んでたぞ!?」
ドラえもん「……」
のび太「……」
レイ「……のび太、ドラえもん。再会して積もる話もあるだろうけど、今はとにかく逃げよう」
97:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)20:36:28ID:lTeUS0s99
ドラえもん「と、とにかく、みんな無事で良かった!今はとにかく、ここから逃げよう!」
のび太「う、うん!」
レイ「行くよ!みんな、ついてきて!」
タタタタッ
ジャイアン「……のび太。どうやらお前は、俺が知ってるのび太みたいだな」
のび太「当たり前じゃないか!」
スネ夫「なあのび太、あの女の人は?」
のび太「レイさんだよ。僕らをここまで、案内してくれたんだ」
ジャイアン「そうか……この野郎!来るのが遅いんだよ!」
スネ夫「そうだぞ!のび太のくせに!」
のび太「な、なんだよそれ……」
しずか「……」
レイ「無駄話をしてないで走って!すぐに追っ手が来るよ!」
98:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)21:24:14ID:lTeUS0s99
〜城内某所〜
???「――そうか……脱走されたか……」
兵「はっ!人間は、現在も逃走中です!」
???「兵士長はどうした?」
兵「兵士長殿は深傷を負い、しばらくは動くこともままならないかと……!」
???「……人間めが……仕方あるまい。儂が出向く」―スクッ
兵「――ッ!?で、ですが……!」
???「兵士長が動けぬ今、誰かが指揮を執らねばならないだろうて……」
兵「は、はっ――!」
???「門の警備を固めよ。ネズミ一匹とて、逃すことは許さん……!!
99:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)21:38:05ID:lTeUS0s99
〜城門付近〜
レイ「……ダメだ。警備が固められてる……」
ガヤガヤガヤガヤ…
しずか「これじゃあ、出れないわね」
スネ夫「ど、どうするの?」
ドラえもん「任せて。ここは、石ころ帽子で……」ゴソゴソ…
――バチバチバチ…!!
ドラえもん「あばばばばばば……!」――バタン
のび太「ど、ドラえもん!!」
ジャイアン「大丈夫かよ!ドラえもん!」
ドラえもん「うぅ……四次元ポケットが……使えない……」
のび太「え、ええ!?」
しずか「何ですって!?」
100:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)21:46:11ID:lTeUS0s99
スネ夫「ど、どういうこと!?」
ドラえもん「た、たぶん、ここには、凄まじいエネルギーが集まってるみたいなんだ……。それが、四次元空間にまで浸透してて、エネルギーの壁を作ってるんだと思う。
道具を取り出すことは、出来ないよ」
ジャイアン「じゃ、じゃあ、ひみつ道具なしになるのかよ!」
ドラえもん「うん……そういうこと……」
スネ夫「そんな!道具なしで、どうやって帰るのさ!」
レイ「……たぶん、この城の中だからだよ。この城は、幽界の中心。幽界中のエネルギーが集まってるんだ」
しずか「じゃあ、ここさえ出れば……!」
のび太「うん。さっき城の外だと、使えたよ」
ジャイアン「……問題は、どうやって出るか、だな……」
……。
101:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/19(金)21:53:33ID:lTeUS0s99
ドラえもん「今の武器は、のび太くんが持ってる凝縮銃だけ……でも……」
スネ夫「あれだけの兵士を、銃1丁で突破なんて、出来るわけないよ」
しずか「……それに、もしかしたら、城の外にもたくさん兵士がいるかもしれない……」
ジャイアン「……万事、休すか……」
のび太「……」
ドラえもん「……」
レイ「……一つだけ、抜け道がある」
のび太「――ええ!?」
しずか「本当なの!?」
レイ「ああ。この城の、秘密通路だ。そこを通れば、幽界の外れまで行ける」
ジャイアン「なら、早くそこへ――!」
レイ「――ただ、一つ問題がある」
ドラえもん「……問題?」
レイ「そこに行くためには、玉座の間を抜ける必要があるんだ」
スネ夫「そ、それって……つまり……」
レイ「ああ。――幽界の王がいるところへ、行かなければならない……」
112:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)16:13:58ID:AQXVu8NZm
のび太「幽界の、王のところ……!」
レイ「幽界の王は、幽界の秩序を守る存在……のび太達の存在は、決して許しはしない。その王がいる場所をわざわざ通るんだ。
――どれほど危険かは、言うまでもないだろう」
スネ夫「……!」
しずか「どうすればいいの……?」
……。
ジャイアン「……でも、行かなきゃ帰れないんだろ?だったら、進むしかないぜ!」
のび太「……うん!そうだよ!みんながここから無事に帰るためなら、進むしかない!」
スネ夫「で、でも!相手は幽界の王だよ!?」
ドラえもん「大丈夫だよ!僕の道具は使えないけど、みんながいれば、きっと何とかなるよ!だって僕達は、最高の友達なんだから!」
しずか「……そうね。その通りよ!」
スネ夫「……」
ジャイアン「大丈夫だよスネ夫!みんな、一緒なんだ!」
スネ夫「う、うん……!」
レイ「……話は、まとまったようだな」
のび太「――うん!行こう!みんなで、帰るために!!」
113:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)16:24:30ID:AQXVu8NZm
〜城内通路〜
――タタタタッ
レイ「こっちだよ!みんな!」
ドラえもん「うん!」
スネ夫「……」
ジャイアン「どうしたんだよスネ夫。難しい顔して……」
スネ夫「え?い、いや……おい、のび太」
のび太「ん?なに?」
スネ夫「……あのレイって人、本当に味方なのか?」ヒソヒソ
ジャイアン「は!?何言ってんだよ!俺達を外まで案内してくれてるんだ!当たり前じゃないか!」ヒソヒソ
のび太「そうだよスネ夫」
スネ夫「……でも、少し詳しすぎない?ここ、この世界の王の城だよ?そんなところの秘密通路なんて、何で知ってるのさ」ヒソヒソ
ジャイアン「それは!……確かに、そうだよな……」ヒソヒソ
のび太「……」
スネ夫「今は味方かもしれない。だけど、用心するに越したことはないよ。――あの子も、幽界の人物なんだから……」ヒソヒソ
レイ「………」
――タタタタッ
114:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)16:58:36ID:AQXVu8NZm
〜玉座の間〜
レイ「――着いたよ。この扉の中が、玉座の間だ」
しずか「大きな扉ね……」
レイ「見た目は大きいが、そこそこ簡単に開くんだ。――じゃあ、入るぞ?」
のび太「う、うん!」
ジャイアン「幽界の王……う、腕がなるぜ……」
スネ夫「……」
ギギギイィ――
ドラえもん「……」
のび太「……誰も、いない?」
しずか「そうみたい……今のうちに行きましょ」
ジャイアン「お、おお……」
カツカツ…
レイ「……油断するなよ」
しずか「ええ……」
スネ夫「――ッ!?み、みんな!!」
ジャイアン「――ッ!!」
のび太「な、何!?」
――ゾロゾロゾロゾロ…!!
ドラえもん「兵士がたくさん出て来た!?」
ジャイアン「こ、これは……!!」
???「――待っていたぞ、現世の者共……」
しずか「――ッ!?あ、あなたは……!!」
幽界の王「そうだ。儂が、幽界の王だ。貴様達には、ここで止まってもらおう……」
115:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)17:14:02ID:AQXVu8NZm
ドラえもん「幽界の王……!」
のび太「お、大きい……!」
ジャイアン「巨大な……骸骨!?」
しずか「こ、怖いわ……!」
王「畏怖したか人間ども。おとなしく、投降するがいい。悪いようにはしない」
のび太「悪いようにはしないって……どうせ、僕達を殺すんだろ!?」
王「……妙なことを言うものだ……まあいい。詳しくは後ほど聞いてやる。――構え」
兵「―――」
スチャスチャスチャ…!!
のび太「……!!」
ドラえもん「か、数が、多すぎる!」
スネ夫「……や、やっぱり罠だったんだ!」
しずか「えっ!?」
117:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)17:21:49ID:AQXVu8NZm
スネ夫「最初っから変だったんだよ!そのレイって子も、幽界の王の手下だったんだよ!」
レイ「――ッ!?」
ドラえもん「スネ夫!?なにを!?」
スネ夫「だって変でしょ!?なんでこの城のことこんなに詳しいんだよ!僕達を助けるふりして、ここに連れて来るつもりだったんだよ!」
レイ「ち、違う!私は、ただ……!!」
スネ夫「ただ、何さ!!」
レイ「……」
スネ夫「ホラ何も言えない!やっぱり、敵だったんだよ!!」
ジャイアン「……!」
しずか「……レイ、さん……」
レイ「……」
王「……レイ……なるほどな、そういうことか……」
119:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)17:31:49ID:AQXVu8NZm
王「……いずれにしても、ここで貴様らの進攻も終わりだ。諦めろ」
スチャスチャスチャ…!!
ドラえもん「も、もうダメだ……!」
ジャイアン「ここまでかよ……!!」
しずか「……!!」
スネ夫「ま、ママあああああ!!」
のび太「ここまで来たのに……ここまで、来たのに……!!」
レイ「――ッ!!」
王「―――……捕えろ!!」
兵「はっ!!」
ダダッ!!
ドラえもん「―――ッ!!」
ダダダダッ!!
――バッ!!
兵「――ッ!?な、何だ!?――うわっ!!」
――ガバッ!!
のび太「――ッ!?あ、あれは――!!」
スカル「ワンワンワンワン……!!」
レイ「――ス、スカル!!」
120:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)17:50:25ID:AQXVu8NZm
王「うろたえるな!!たかが犬一匹に何を!!」
スカル「ワンワンワン!!――ウウウゥゥゥゥ……!!」ムクムクムクムク…!!
ドラえもん「あれは……!!」
のび太「スカルが……大きくなっていく!?」
巨大スカル「――ウオオオオオオオオンン!!」
兵「あ、あれは……!!」
兵「まさか……!!」
王「――妖浪か……!」
121:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/20(土)17:50:35ID:AQXVu8NZm
スカル「――ガアアアアア!!」
兵「う、うわあああああ!!」
ジャイアン「な、何がどうなってやがる!!」
のび太「わ、分かんないよ!」
レイ「――何をやってる!!今のうちに逃げるぞ!!」
ドラえもん「レイさん!?」
レイ「今しかチャンスはないぞ!!急げ!!」
スネ夫「――ッ!?で、でも――!!」
しずか「――みんな!行きましょ!」
のび太「しずかちゃん!?」
しずか「今は、レイさんを信じましょう!!――今しか、チャンスはないわ!!」
ドラえもん「う、うん……!!みんな!行くよ!!」
のび太「わ、分かった!!」
――ダダダダッ
王「――ッ!人間どもを逃がすな!!」
兵「は、はい――うわっ!!」
スカル「ウオオオオオオオオンン!!」
王「チィッ!!妖浪めが……!!」
ワアアアアアアアアア…!!
130:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)09:57:37ID:movc9MEPN
〜隠し通路〜
ダダダダッ
レイ「走れ!走れ!追っ手が来るぞ!」
スネ夫「ひいいいい!!」
ジャイアン「おい!この道、本当に大丈夫なのかよ!」
のび太「そんなの、分かんないよ!」
ドラえもん「とにかく、今は走るんだ!少なくともここにいたら捕まっちゃう!」
しずか「そうよ!今は、走りましょう!」
ジャイアン「仕方ねえな!」
ダダダダッ
131:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)10:05:41ID:movc9MEPN
のび太「―――ッ!?通路の向こうが明るい!?」
ドラえもん「しめた!外だよ!」
レイ「もうすぐだ!」
ダダダダッ
――ダン!
スネ夫「そ、外だー!!」
ジャイアン「やったぜチクショー!!」
のび太「出られたんだね!」
しずか「ええ!城の外よ!」
ドラえもん「僕のポケットも使える!……ええと……!!」
ポイポイポイポイ…!
ドラえもん「はいみんな!石ころ帽子被って!」
レイ「なんだこれは?」
のび太「いいから!早く被って!」
兵「――こっちだー!!外にいるぞー!」
ダダダダッ
しずか「追手が来るわ!」
ドラえもん「早く被るんだ!」
兵「おいお前達!大人しく……!――ん?」
兵「誰も……いない?」
ザワザワ…
133:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)11:29:22ID:movc9MEPN
〜森の中の道〜
ジャイアン「……何とか、抜けれたみたいだな……」
ドラえもん「ここまで来れば、もう大丈夫だろうけど……いちおう、まだ帽子は脱がないでね」
レイ「それにしても、この帽子は凄いな……兵士がまったく気付かないとは……」
のび太「ドラえもんの道具のおかげだよ」
スネ夫「でもこれで、ようやく帰れるね」
ドラえもん「そうだね。さっそく、現世に帰ろうか」
しずか「そうね……」
のび太「どうするの?」
ドラえもん「これを使おう。……よいしょ」ドシン
のび太「それ、空間を調査するやつ?」
ドラえもん「そうそう。さっき調査した時に、空間の状態を記録させてたんだよ。……まあうまくいくかは分からないけど」
ジャイアン「とにかくやってみようぜ!」
ドラえもん「うん、そうだね……。でもみんな、気を付けてよ?さっきのび太くんと来た時もそうだったけど、空間のトンネルは不安定なんだ。開いたら、すぐに走るんだよ?」
スネ夫「わ、分かった!」
134:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)11:43:31ID:movc9MEPN
レイ「……みんな、帰るんだね」
のび太「うん。レイさん、本当にありがとう。キミのおかげで、こうして帰ることが出来るんだ」
レイ「礼には及ばないよ。……それに、お礼を言いたいのは、私の方だし……」
のび太「え?」
ドラえもん「じゃあやるよ!」カタカタカタ…
スネ夫「う、うまくいくかな……」
ジャイアン「いくさ!じゃないと承知しないからな!」
ドラえもん「一生懸命やってるだろ!静かにしててよ!」カタカタカタ…
しずか「……」
スネ夫「……」
ジャイアン「……」
のび太「……」
レイ「……」
135:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)11:43:37ID:movc9MEPN
カタカタカタ……ピコーン!
ドラえもん「や、やったあ!うまくいったぞ!」
ウィィィィン……
――ブォォォン!!
ドラえもん「空間の歪が開いた!走るんだ!」
ジャイアン「おお!」
スネ夫「ママあああ!」
しずか「ええ!」
のび太「うん!」
レイ「気を付けるんだよ!」
のび太「うん!本当に、ありがとう!」ダッ――!
タタタタタ…!!
レイ「……」
レイ「ありがとう、か……それは、私のセリフなんだがな……」
136:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)12:48:59ID:movc9MEPN
〜歪〜
ドラえもん「みんな!出口まで一気に走るんだ!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ…!
のび太「ドラえもん!また空間が!」
ドラえもん「いいから走って!」
ジャイアン「あれに巻き込まれたら、どうなるんだよ!」
のび太「とんでもないことになるらしい!」
スネ夫「とんでもないこと!?ま、ママー!!」
ジャイアン「スネ夫!泣く暇があるなら必死に走れよ!」
ドラえもん「もうすぐだよ!もうすぐ出口だ!」
しずか「……!」
のび太「うあああああ!」
ダダダダ…!!
――ババッ!!
バシュゥゥゥゥゥン!!
ジャイアン「はあ……はあ……何とか、間に合ったな……」
スネ夫「く、空間が……閉じちゃった……」
ドラえもん「み、みんな……よく頑張ったね……」
140:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)14:38:07ID:movc9MEPN
のび太「……ここは……」
スネ夫「廃病院の、中?」
ジャイアン「――って、ことは……!!」
ドラえもん「うん!帰ってきたんだよ!」
のび太「や、やったああああ!!」
スネ夫「良かったよー!ママー!」
ジャイアン「もう二度と、肝試しなんてごめんだぜ!」
ドラえもん「そうだね。子供だけで、夜出歩いちゃだめだよ?」
スネ夫「肝に銘じる……」
のび太「ねえ、帰ろうよ!僕らの家にさ!」
一同「うん!」
スタスタ…
141:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)14:45:32ID:movc9MEPN
〜廃病院〜
スタスタ…
スネ夫「それにしても、あれだけ不気味だったこの廃病院も、今じゃなんともないや……」
ジャイアン「まあな。ついさっきまで、あの世にいたくらいだからな」
しずか「幽霊がいないからよ」
ドラえもん「ここの幽霊は、全部固めちゃったからね。僕らの姿を見たら、出てこようとは思わないよ」
のび太「ハハハ!言えてる!」
ジャイアン「それにしても、ドラえもんがいてくれて本当に良かったぜ」
スネ夫「そうそう!さすがドラえもんだね!」
ドラえもん「いやぁ、照れちゃうな……」
しずか「アハハ!ドラえもん、照れてる!」
のび太「顔が赤くなってるよ、ドラえもん」
ドラえもん「フフフ……」
のび太(……………ん?何か、違和感が……)
142:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)14:50:13ID:movc9MEPN
ドラえもん「ん?どうしたのさ、のび太くん。頭なんか捻っちゃって……」
のび太「……いや、何か変な感じがしたんだけど……」
スネ夫「ま、まさか、幽霊!?」
のび太「そういうのじゃないんだけど……何だろう……」
しずか「きっと気のせいよ。行きましょ」
のび太「う、うん……」
スタスタ…
のび太(確かに気のせいかも……だけど……何だろう、この、変な感じは……何か、いつもと違う……)
143:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)14:54:20ID:movc9MEPN
のび太(……何だろう……気になるな……。いったい、どこで感じたんだろう……)
スタスタ…
のび太(……確か、ついさっきなんだけど………そう、ちょうど、みんながドラえもんを……)
のび太「――ッ!!ちょ、ちょっと待って!!」
ドラえもん「え?」
ジャイアン「なんだよのび太!早く帰ろうぜ!」
のび太「い、いや……変な感じになった理由が、分かったんだよ!」
ジャイアン「理由?」
スネ夫「なんだよ、理由って……」
のび太「う、うん……。――しずかちゃん、さっき、なんて言った?」
しずか「え?気のせいって……」
のび太「その後だよ。ドラえもんを、呼んだでしょ?」
しずか「それがどうかしたの?ただ、ドラえもんを呼んだだけじゃない……」
のび太「やっぱり!しずかちゃん!今、“ドラえもん”って!!」
ドラえもん「――ッ!!」
スネ夫「そ、そう言えば……!」
ジャイアン「ど、どういうことだよ……!」
145:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)14:58:40ID:movc9MEPN
しずか「ど、どうしたの?みんな変よ……」
のび太「変なのはしずかちゃんだよ!しずかちゃん、キミは、ドラえもんのことは、“ドラちゃん”って言ってたじゃないか!」
しずか「え――!?」
スネ夫「た、確かに……!!」
ジャイアン「おい!お前、何者だ!!」
ドラえもん「しずかちゃんじゃ、ない!?」
ジリ…ジリ…
しずか「み、みんな、目が怖いわ……」
のび太「し、しずかちゃん……」
しずか「私は、しずかよ!?わ、私は……わたた、わたわた、わたし、わたたた、わたたたたたたたたタタタタタタタタタタタタタタタタ……」
のび太「――ッ!!」
149:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)15:13:07ID:movc9MEPN
ドラえもん「し、しずかちゃん!?」
しずか?「ワタシシズカ、ワタシししししししシシシシイッシイイシ、シズズズズカシズズシシカッカカカカカ……」
スネ夫「――ッ!?し、しずかちゃんの体が……!!」
のび太「ね、捻じれていく!?」
ジャイアン「な、なんだよこれ!!」
???「ケケケケケケケ……!!」
ドラえもん「ば、化物になった!?」
???「キシャアアアアア!!」グニュゥゥゥン――
のび太「――ッ!?」
スネ夫「か、体が伸びて来る!!」
ドラえもん「捕まる!?」
ジャイアン「―――ッ!!のび太!!」ドガッ!!
のび太「あぐっ――!!」バターン!!
151:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)15:22:35ID:movc9MEPN
のび太「いたたた……はっ!み、みんな!!」
ドラえもん「うわあああああ!!」
スネ夫「ぎいやあああああ!!」
ジャイアン「くそおおおおおお!!」
???「ケケケケケケケ…!!」
のび太「み、みんな!!」
ドラえもん「の、のび太くん!!」
スネ夫「は、離して!!離して!!ママー!!」
ジャイアン「離しやがれ!!」
のび太「み、みんな!今助け――!!」
ドラえもん「――ッ!?のび太くん!逃げろ!!」
のび太「――ッ!?」
ジャイアン「このままじゃみんな捕まるだろ!!お前だけでも逃げるんだ!!」
スネ夫「そ、そんな!!のび太助け――!!」
ジャイアン「黙ってろスネ夫!!――のび太!!逃げろおおおお!!」
のび太「ドラえもん!!ジャイアン!!スネ夫!!」
???「ケケケケケケケ…」
――ブウウウンン……
スネ夫「うわあああああ!!」
ジャイアン「くそおおおおおお!!」
ドラえもん「のび太くーん!!逃げてええええええ!!」
のび太「み、みんなああああああ!!」
――バシュンン!
……シーン……
のび太「み、みんな……?」
152:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/21(日)15:24:50ID:movc9MEPN
のび太「そ、そんな……みんな、消えちゃった……!!」
のび太「せっかく、帰ってきたのに……みんなで、帰ってきたのに……!!」
のび太「ドラえもおおおおおおんん!!」
159:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)09:56:54ID:Eli45xFkP
〜山道〜
のび太「……これから、どうすれば……」
のび太(僕ももう一度連れていってもらおうと思ったのに、いくら待っても幽霊なんて出やしない……)
のび太(まさか、こんな形で幽霊を退治したのが裏目に出るなんて……)
のび太(ドラえもんもいない。向こうに行くことも出来ない)
のび太(みんなは、どうしてるんだろう……)
のび太(みんなが苦しんでいるかもしれないのに、僕にはどうすることも出来ない)
のび太(――僕は、無力だな……)
162:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)11:19:34ID:Eli45xFkP
〜のび太自宅〜
――ガラッ
のび太「……」
のび太(……やっぱり、ドラえもんはいない、か……)
のび太(ちょっとだけ期待してたんだけどな……)
のび太(こうしてる間にも、みんなが危ないのに……)
のび太「……」
――ガラッ
のび太(……何やってんだろう、僕は)
のび太(いくら押し入れを見ても、ドラえもんはいないんだ)
のび太(……もし、もし助かったのがドラえもんだったら……そしたらきっと、道具で何とか……)
164:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)11:25:19ID:Eli45xFkP
のび太「――――ッ!!そ、そうだ!!道具だ!!」
ガサガサ
のび太「きっと――きっとあるはずだ……!!」
ガサガサ
――ガシッ
のび太「――ッ!!あ、あった!!
――スペアポケット!!」
のび太(これさえあれば、なんだって出来る……!!)
のび太「……あ、でも、僕にはあの装置を使えない……難し過ぎる……」
のび太(道具はあるのに……向こうに行けない……今は幽霊にも連れて行かれないし……)
のび太「――――ッ!!そうだ!!今行けないなら、前から行けばいいんだ!!
――タイムマシンで!!」
のび太「こうしちゃいられない!!さっそく引き出しから……!!」
――ガラッ!
のび太(待っててみんな!すぐ行くから!)
のび太「――それ!!」
167:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)12:47:41ID:Eli45xFkP
〜タイムマシン〜
カタカタ……
のび太「ええと……日付を昨日にして、肝試しをするときに着いていけば……」
ピピピピ……
AI「現在、タイムマシンの時間指定制、メンテナンス中のため限されています」
のび太「えええ!?こんな時に何言ってるんだよ!」
AI「メンテナンスの終了には、パスワードが必要です」
のび太「パスワードなんて分かんないよ!ドラえもんはいないし!」
AI「それでは、メンテナンスを継続します」ピピピピ…
のび太「もう!タイミング悪過ぎだよ!
――じゃあ、とにかく昨日に行ってよ!」
AI「時間指定は出来ませんので、いつに飛ぶのか分かりませんが、よろしいですか?」
のび太「いいから早く!」
AI「かしこまりました。――では、行きます」
――ギュイィィィイイン
168:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)12:50:54ID:Eli45xFkP
〜廃病院〜
――ギュィィイイン
のび太「――うわっ!」ドシン
のび太「いてて……。こ、ここは……廃病院……」
のび太「辺りは真っ暗だし、ちょうどいい頃だな……」
テクテク……
のび太「……僕達は、どこにいるんだろ……」
169:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)13:05:36ID:Eli45xFkP
???「――のび太、さっさと進めよ!」
のび太「――ん?誰かの声が……これは……ジャイアン!」
タタタ…
のび太「こっちの方から聞こえたけど……!」
タタタ…
???「――な、なんだ!?」
のび太「――ッ!!僕の声だ!!」
のび太「こっちか!」
――――ガシッ
のび太「――ッ!?」
女「――――ニタァ」
のび太「で、出た……!」
――ズルズルズルズル!!
のび太「……!」
のび太(ドラえもんの霊体ドリンクの効果が消えてるんだ!)
のび太(で、でもこれで、幽界に行ける……!)
ズルズルズルズル――
――ブゥゥゥゥン
のび太(今――行くよ!)
――ギュイィィィイイン!!
170:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/22(月)13:19:45ID:Eli45xFkP
〜幽界〜
――ブゥゥゥゥン
のび太「ぬ、抜けた――ッ!!」
――ズルズルズルズル!!
のび太「うわああああ!!」
女「――――ニタァ」
のび太(は、早く何とかしないと、僕まで捕まる!!)
のび太「れ、霊体凝縮銃!!」
――スチャ
女「――」
のび太「……!」
――ズキュゥゥン!!
女「――ッ!!」
ピキピキピキ……――カチン
のび太「はあ……はあ……な、なんとか、止まった……」
のび太(でもやっと、幽界に来れたぞ!)
176:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)12:33:05ID:zKLZOfvZg
〜街道〜
のび太「……さて、さっそく……あ」
のび太(そういえば、こうしてせっかくスペアポケット持っていても、城では使えなかったな……)
のび太(それなら、準備は今のうちにしておこう)
のび太「とりあえず、使えそうなものを取り出すか……」ゴソゴソ…
のび太「――名刀電光丸!!」
のび太「――尋ね人ステッキ!!」
のび太「――ショックガン!!」
のび太「――空気砲!!」
のび太「――ひらりマント!!」
のび太「――タケコプター!!」
のび太「――おとりロボ!!」
のび太「……って、こんなもんかな?……ん?これは??」
――ポイッ
のび太「なんだ?この銃?――とりあえず、持っておくかな」
のび太「……さて、行くぞ!!」
177:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)12:49:53ID:zKLZOfvZg
テクテク…
のび太「……それにしても、ここ、どこだろう……」
のび太「前にドラえもんと歩いた道とは違うし……別のところに出ちゃったのかな……」
のび太「いったい、みんなはどこにいるんだ?」
のび太「そうだ!こんな時のために……尋ね人ステッキ!!」
のび太「ええと、しずかちゃん達は……と……これを、置いて……」
――カラン
のび太「こっちか!こっちに、きっと城があるんだ!――みんな、待ってて!」
――ダダダダッ!!
180:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)13:38:57ID:zKLZOfvZg
〜城の外〜
のび太「着いた!!幽界の城だ!!」
のび太(……ここに、しずかちゃん達が……)
のび太「……よし、様子を見るか……タケコプター!」
パラパラパラパラ…!!
のび太「……城を上から見ると、改めて大きさを実感するなぁ……」
兵「――誰だ!!」
のび太「―――ッ!!」
兵「城の外に不審な者がいるぞ!!」
兵「捕えろ!!捕えろ!!」
ワアアアアア!!
のび太「――し、しまった!!石ころ帽子かぶっとくべきだった!!」
兵「弓兵!!撃ち落せ!!」
――スチャスチャスチャ…!
のび太「あわわわわ!!まずい!!」
兵「――放てええええ!!」
ヒュンヒュンヒュンヒュン…!!
のび太「――――ッ!!」
182:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)14:12:32ID:zKLZOfvZg
のび太「ひ、ひらりマント!!」
ヒラヒラヒラヒラ…!!
兵「な、何だと!?矢の軌道がずれた!?」
兵「――ッ!!こちらに飛んで来るぞ!!」
兵「な、なにぃ!?」
兵「た、退避ー!!退避しろー!!」
ワアアアアアアアア!!
のび太「う、うまくいったぞ!!……でも、いつ襲撃されるか分からないからな……ひらりマント、羽織っとくかな」ハラリッ
のび太「――よし!城へ行くぞ!!」
183:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)14:45:22ID:zKLZOfvZg
〜城内〜
ツカツカツカツカ…
のび太「……ここ、どの辺だろう……そうだ、もう一度、尋ね人ステッキで――」
???「――おい!お前!!」
のび太「――ッ!?だ、誰!?」
???「なんだお前……この気配……まさか、現世の者か?」
のび太「――ッ!!」
のび太(お、大きな牛!?しかも二足歩行で鎧なんて……)
???「……そうか。脱走した現世の者ってのは、お前のことか……」
のび太「だ、脱走!?しずかちゃん達のこと?」
???「やはり脱走した者の仲間か!?」
――スチャッ!!
のび太「で、でっかい槍!?」
???「俺は幽界の城の兵士長――牛角!!大人しく投降するがいい!!」
184:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)15:00:55ID:zKLZOfvZg
のび太「へ、兵士長!?兵隊の隊長さん!?」
牛角「さあ人間!!俺の槍に貫かれたくなければ、早く投降しろ!!」ギラリッ
のび太「ひ、ひいいい……!!」
のび太(か、勝てるわけないよ!こんな怪物に!!)
のび太「……」
のび太(……で、でも……!)
のび太「……め、名刀電光丸……!」ブルブル…
………スチャッ
牛角「……ほう……剣を構えるか……お前、俺が怖くないのか?」
のび太「こ、怖いよ……すごく怖い……」
牛角「……ならば、なぜ立ち向かって来る?」
のび太「……僕が捕まったら、みんな助からないんだ……!!僕には、ドラえもんの道具がある!これなら、絶対負けない……!!」ブルブル…
牛角「……」
のび太「……」
牛角「……ほう。現世の者にも、なかなか骨のある奴がいるものだな……。だが俺は、剣を向ける相手に手加減などしない。刃を向ける相手ならば、例え子供でも、それは敵だ……!!」
――スチャッ
のび太「………!!」
牛角「お前の無謀な勇気に敬意を払い、改めて名乗らせてもらう。
俺は、幽界を守護する兵士長、牛角。――押して参るぞ、現世の少年……!!」
185:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)15:11:01ID:zKLZOfvZg
牛角「――おおおお!!」
――ブオオォォォン!!
のび太「――ッ!!ひ、ひらり!!」
――ガッ!!
ヒラリン――
牛角「――ッ!?槍が逸れた!?」
のび太「れ、霊体凝縮銃!!」
――バキューン!
牛角「――ッ!?」
――ズバアアアン!!
のび太「や、やった!?」
牛角「……なんだ?その光線は……」
のび太「き、効いてない!?」
のび太(大きすぎるのかも!?ど、どうしよう……!!)
牛角「まだまだ行くぞ!!――そらあああ!!」
――ブオオオオン!!
のび太「ひらり!!」
――ヒラリン
牛角「またか!!」
186:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)15:11:10ID:zKLZOfvZg
のび太「く、空気砲!!ショックガン!!」
スチャ
のび太「――ドッカン!!」
ドオオオン!!
バキュウウン!!
ドドドドドド……!!
のび太「こ、こんどこそ……!!」
牛角「……ふん。効かんな……」
のび太「空気砲や、ショックガンも……!!」
190:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)15:31:53ID:zKLZOfvZg
のび太「……こうなったら、雷電丸しか……!」
牛角「躱すのは上手いが、攻撃は大したことのない。だが解せん。お前が躱したというよりも、その背中に羽織る布を槍が避けたと言った方がいいか……」
のび太「――ッ!」
牛角「――もしや、その布に秘密が?」
のび太「――ッ!?」
牛角「ふん。図星か……ならば……!!」ダッ――!!
のび太「は、速い!!」
――ガシッ!!
バッ――!!
のび太「ひ、ひらりマントが!!」
牛角「さあ!布はなくなったぞ!!――どうする!!」
――ブウウウンン!!
のび太「……うわああああ!!雷電丸!!」
――ガキィィイン!!
牛角「な、何!?俺の槍を止めただと!?」
のび太「うわあああああああ!!」
ダッ――!!
――ズバァッ!!
牛角「ぐふっ――!?」
ザザッ
のび太「はあ……はあ……」
牛角「……まさか、この俺の体に傷を入れるとはな……面白い!!」
191:◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)15:44:18ID:zKLZOfvZg
――ガキィィィン!!ガキィィィン!!ガキィィィン!!
ザザッザザッ
――ガキィィィン!!
のび太「――うわああああ!!」
ズザザザザザ…!!
のび太「う…く……!」
牛角「ふぅ……ふぅ……なかなか、やりおるわ。だがお前は軽すぎる。それでは、俺に一撃を受けることは出来んぞ……!」
のび太「……雷電丸でも、押されるなんて……!!」
のび太(受けるだけじゃダメだ!なんとか、往なさないと……!!)
のび太「………!」
――――スチャッ
牛角「……ハハ……」
のび太「な、何がおかしいの!?」
牛角「いや、すまん……お前との立ち合いが、あまりに楽しくて、ついな……」
のび太「た、楽しい?」
牛角「ここまで俺と対等に立ち会えたのは、お前で三人目だ。数千年にも及ぶ時間の中で、たったの三人目だ。
――素直に、お前には感心したよ。その小さな体で、よくぞここまで持ってくれた。感謝している」
のび太「じょ、冗談じゃないよ……僕は、それどころじゃないんだ」
牛角「……確かに、いつまでも浸っている場合でもないな。――ならば、そろそろ決着を付けようか……」
のび太「……!!」
197:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)19:55:28ID:zKLZOfvZg
のび太「……」
牛角「……」
のび太「……」
牛角「……――行くぞッ!!」ダッ――!
ダダダダ――ッ!!
のび太「――ッ!!」
牛角「うおおおおおおおお!!!」
――シュゥーン!!
のび太(突き――!?剣で受けて……!!)
のび太「―――ッ!」
――チャキ
――ガキイイィィィンン!!!
牛角「受け止めたか!?――だが!!」
のび太「―――ッ!!」
ズオオォォォオオ…!!
牛角「――押し切るぞ!!」
――――ズギャァァァンン!!!
のび太「うわああああ!!!」
ズザザザザザザ…!!
牛角(――チィッ!!最後まで武器で受けるとは!!だが奴の体は吹き飛んでいる!!――追撃!!)ダッ――
ダダダダダ――!!
199:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:05:24ID:zKLZOfvZg
ズザザザザザザ…!!!
のび太「うぐッ――!!」
のび太(凄い衝撃だ!!――でも、この方向で大丈夫だ!!こっちなら――!!)
ダダダダダダッ!!
牛角「――終わりだ!!少年!!」
ブオオォォオオンン――!!!
のび太(―――“アレ”がある!!!)
――――ガシィッ!!
牛角「――ッ!?それは――!?」
のび太「――“ひらりマント”ォォ!!」
ブオオォォオオンン!!!
――ヒラリン!!
牛角「なッ――!!」
のび太(動きが止まった!!――今だ!!)
のび太「うわああああああ!!!」ダッ――!!
牛角「――ッ!!しまっ―――!!」
200:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:06:28ID:zKLZOfvZg
のび太「――雷!!電!!丸!!!」
キィィィイイイイン……!!!
牛角「―――ッ!!」
のび太「ああああああああああああ!!!」
ズバズバズバズバ…!!
牛角「……!!」
のび太「――ええええいぃぃ!!!」
―――ズバァァッ!!!
牛角「ぐあああああああ……!!」
ズザザザザザザ…!!!
のび太「はあ……はあ……」
牛角「……うぅ……」グググ…
のび太「―――ッ!?」
牛角「……れ、連撃、とはな……」
のび太「……一太刀だと、あなたは倒せそうにないので……」
牛角「……ふっ……そう、か……。―――……お前の、勝ち……だ……がふっ……」――ガクッ
のび太「……すみません、牛角さん……」
201:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:28:28ID:zKLZOfvZg
のび太「……」
兵「――こっちから物音がしてるぞ!!」
……ダダダダ……
のび太「――ッ!とにかく、今は奥に行こう!!」ダッ――
……ダダダダ……
兵「――ッ!?あ、あれは……!!」
兵「兵士長!?兵士長がおられるぞ!!」
兵「ボロボロじゃないか……!!まさか……現世の賊にやられたのか!?」
兵「……兵士長を、ここまで追い込むとは……」ゴクリ…
兵「……と、とにかく!兵士長を医務室へ!!」
兵「お、おお!!」
ザワザワ…
202:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:33:07ID:zKLZOfvZg
タタタタタ…
のび太「……みんな、どこにいるんだろ……」
のび太(みんなが脱走した頃だから、僕とドラえもんは城の外くらいか……)
タタタタタ…
???「――だから言ったじゃないか!!」
のび太「――ん?誰かの声?」
???「ジャイアンが速すぎるんだよ!!」
のび太「この声は……スネ夫だ!!」
のび太(ということは、みんながいるんだ!!)
のび太「――こっちか!!」
ダダダダッ――
203:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:42:22ID:zKLZOfvZg
ダダダダ……
――ザッ!
のび太「―――ッ!!あれは――!!」
ジャイアン「――」
スネ夫「――」
しずか「――」
のび太(ジャイアン!スネ夫!しずかちゃん!)
しずか「今はケンカしてる場合じゃないわよ!早くここを出ましょ!」
ジャイアン「あ、ああ!そうだな――」
のび太(みんな無事だったんだ!よかっ―――!!)
しずか「―――――――ニタァ」
のび太「―――ッ!!」
のび太(あれは……しずかちゃんじゃない!?)
のび太(――そうか!!そういえば、この時のみんなは、過去のみんななんだ!!
のび太(……それなら、あれはしずかちゃんじゃなくて、化物――!?)
のび太(あいつさえ倒せば、みんなが助かるんだ!!――やるしかない!!)
ダッ――!!
204:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:44:11ID:zKLZOfvZg
のび太「――うわあああああ!!」
スネ夫「――ッ!?あ、危ない――!!」
しずか「――え?――キャッ!!」ガバッ!!
――ブオン!!
ジャイアン「後ろから斬りかかられた!?」
しずか「あ、ありがとう、スネ夫さん」
スネ夫「いいんだよ。――誰だよ!危ないだろ!!」
ジャイアン「俺に任せろ!うおりゃあああ……ああ……あん?」
のび太「はあ……はあ……」
スネ夫「お、お前は……!!まさか……!!」
のび太「クソッ――!!躱された!」
のび太(スネ夫……余計なことを……!!)
しずか「そ、そんな……のび太さん!?」
のび太「……!!」
のび太(……しずかちゃんの、声を出すなよ……!!)
205:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:46:20ID:zKLZOfvZg
しずか「のび太さん……信じてたわ!」
スネ夫「の、のび太……やけにボロボロじゃないか……」
のび太「……」
ジャイアン「の、のび太……助けに来て――」
のび太「――そいつを、渡すんだ!!」
ジャイアン「――え?」
スネ夫「そ、そいつって……」
しずか「わ、私……?」
ジャイアン「ど、どうしたんだよのび太!」
のび太「いいから!早く渡すんだ!」
のび太(じゃないと……じゃないと、みんなが……!!)
しずか「の、のび太さん……どうしちゃったの!?」
206:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:48:13ID:zKLZOfvZg
スネ夫「のび太!お前なんか変だぞ!?刀なんか握り締めて!」
のび太「いいから!」
ジャイアン「のび太!いい加減にしろ!つまらない冗談なんか言ってんじゃ……!」
のび太「僕は本気だよ!ジャイアン!!」
ジャイアン「の、のび太……」
スネ夫「のび太!しずかちゃんが、どんな気持ちでお前を待ってたか……分からないのか!?」
しずか「……」
のび太「……!!」
のび太(違う……違うんだよ!二人とも!!)
ジャイアン「だ、ダメだ!話にならない!――逃げるぞ!」
しずか「え!?で、でも……!」
スネ夫「いいから!今ののび太は変だよ!逃げよう!」
しずか「の、のび太さん!!」
タタタタッ
のび太「――ッ!」
のび太(ダメだ二人とも!!ダメだよ!!)
のび太「ま、待て――!!」
兵「――いたぞ!こっちだ!」
のび太「――ッ!?」
のび太(追手の兵!?こんな時に……!!)
のび太「く、クソッ!」ダッ――!!
207:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)20:50:04ID:Y6wXGN82H
すげ
こうして伏線回収に入ると、同じ場面でも違って見えるな
210:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)20:58:16ID:zKLZOfvZg
のび太「――うわああああ!!」
――ガキィィン!!
兵「ぐわああ!!」――バタン
のび太「はあ……はあ……」
ザワザワ…
兵「こ、こいつ!たった一人で俺達を押してるだと!?」
兵「間違いない!兵士長を倒したのは、コイツだ!!」
兵「ば、化物か……!!」
ザワザワ…
のび太「……幽霊に、化物呼ばわりされるなんてね……」
のび太(あれから、かなり時間が経ったな……みんなは、どこにいるくらいだろう……)
ダダダダッ
兵「――おい!そんな奴を相手にしてる場合じゃないぞ!!」
のび太「―――ッ!」
兵「ど、どうしたんだ!?」
兵「玉座の間で、妖浪が出やがった!!」
兵「よ、妖浪!?」
のび太「―――ッ!?」
のび太(しまった――!!もうそんなとこに――!!)
213:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:03:02ID:zKLZOfvZg
のび太(急がなきゃ!!)ダッ――!
兵「――ッ!賊が逃げるぞ!!」
のび太「どいてくれよ!!」
ズババババ…!!
兵「ぐはあ!!」
兵「うわああ!!」
兵「がああ!!」
バタバタバタバタ…!!
兵「………!!」
のび太「もう放っておいてよ!!」
ダダダダダダ…!!
兵「………」
兵「……だめだ。俺達じゃ、歯が立たない……」
兵「……まさに、鬼神の如き…だな……」
214:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:07:21ID:zKLZOfvZg
〜玉座の間〜
――バンッ
のび太「――み、みんな!!――――あ!!」
スカル「ウオオオオオオオオンン!!」
兵「うわああああああ……!!」
のび太「た、大変だ!!兵士がみんなボロボロだ!!――これを!!」
のび太「――おとりロボット!!ええい!!」―――ポイッ!!
――スタ
ロボット「――わっしょい!わっしょい!」ズンチャズンチャ
スカル「がアアアア!?」
ロボット「わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!……」ズンチャズンチャ…
スカル「ウオオオオオオオオンン!!」ダダッ
218:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:25:37ID:zKLZOfvZg
のび太「――スカル!!やめろおおお!!」ダッ―!!
王「――おおおおおお!!」ダッ―!!
スカル「―――ッ!?」
のび太「うわああああ!!」
王「おおおおおお!!」
―――ズババッッンン!!
スカル「キャイイイン!!」ズザザッ!!
―――ダダダッ!!
ドゴオオオオオン!!!
兵「妖浪が壁を破って逃げたぞ!!追えー!!」
王「止めろ。お前達が追ったところで、妖浪は仕留められん。――それより……」チラッ
のび太「……」
王「……貴様は、逃げたはずだったが……」
のび太「……」
219:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:28:47ID:zKLZOfvZg
王「……なるほど……仲間を追って、貴様は時空の壁を破ったのか……」
のび太「はい……」
王「それにしても、現世では時空の壁すらも破れるとはな……神をも畏れぬ所業よ……」
のび太「――そ、そんなことよりも!!」
王「……ん?」
のび太「ドラえもん達を……仲間を、返してください!!もうすぐ、ここに運ばれるはずなんです!!」
王「……」
のび太「……お願い、します……」
王「……」
のび太「……」
王「……済まぬが、その願いを聞き入れることは出来ない」
のび太「――ッ!!」
221:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:39:42ID:zKLZOfvZg
のび太「ど、どうして!?」
王「……それは……」
のび太「――やっぱり、禁忌を破った人は、殺すからですか!?ドラえもん達を、処刑するからですか!?」
王「……」
のび太「……」
王「……貴様は、何を言っておる」
のび太「……え?」
王「確か、ついさっきも……いや、正確には、ついさっきのお前だったな。その時も、同じようなことを言っておったな……」
のび太「……どういうことですか?」
王「確かに、現世の人間がこの世界に迷い込んだり、連れて来られることもある。……だが、儂らはそういう輩は、記憶を消してから現世へ戻しておる」
のび太「――ッ!?」
223:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)21:51:24ID:zKLZOfvZg
王「違う世界の人間がここに来ることは、確かに禁忌ではある。だが、だからといって、無暗に殺すことはしない。
こちらの世界に自ら来れるはずもない上に、その者達に悪気があろうはずもない。何せ、この世界を知らないはずだからな。
そのような者を、処刑などするはずもなかろう」
のび太「そ、そんな!!」
王「……そして貴様らは、自らこの幽界から出ていき、現世に戻った。儂らが一度現世に戻った者を、わざわざ連れ戻したりもしない。それこそ、幽界の長たる儂自らが、禁忌を破ることになるからな。
――つまりは、儂は貴様の仲間のことなど捕えはしていない。捕えていないからこそ、仲間を返して欲しいという貴様の願いは聞き入れることは出来ぬ」
のび太(……そう言えば、確かにこの城の兵士や王は、一度も僕らを“殺せ”とは言っていない。“捕えろ”としか……勘違いだったのか?)
王「……」
のび太(だったら、どうして僕らは捕まったら殺されると思ったんだろう。……そうだ。確か、“あの人”がそう言ったからだ……だから、僕達は……)
のび太「……それじゃあ、ドラえもん達は、いったいどこに……」
王「……おそらくは、“貴様らを惑わした者”のところだろう。その者こそ、貴様の仲間を攫った張本人。……その理由は、だいたい見当がついておるがな……」
のび太「僕らを……惑わした者……。―――まさか……!!」
王「――レイのところだ……」
のび太「―――ッ!!」
226:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)22:03:05ID:zKLZOfvZg
〜某所〜
ドラえもん「――僕らがここに捕まって、どのくらい経っただろう……」
スネ夫「さあね……時計もないし、分かんないよ……」
ジャイアン「ドラえもんの道具さえ使えれば、こんなところ……」
ドラえもん「ごめんね。ここも、城と同じ空間が満ちてるみたいなんだ。ポケットは使えないよ……。
――でも、キミが無事で良かったよ。しずかちゃん……」
しずか「――ありがとう、ドラちゃん……」
スネ夫「まさか、しずかちゃんがこんなところに捕まってたなんて……」
しずか「城で牢屋から出た後、剛さん達とはぐれた時に連れ込まれたの……」
ジャイアン「クソ!!一体、誰がこんなことを……!!」
???「――気分はどうだ?」
スネ夫「――ッ!?だ、誰!?」
???「……久しぶりというには、些か時間が空いてはいないな……」
ドラえもん「き、キミは……!!」
レイ「……」
しずか「レ、レイさん……!!」
227:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)22:06:28ID:zKLZOfvZg
ジャイアン「何でアンタがここに……!?」
レイ「キミは鈍いな。そんなの、決まってるだろう……」
ドラえもん「――ッ!!ま、まさか!!僕らを攫ったのは、キミの仕業か!!」
レイ「……」ニヤリ
スネ夫「そ、そんな……敵だったなんて……」
しずか「どうして……どうしてこんなことを……!!」
レイ「……つまらない話ではあるがな。それでも、キミ達には、それを聞く権利があるだろう。
――私は……」
228:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)22:18:18ID:zKLZOfvZg
〜城〜
王「――レイは、最近この世界に来たばかりなのだ」
のび太「レイさんが?」
王「そうだ。……儂は、この世界に来た者の過去が分かる。何を思い、何をもって死したのかが、全部な……。
――奴の場合、他の者とは少しばかり一線を画するほどの、辛いことがあったのだ……」
のび太「……」
王「奴の死に際に何があったのか……それは、儂の口から軽々しく語れるものではない。
……だが、奴は地獄を見たのだ。現世とは思えぬ、幽界が極楽浄土のように思えるほどの地獄をな……」
のび太「……」ゴクリ…
王「人としての尊厳は踏みにじられ、この世の終焉を迎えるほどの絶望と恐怖……逃げ出すことの出来ない、どこまでも深い深い闇の奥深く……奴は、そのようなところで死を迎えた。
一切の希望も光も見えず、誰にも救われず、暗く淀んだ欲望、快楽、狂気が入り混じる空間で、非業の死を遂げたのだ……」
のび太「そ、そんなに……」
王「坊主の貴様には、想像も出来ぬことだ。……いや、想像してはならないだろう。仮にその場を貴様が目撃したのなら、貴様の心は壊れてしまう。
――それほどの無残な死に目……そう言えば、あらかた理解できるだろう……」
のび太「……」ブルブル……
230:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)22:24:53ID:zKLZOfvZg
〜某所〜
レイ「――そして私は、この世界に来た。通常、この世界に来た時は、現世の記憶はほとんど失っている」
ドラえもん「……」
レイ「……でも私は、全てを覚えていた。恐怖や絶望が、魂にまで刻まれていたんだよ……」
スネ夫「……」
レイ「そして私は思った。あんな人生が、私の人生だったなんて嫌だって。出来ることなら、全てをやり直したい。もう一度、あの光に満ちた世界で生きたい……とな……。
――そんな矢先、私はとあるものを見つけた」
ジャイアン「……何をだよ……」
レイ「――禁呪の秘法だよ……」
しずか「禁呪の……秘法?」
レイ「霊体の力を極限まで向上させ、あらゆる世界の理を超越し願いを叶えると言われている術のことだ」
ドラえもん「そんなものが……」
レイ「あまりに強大な力であるが故、封じられていたんだ。私がそれを見つけたのは、まったくの偶然だよ……」
234:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/23(火)23:31:35ID:zKLZOfvZg
レイ「それは、私にとって、革新的な発見だったよ。諦めていたことが、目の前に、手の届くところにきたんだ。
――私はすぐに、秘法を使った。そして使い魔として召喚されたのが―――」
――ドオオォォン!!
しずか「――ッ!?な、なに!?」
スネ夫「何かが壁を突き破って入ってきた!?」
ジャイアン「あれは……!!」
ドラえもん「お、大きなスカル!?」
スカル「ウヲオオオオォォォォンン!!!」
レイ「……そう、この子だよ……。この子は、私の力の源なんだ……」
248:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)18:01:54ID:q1ls64iQf
ドラえもん「……僕らを、どうするつもりだ!?」
レイ「……私はな、もう一度やり直すんだ。生命を、人生を……」
ドラえもん「つまりは、蘇生するってこと!?そんなの、不可能だよ!!
人は死んだら生き返らない!どれだけ化学が進んでも、それだけは変わらない!キミが言っていることは、世界の――命の理を、全て否定していることになるんだよ!?」
レイ「それが出来るんだよ。禁呪の秘法には、死した魂に再び肉体を与える術がある。――そのためには、生きる人間の、新鮮な魂が必要なんだよ」
スネ夫「ま、まさか……!!」
しずか「それって、私達!?」
レイ「……キミ達には、すまないと思っている……」
ジャイアン「じょ、冗談じゃねえぞおおおお!!」
251:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)18:20:07ID:q1ls64iQf
レイ「必要な魂は3つ……キミ達と知り合えたのは、本当に幸運だった。……いや、それこそ、私の運命なのかもしれないな」
ジャイアン「――残念だったな!!ドラえもんはロボットだぜ!!」
しずか「そうよ!だから、ドラちゃんだけでも解放してください!」
スネ夫「そ、そうだぞ!解放しろ!!」
ドラえもん「み、みんな!?」
レイ「……ドラえもんが人ではないのは分かっている。だが、彼がいたのでは色々と邪魔になるのでな。そこに捕えておく」
しずか「……じゃあ、もし私達のことが終わったら、解放してくれますか!?」
レイ「……そうだな。ドラえもんを捕える理由もなくなるから、それは約束しよう」
しずか「……ありがとうございます……」
ドラえもん「み、みんな……どうして……」
ジャイアン「……ドラえもんには、いつも助けてもらってばかりだからな……」
しずか「こんなことでしかお礼が出来ないけど……」
スネ夫「ドラえもんだけでも、無事にならないとね」
ドラえもん「み、みんなー!本当にゴメン!ポケットが使えたら……!!」
252:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)18:43:23ID:q1ls64iQf
レイ「……のび太は捕まえることは出来なかったが……まあ、それはいいだろう……。儀式の時間まで、まだ少しある。最後の会話でも、しているといい……」
ツカツカ…
ドラえもん「……」
ジャイアン「……」
スネ夫「……」
しずか「……」
ドラえもん「……みんな、本当にゴメンね……」
ジャイアン「それはいいって。……それにしても、なんとか脱出出来ないだろうか……」
スネ夫「それは無理だよ……とても、出られそうにないし……」
しずか「諦めるのは早いわよ。――まだ、のび太さんがいるじゃない」
スネ夫「しずかちゃん……期待しない方がいいよ。だって、前にのび太がこっちに来たのも、ドラえもんのおかげだし……」
ジャイアン「――いや、のび太ならきっと来るさ!!こういう時のあいつは、頼りになるんだ!!」
ドラえもん「普段は、全然頼りないけどね」
しずか「フフフ……そうね……」
しずか(……のび太さん。私、待ってるから。のび太さん……)
255:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)19:20:07ID:q1ls64iQf
〜玉座の間〜
のび太「――こうしちゃいられない!!」ダッ――
王「――待て」
のび太「―――ッ!」――キキィッ
王「……どこに行くつもりだ?」
のび太「決まってるだろ!?みんなのところに行くんだよ!」
王「無駄だ。お前が行ったところで、どうすることも出来ん」
のび太「そんなの、分からないじゃないか!僕には、この道具があるんだ!!」
王「何を持っていようが、奴に傷一つ付けることは出来ない。奴は、高密度の力の結晶体……生半可な攻撃では、何の効果も得られない」
のび太「そ、そんな……」
256:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)19:30:07ID:q1ls64iQf
のび太「なら……どうすれば……」
王「対抗手段がないわけではない。儂ならば、奴の力を封じることも出来る」
のび太「だったら!一緒について来てください!!」
王「それは無理だ」
のび太「どうして!?」
王「儂は、この世界の統治者。儂が世界の中心たるこの城にいることで、幽界を漂う力は均等なものとなっておる。儂がこの場を離れれば、世界のバランスは壊れ、崩壊につながるかも知れぬ」
のび太「……!!」
王「……」
のび太「……」
王「……儂が出向くことは出来ないが、貴様の手助けくらいであれば出来る」
のび太「―――え?」
王「奴の存在は、儂にとっても懸案すべきことなのだ。……本来であれば、兵士長に命じるところではあるが……“誰か”が、打ち取ってしまったからな……」
のび太「……」
王「……まあよい。貴様が兵士長の代わりを務めるのであれば、同じことだ」
のび太「――やります!僕が、やってみます!!」
王「……それならば、さっそく準備に取り掛かるぞ。まずは――――」
260:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)21:04:37ID:q1ls64iQf
〜某所〜
カツカツ…
レイ「――さて、そろそろ時間だ……」
ドラえもん「……!!」
ジャイアン「くそ!のび太の奴、間に合わなかったか……!!」
スネ夫「もうダメだ!!ママー!!」
しずか「の、のび太さん……!!」
レイ「……重ねて言う。キミ達には感謝している。それと同時に、悪かったとも……。蘇生術は、私のワガママだ。そのワガママに、キミ達を巻き込むことになることが心苦しくなる……」
スネ夫「だったら止めればいいでしょ!?僕達、何も関係ないのに!!」
レイ「その通りだ。キミ達は、何も関係ない。……だが、それでも私は生き返りたい。もう一度生き返って、光の中を歩きたい……」
ドラえもん「他人を犠牲にして、手に入る願いなんて間違ってるよ!!」
レイ「……そうかもしれない。いや、私はおそらく間違ってるんだろう。だが、間違ってるとしても、私の意志は変わらない。これは、私の希望なんだ……」
しずか「……あなたに希望があるように、私達にも希望があります!未来があります!夢があります!そんな私達の希望は、どうすればいいんですか!?」
レイ「……キミ達の夢も希望も、全て私が引き受けよう。もちろん、業も……」
261:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:01:21ID:q1ls64iQf
レイ「――話も、そろそろ終わりにしようか……。――スカル、おいで……」
ヒタヒタ…
スカル「……グルルルルル……」
しずか「――ッ!!」
レイ「スカルは、幽界において伝説とされる獣の神――“妖浪”。妖浪が御霊を喰らい、私の肉体の糧となる……」
スカル「グルルルルル……」
スネ夫「い、嫌だあああああ!!」
ジャイアン「くそおおお!!出せええ!!出せえええええ!!」ガンガンガンガン…!!
レイ「その檻は壊れん。私の力で作り出したものだからな……」
ドラえもん「な、なんとかしないと……!!」ゴソゴソ…!!
―――バチチチチチチチチ…!!
ドラえもん「ぎやああああああ……!!」―――バタン
しずか「ど、ドラちゃん!!」
ドラえもん「……ぼ、僕なら大丈夫……みんな、絶対助けるから……!!」ゴソゴソ…
―――バチチチチチチチチ…!!!
ドラえもん「…………!!!」―――バタン
スネ夫「もう止めてよドラえもん!!壊れちゃうよ!!」
ドラえもん「うぅ……うぅ……」……ムクリ
ジャイアン「ドラえもん!!もういいんだよ!!お前まで壊れちまうだろ!!」
ドラえもん「み、みんな……助ける…から……」
しずか「もう止めてドラちゃん!!もう止めてよ!!」
262:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:01:44ID:q1ls64iQf
レイ「……すまないな……。………―――喰らえ!!妖浪!!」
スカル「――ウヲオオオオォォォォンン!!!」ダダッ!!
ジャイアン「―――ッ!!」
スネ夫「―――ッ!!」
しずか「―――ッ!!」
ダダダダッ!!
???「――待て!!!」
スカル「―――ッ!?」
―――ザシュン!!
スカル「ガアアアアア!?」
ザザッ
レイ「―――ッ!?妖浪の顔に傷を入れただと!?――誰だ!!」
???「………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ…
スネ夫「よ、鎧武者!?誰!?」
ジャイアン「よく見ろ!!あの顔をよ!!」
しずか「あ、あれは……!!」
のび太「………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ…
ジャイアン「――のび太ー!!」
スネ夫「――のび太ー!?」
しずか「――のび太さん!!」
265:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:21:31ID:q1ls64iQf
レイ「……のび太か……お前、その姿は……」
のび太「………」
タタタタタ…
のび太「――みんなごめん。ちょっと、遅くなっちゃった」
スネ夫「そ、そうだぞ!のび太のくせに!――のび太のくせに!!遅いんだよ!!ハハハ!!」
ジャイアン「心の友ー!!いや、心の親友だー!!」
のび太「もう、調子いいなぁ……」
しずか「……のび太さん……」
のび太「しずかちゃん……ごめん、待たせたね」
しずか「ううん……!私、信じてたから!のび太さんがきっと来てくれるって、信じてたから……!!」
のび太「うん。……ドラえもん?大丈夫?」
ドラえもん「う、ううう……。――はっ!!の、のび太くん!?」
のび太「ドラえもん。助けに来たよ」
ドラえもん「の、のび太くん……!!」
のび太「もう……そんなに泣かないでよ……」
266:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:29:18ID:q1ls64iQf
のび太「――みんな、ちょっと離れてて。すぐに出すから」
レイ「――それは無理だ、のび太」
のび太「……!」
レイ「その檻は、私の力で作っている。お前程度の力で、どうにか出来るものでは―――」
のび太「――それは……どうかな!!」
――ザシュン!!
――――スパン!!
ガラガラガラ…!!
レイ「――ッ!?檻を切り裂いただと!?」
のび太「……みんな!今のうちに……!!」
ジャイアン「お、おお!!」
――ダダッ!!
のび太「……」
レイ「……これは驚いた……。まさか、私の檻を斬ってしまうとはな……。お前、いったい何をした?」
のび太「……」
268:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:37:06ID:q1ls64iQf
〜玉座の間〜
王『――まずは、お前に封魔の力を授ける』
のび太『封魔の力?』
王『そうだ。先ほども言ったが、レイには生半可な攻撃をしても無駄だ。戦うには、奴の力を封じ込めながら立ち回る必要がある』
のび太『どうすれば?』
王『簡単なことだ。――貴様のその刀に、儂の骨の一部を融合させる。それにより、貴様も儂の力の一部を使役することが出来る。
その刀で奴の力を切り裂けば、その刹那に斬撃部分から奴の力を封じ込める。つまりは、斬撃と封印を同時に行うことになる。
それにより、奴にも効果的に攻撃することが出来るだろう』
のび太『それって……つまりは、この電光丸じゃないと攻撃出来ないってこと?』
王『平たく言えばその通りだ。――その刀は、儂が出向けない以上、この世界……いや、現世と幽界の中で、今のレイに対抗しうる唯一無二の武器だ。大切に扱うがいい』
のび太『……』ゴクリ
269:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:56:35ID:q1ls64iQf
〜某所〜
のび太「この刀があれば、レイさんの力を斬ることが出来ます。――レイさん、もう止めましょう」
レイ「……フフフ……キミは、優しいな。こうなっても、そんな目で私を見ることが出来るなんてな……」
のび太「……」
レイ「――だが、私は諦めるつもりはない。そして、斬られるつもりもな……。……――スカル!!」
スカル「ウヲオオオオォォォォンン!!」―――ギュウウゥゥゥゥン
のび太「――ッ!?スカルの体がレイさんに巻き付き始めた!?」
――ガシャンガシャンガシャン……
レイ「……これは、妖浪の力を、直接私が使うための姿だ……」
のび太「れ、レイさんも、鎧を……!!それに、その手の刀は……!!」
レイ「ああ。中々の長さだろ?だが、これは私の手足そのもの……見た目以上に、太刀筋は早いぞ?」
のび太「……!!」
レイ「……そしてな、のび太。私の剣技は、お前の想像以上のものだぞ?何せ私は、牛角に勝ったのだからな」
のび太「――ッ!?牛角さんに!?」
レイ「兵士長である牛角は、これまで二度負けている。一度目は幽界の王に……そして二度目は、この私だ……」
のび太「……!!」
270:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)22:56:44ID:q1ls64iQf
レイ「そうは見えないだろ?――だが、事実だ。そして、この鎧を身に纏った私の能力は、段違いだと思え――!!」ダダッ――
―――ビュン!!
のび太「――ッ!?目の前に――!!」
のび太(は、速い――!!)
レイ「早々に終わらせてもらうぞ!!」
――ブオォン!!
のび太「―――ッ」
――――ヒュン!!
レイ「―――ッ!?消えた!?」
――ザッ
のび太「――レイさん!!」
レイ「―――ッ!!」
ブオオオオン!!
――――ガキイイィィィンン!!!
のび太「―――ッ!」
レイ「チィッ!!」
ザザッ――
のび太「……」
レイ「……お前のその力は、人のそれとはかけ離れすぎているぞ……いったい、どうして……」
のび太「……」
271:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)23:04:15ID:q1ls64iQf
〜玉座の間〜
王『――次に、貴様にこれを与えよう……』
―――ズズズズ……ガシャン
のび太『……鎧?』
王『これも、儂の骨で精製されておる。並の攻撃なら、ほとんど無効化出来る』
のび太『……でも、こんな重いもの、僕には使えません』
王『按ずるな。これは、見た目以上に凄まじく軽い。そしてこの鎧には、使う者の能力を極限まで高める効果もある。
大地を駆ければ風となり、大地を蹴れば空を昇る。振るう腕は岩をも砕き、いかなる物も持ち上げるほどの怪力……子供のお前とて、超人の如き力を発揮することが出来るだろう』
のび太『へえ……スーパーマンになれるんだ……』
王『……だが、体にかかる負担は大きい。長時間になれば、下手すれば肉体は崩壊するぞ』
のび太『え゛――ッ!?』
王『あくまでも使い過ぎた場合だ。……だが、用心はしておけ―――』
272:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)23:12:53ID:q1ls64iQf
〜某所〜
ザザッザザッ
――キィーンキィーンキィーンキィーン…!!
ザザッザッ
――ガキイイィィィンン
ザッ
のび太「はあ……はあ……」
レイ「はあ……はあ……」
のび太「……やっぱり、あっさりはやられてくれないんだね……」
レイ「……のび太こそ、ここまでやるとは思わなかったぞ……」
のび太(極限まで上がった身体能力に、名刀雷光丸の力……ここまで揃ってるのに、中々勝負がつかないなんて……レイさん、凄い……)
レイ「……のび太、あくまでも私を止めるというのだな……」
のび太「当たり前だよ!!みんなを生贄にするなんて……絶対ダメだ!!」
レイ「ならば……私を斬ってみせろ!!」ダッ――
のび太「斬るのが目的じゃない!!――レイさんを、止めるのが目的だ!!」ダッ――
273:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)23:18:29ID:q1ls64iQf
レイ「――うおおおお!!」
ビュオオン!!
のび太「―――ッ」
ガキッ――ガガガガガ…
レイ「い、往なしただと!?」
のび太「レイさん!!」
ビュオオン!
レイ「―――ッ!?」ダンッ!
―――ザシュン!
レイ「ぐっ……!!」
ザザッ
のび太「……」
レイ「はあ……はあ……まさか、私が先に斬られるとはな……」
のび太「……あなたは、僕には勝てませんよ……。僕は、みんなのために負けられないんです。背負う想いの数は、僕の方が上なんです……!!」
274:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/24(水)23:22:38ID:q1ls64iQf
ジャイアン「……す、すげえよのび太……」
スネ夫「う、うん……レイさんを、押し始めてる……!!」
しずか「……でも、レイさんもこのくらいじゃ諦めないと思うわ……」
ドラえもん「うん……油断しないで、のび太くん。―――――ん?」
ジャイアン「ん?どうしたんだ?」
ドラえもん「い、いや……ここに、僕の道具があったから……なんでだろう……」
スネ夫「たぶん、のび太が持って来たんじゃないか?スペアポケットで……」
ドラえもん「あ、なるほど……んん!?」
しずか「ドラちゃん?どうかした?」
ドラえもん「こ、これは……!!」ワナワナ…
ジャイアン「その銃が、どうしたんだよ……」
ドラえもん「……これがあれば、きっとレイさんにも……!!」
275:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)00:09:32ID:FaoTQ5cT8
レイ「……のび太……私も、負けられないんだよ……負けられないんだ!!」
のび太「……」
レイ「あんな惨めな最後は嫌だ……!!あんな苦しい最後なんて嫌だ……!!私はもっと……生きたかった!!だから……!!」
スカル「……オオオオオオオオオオオ……」
レイ「――ッ!?な、なに!?」
スカル「――オオオオオオオオ……!!!」
のび太「鎧が――雄叫びを!?」
レイ「スカル!!どうしたスカル!!――――ッ!!こ、これは……!!」
のび太「レイさん!?」
レイ「な、何かが……何かが、私の中に入って来る!!私の中に……!!」
のび太「―――ッ!?」
276:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)00:15:43ID:FaoTQ5cT8
レイ「うぅ……!!く、暗い!!暗いよ!!こんなところ嫌だ!!私は、光の中にいたい!!
だから入って来るな!!私は、私でいたいんだ!!入って……来るなアアアア!!」
のび太「レ、レイさん……!!」
レイ「……ああああアアアアあああアアアアアア……!!!」
のび太「レイさん!!」
レイ「……た、助け……」
のび太「―――ッ!?」
レイ「たスケて……タス…けテ……」
のび太「レイさああああん!!!」
――ウゴゴゴゴゴゴ……!!
のび太「――ッ!?きょ、巨大化!?」
???「――ヲアアアアアアアアアアア……!!!」
のび太「レイさんが……巨大な骸骨の武者に!?」
278:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)00:34:05ID:FaoTQ5cT8
骸「ヲオオオオオオオ……!!」
のび太「そ、そんな……!!レイさんは……!?」
骸「……ウウウウ……」ギロリ
のび太「―――ッ!?」
骸「――ウヲオオオオォォォォンン!!」
――ゴオオォォォ!!
のび太「―――ッ!?速―――!!」
――ガキャィイイン!!
のび太「うわああ……!!」
ズザザザザザザ…!!!
のび太「……うう……」
のび太(なんて攻撃だ……!!とても受けきれない……!!)
骸「ウヲオオオオオ!!」ダダッ
のび太「――ッ!!くそっ!!」ダッ
――ザシュン!!
のび太(これで……!!)
骸「――――」ギロリ
のび太(――ッ!?き、効いてない!?)
骸「ウヲオオオオオ!!」
――ゴオオォォォ!!
――ドキャッ!!
のび太「ぐわっ!!」
ズザザザザザザ…!!!
のび太「……!!」
のび太(体中が痛い……!!でももし、この鎧を着ていなかったら……危なかった!!)
280:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)00:44:01ID:FaoTQ5cT8
骸「ウヲオオオオォォォォンン!!」
のび太「――ッ!僕だって――!!」ダッ――
――シュン!!
のび太(背後に回った!!これで――!!)
骸「―――」ギロリ
のび太「―――ッ!?」
――ゴオオォォォ!
――バキィィッ!!
のび太「がっ――はっ――!!」
ズザザザザザザ…!!!
のび太「……うぅ……」
のび太(動きが見切られている……!!これじゃあ……勝てない……!!)
骸「――ウヲオオオオォォォォンン!!」ダッ――
のび太「――ッ!?く、来る―――!?」
骸「ウヲオオオオオ!!」
のび太「―――ッ!!」
???「――待て!!」
骸「―――ッ!?」ズザザッ
のび太「―――え?あ、あれは……!!」
ドラえもん「……」
ジャイアン「……」
スネ夫「……」
しずか「……」
のび太「み、みんな!!――って、みんな何で僕と同じ鎧を着てるの!?それに、刀まで!!」
281:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)00:51:08ID:FaoTQ5cT8
ドラえもん「……この銃は、キミが持って来たんだろ?」
――スチャ
のび太「そ、それは……うん。僕が持って来たんだけど……何に使うかは分からなくて……」
ドラえもん「……これはね、“着真似光線銃”って言うんだ。これを人に向けて照射すると、使った人はその人と同じ格好になれる道具なんだよ」
のび太「同じ格好って……もしかして、僕を!?」
ドラえもん「うん!みんな、キミの格好を真似させてもらったよ!!」
ジャイアン「お前ばっかり、カッコつけさせるかよ!!」
スネ夫「僕らだって、活躍したいんだよ!!」
しずか「のび太さん……みんなで、戦いましょう!!」
のび太「み、みんな……!!」
骸「……ウウウウウウウ……」
ドラえもん「行くよレイさん!!――こっからは、僕達が相手だ!!」
287:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)11:40:08ID:dUnI5UDeI
ドラえもん「――行くよみんな!!」
一同「おお!!」
ダダダッ!!
骸「――ヲオオオオオ!!!
――ゴォォオオ!!
しずか「斬撃!?危ない!!」
ジャイアン「俺に任せろ!――ドルゥリャァアアア!!」
ブォォオオオンン!!
――ガキィィィイイインンン!!!
骸「ガ――ッ!?」
スネ夫「さっすがジャイアンの馬鹿力!!弾き反した!!」
しずか「体勢が崩れてる――!!のび太さん!!」
のび太「――うん!!」
ダダダダダ…!!
ダダダダダ…!!
骸「――ッ!?」
のび太「うああああ!!」
しずか「ええええいぃ!!」
――ズバズバンッ!!
骸「ガッ――!?」
ドラえもん「やった!効いてるよ!!」
288:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)11:40:39ID:dUnI5UDeI
ドラえもん「よぉし!!僕だって!!」
ダダダダ―!!
骸「――!!ウヲオオオオ!!」
――ゴォォォオオオ!!!
ドラえもん「――ッ!?あわわっ――!」
ジャイアン「――やらせるかよ!!」
ブォォオオオンン!!
――ガキィィィイイインンン!!!
ジャイアン「ドラえもん!!」
ドラえもん「ありがと!!――それえええ!!」ダッ―!!
――ザシュン!!
骸「ガアアア――!!」ヨロヨロ
スネ夫「――ッ!顔を斬られたらよろけた!?――みんな!顔だよ!顔が弱点だ!!」
ジャイアン「本当か!?――よし!」
ドラえもん「みんな!散開しながら、顔に集中攻撃だ!!」
一同「――おおー!!!」
290:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)12:49:22ID:dUnI5UDeI
ザザザザ…!!!
ザザザザ…!!
――ズバズバン!!
――ガキィィィイイインンン!!!
ザザッ
ドラえもん「はあ……はあ……」
のび太「はあ……はあ……」
しずか「はあ……はあ……」
ジャイアン「はあ……はあ……くそ……なんてタフなんだよ……」
スネ夫「はあ……はあ……ね、ねえ、なんだか体が重くない?」
ジャイアン「い、言われてみれば……」
ドラえもん「た、たぶん、この鎧のせいだと思う。これは、身体能力を向上させるものみたいだから、負担も大きいんだと思う」
のび太「幽界の王も、そんなこと言ってたよ……」
しずか「じゃあ、早く決着をつけないと……」
ドラえもん「うん。僕らの方がもたない。――みんな、もう一踏ん張りだよ!!」
一同「おおお!!」
293:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)13:40:03ID:dUnI5UDeI
ドラえもん「――みんな!決めるよ!
のび太「うん!」
しずか「ええ!」
スネ夫「や、やってやろうじゃん!」
ジャイアン「うおお……!燃えてきたぜ!!」
ダダダダダ―!!
ドラえもん「僕は右腕!!しずかちゃんは左腕!!ジャイアンは右足!!スネ夫は左足!!
――それぞれに、同時攻撃だ!!」
4人「おお!!」
ドラえもん「――のび太くん!!跳んで!!」
のび太「わかった!――えいっ!!」ターン―!!
294:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)13:46:42ID:dUnI5UDeI
ダダダダダ――!!!
骸「――ウヲオオオオ!!」
――ゴォォォオオオ!!!
しずか「攻撃!!来るわ!!」
ジャイアン「俺に任せ――!!」
ドラえもん「ダメだジャイアン!!受けずに躱すんだ!!今は、攻撃に集中しよう!!」
一同「おお!!」
ブォォオオオンン――!!
ジャイアン「おおっと!」ヒラリン
スネ夫「当たんないよ!」ヒラリン
しずか「残念だったわね!」ヒラリン
ドラえもん「よいしょっ!」ヒラリン
ダダダダダ―!!!
ドラえもん「――行くよおおお!!」
ダッ――
ダッ――
ダッ――
ダッ――
ドラえもん「それえええ!!」
しずか「ええええいぃ!!」
スネ夫「このおおお!!」
ジャイアン「どっせえええい!!」
――ザザザザシュンンッ!!!!
骸「ガアアアアア……!!」――ヨロッ
295:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)13:47:17ID:dUnI5UDeI
ドラえもん(――ッ!!よろけた!!――今だ!!)
ドラえもん「――のび太くん!!」
しずか「――のび太さん!!」
スネ夫「――のび太!!」
ジャイアン「――いっっけぇぇええええ!!!」
――キィィィィィン!!
のび太「――レイさああああああんんッ!!」
――ザシュゥゥゥゥンン!!!!
骸「ガアアアアアアアアアアアア……!!!」
ドラえもん「や、やったぁ!顔に直撃だ!!」
骸「…………」ヨロヨロ
――ズシィィィンン!!!
のび太「はあ……はあ……や、やったの……?」
296:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)13:53:53ID:dUnI5UDeI
しずか「……動かないみたいね……」
スネ夫「う、うん……」
ジャイアン「……って、いうことは……!!」
ドラえもん「――うん!!僕達、勝ったんだよ!!」
3人「やったあああああ!!!」
のび太「はあ……はあ……」
ドラえもん「――のび太くーん!」
のび太「……み、みんな……」
ジャイアン「のび太!俺達、勝ったんだぞ!!」
のび太「うん……うん……!!」
スネ夫「悔しいけど、お前のおかげだよ!」
しずか「のび太さん、かっこよかったわよ!」
のび太「え、えへへ……」
骸「……」グォォン……
ドラえもん「…………ん?」
297:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)14:00:14ID:dUnI5UDeI
スネ夫「ドラえもん?どうかした?」
ドラえもん「う、うん……今、骸の目が光ったような……」
ジャイアン「気のせいじゃねえの?」
ドラえもん「そ、そんなことは……」
しずか「――ッ!!み、みんな!!」
のび太「え?――うわっ!!」
骸「……」キィィィィィィィィィン……
スネ夫「あ、頭が光ってる!?」
ジャイアン「な、何だよあれ!!」
――カッ!!!!
ギュォォォォォォォォォ……!!!!
ドラえもん「う、うわ!光に、吸い寄せられる!?」
スネ夫「す、凄い力だ……!!」
ドラえもん「みんな!!急いで何かに掴まって!!」
のび太「わ、わかった!」
ガシッ
ガシッ
ガシッ
ガシッ
ガシッ
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
298:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)14:07:57ID:dUnI5UDeI
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
しずか「……!!」
スネ夫「な、なんなのぉぉ!?」
ジャイアン「倒したんじゃないのかよ!」
のび太「ドラえもん!!なんなのこれ!!」
ドラえもん「お、おそらく、エネルギーの逆流だよ!」
ジャイアン「逆流!?」
ドラえもん「さっきまでそこにあった物凄いエネルギーが突然消滅したから、空間がそれを補填するために、手当たり次第に何かを吸収してるんだよ!!」
スネ夫「つまり、小型のブラックホールってこと!?」
ドラえもん「そ、そんなとこ!!あれに飲まれたら、一貫の終わりだよ!!」
ジャイアン「じょ、冗談じゃないぜ!!」
のび太「うわあああ!!」
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
299:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)16:31:29ID:dUnI5UDeI
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
ドラえもん「み、みんな頑張って!たぶん、長くは続かないと思うから!」
スネ夫「た、たぶん!?」
ドラえもん「そう!たぶん!」
ジャイアン「曖昧だな」た大丈夫なのかよ!
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
のび太「……うくっ……うぅ……!!」
――ケテ――
のび太「――ッ!?なんだ!?」
――タスケテ――
のび太「こ、声が聞こえる……!!――ドラえもん!!」
ドラえもん「なぁに!?」
のび太「声が聞こえる!光の中から、声が聞こえるよ!!」
スネ夫「そんなわけあるか!だってあそこは――!!」
――タスケテ――
しずか」な、なに!?
ジャイアン「お、俺にも聞こえたぜ!“タスケテ”って!!
ドラえもん「いったい、誰が――!!」
――ダレカ……タスケテ――
のび太「――ッ!こ、この声――レイさんだよ!!」
301:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)18:24:12ID:ITciEm7Ro
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
ドラえもん「レイさんだって!?」
のび太「うん!間違いないよ!――助けなきゃ!!」
しずか「助けるって、どうやって!?」
のび太「そ、それは……!!」
ドラえもん「それは無理だよ!あの光の中は、凄まじいエネルギーの渦なんだよ!?あんなところに入ったら、どうなるかわかったものじゃない!!」
のび太「で、でも……!!」
ジャイアン「放っておけよ!!レイさんは、敵なんだぞ!?」
スネ夫「そうだぞ!僕らを殺そうとしたんだ!そんな奴、助けることなんてないんだよ!!」
のび太「……!!」
ドラえもん「――のび太くんの気持ちは分かる!だけど!どうしようもないんだよ!!」
のび太「……」
のび太(……そうだよ。レイさんは敵なんだ……。そして、助ける方法もない……。
――どうしようも、ないんだ……)
のび太「……そ、そうだね。どうしようも――」
――タスケテ……ダレカ……!!――
のび太「――ッ!!やっぱり、そんなのダメだ!」
バッ―!!
ドラえもん「の、のび太くん!?」
――ゴォォォ…!!
スネ夫「あ!!のび太が、渦の中に!!」
しずか「そんな――!!のび太さん――!!」
ジャイアン「バッキャロおおおおおお……!!!」
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
305:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)19:30:30ID:ITciEm7Ro
〜光の渦〜
レイ「……」
レイ(――真っ暗……か……)
レイ(また、こんなところか……。いったい、どこで間違えたんだろう……)
レイ(これが、生きるものを犠牲にしようとした報いなのかもしれない)
レイ(皮肉な話だね。光の中をもう一度生きたいと願ったのに、私はまた、黒よりも暗いところにいる……)
レイ(……もういい。疲れた……)
レイ(声を出しても、誰も聞いてくれない。手を伸ばしても、誰も握り返してくれない……)
レイ(生まれて、死んで、その後も……私は、一人――)
???「――レイさん!!」
レイ「…………え?」
???「よ、よかった……やっと見つけた……。もう、渦にもみくちゃにされて、死ぬかと思った……」フラフラ…
レイ「――の、のび太!?どうしてこんなところに!?」
のび太「……そんなの、決まってるよ。――一緒に帰ろうよ、レイさん……」
306:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)19:40:04ID:ITciEm7Ro
のび太「……それにしても、光の中なのにずいぶん暗いね……。でも、なんのうねりもない……」
レイ「え?あ、ああ、ここは渦の中心だからな。台風の目みたいなものなんだよ。光も全部外側にあるし暗いんだ」
のび太「へ〜……」
レイ「……って!そうじゃなくて!!」
のび太「へ?」
レイ「なんでキミがこんなところにいるんだ!?ここに来るというのが、どういうことなのか分かってるのか!?」
のび太「……ええと……」
レイ「……もしかして、何も分からずに来たのか?」
のび太「……え、えへへ……」
レイ「……はぁ……キミって奴は……何もわからないのに、なんで飛び込んだんだ……」
のび太「……レイさんの、声が聞こえたから……」
レイ「……え?
のび太「助けてって、言ってたんでしょ?だから来たんだ」
レイ「……聞こえて、いたのか?」
のび太「うん。ちゃんと」
レイ「……そう、か……聞こえてたのか……。……キミは、本当にお人好しだね」
のび太「そ、そうかなぁ……」
レイ「ああ。お人好しだ。呆れるくらいに。――そして、とても優しい……」
307:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)19:51:35ID:ITciEm7Ro
のび太「さて……どうしようかな……」
レイ「……のび太、ここはな、渦巻くエネルギーの中心だ。渦は際限なくうねり、辺りのものを次々と飲み込んでいくんだよ」
のび太「際限なくって……どうやったら止まるの?」
レイ「容易くは止めることは出来ない。――ただ、一つだけ方法がある」
のび太「……それは?」
レイ「渦とは逆の流れのエネルギーを作ることだよ。そうすれば、光の渦は消滅する」
のび太「――それじゃ、さっそく――!!」
レイ「――だけど、ここを取り巻くエネルギー量は、莫大なものだ。それに対抗しうるエネルギーなど、そうそうあるものじゃない」
のび太「……そ、そんな……」
レイ「……」
のび太「……」
308:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)19:55:43ID:ITciEm7Ro
レイ「……のび太、現世に帰りたいか?」
のび太「あ、当たり前だよ……」
レイ「帰って、お前はどうしたい?何をするんだ?」
のび太「い、今はそれどころじゃ――!」
レイ「――いいから。答えてほしい」
のび太「……」
レイ「……」
のび太「……昼寝……かな」
レイ「ひ、昼寝?」
のび太「うん。好きなんだ、昼寝」
309:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)20:01:16ID:ITciEm7Ro
レイ「もっと他にあるだろ?夢とか、希望とか」
のび太「ああ……うん。あるのはあるんだけど……。ただ、それはまだゆっくり考えたいんだよ。
今の僕の頭の中にあるのは、昼寝なんだ。窓を開けて、扇風機を向けながら、畳に寝転がるんだ。
そしたらきっと、ドラえもんが言ってくる。“宿題しなきゃ”とか、“外に行かないの?”とか」
レイ「……」
のび太「でも僕は、結局昼寝するんだろうな。もし外に出たとしても、ジャイアンやスネ夫に意地悪なことされるんだよ。
……それが、僕の毎日だからね」
レイ「……そうか……。キミは、“生きたい”んだな……」
のび太「そうなるのかな?……僕には分からないけど、でも、帰って昼寝がしたい」
レイ「……分かったよ、のび太……。――キミと話せて、よかった……」
310:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)20:12:23ID:ZsURDnAYN
レイ「――今からキミを、現世に帰そう」
のび太「え!?ここから出れるの!?」
レイ「ああ。……少し、離れてくれないか?」
のび太「う、うん……」テクテク…
レイ「……はぁぁぁ……」
――ブゥゥゥン
のび太「な、なに!?この光は!?」
レイ「キミの体を、私の中に残る力で包み込んだ。これでキミを、一気に渦の外まで弾き出す」
のび太「僕をって……!レイさんは!?」
レイ「――私は、ここに残って渦を消す。キミとは、行けない」
のび太「――ッ!?そんなの、ダメだよ!」
レイ「でも、誰かがやらないと、この渦は大きく膨れ上がり、やがては幽界そのものを飲み込んでしまうよ。そうなったら、キミの世界まで影響が出る。
今渦を消さないと、取り返しのつかないことになるんだ」
のび太「で、でも!!ダメだ!!」
レイ「……いいんだよのび太。これはもともと、私がしたことなんだ。責任を、取らないと」
のび太「れ、レイさん!!」
312:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)20:29:48ID:ZsURDnAYN
レイ「……どうして泣いてるんだ?」
のび太「……当たり前じゃないか!キミを、助けたいんだよ!」
レイ「そうか……私はね、物心ついた時には、一人だったんだよ」
のび太「……え?」
レイ「親も兄弟もいない。いるのは、他人ばかり。私の心は荒んでいき、歪んでいった。その最期も、私の人生を表すようなものだったよ」
のび太「……」
レイ「……でも、のび太。んな中でも、もしキミと出会っていたなら……私の人生も、もっとマシなものになっていたのかもしれない。
――ううん。きっと、違う道を歩いていたと思う。キミは、そんな人間だ」
のび太「れ、レイさん……!」
レイ「――のび太。幸せになってくれ。私の分まで、生きてくれよ。それが私からの、最初で最後の願いだ……」
のび太「――ッ!?ま、待って――!!」
レイ「――さよなら、のび太……」
のび太「レイさあああああん!!!」
――キィィィィィン……ヒューーン
レイ「……さよなら……」
317:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)20:37:46ID:ZsURDnAYN
〜某所〜
――ギュォォォォォォォォォ……!!!!
ジャイアン「――ドラえもん!!なんとかしろよ!!」
しずか「このままじゃ、のび太さんが!!」
ドラえもん「そんなこと言ったって……!!」
スネ夫「――ッ!?み、みんな!!」
ジャイアン「なんだよスネ夫!!――うわっ!な、なんだ!?」
しずか「渦が……光ってる!?」
――キィィィィィン……!!!
ドラえもん「き、消えちゃう!のび太くん!」
ジャイアン「のび太あああ!!」
スネ夫「のび太!!」
しずか「のび太さぁぁぁん!!!」
――キィィィィィン……!!!!
――バシュゥゥゥン!!
ドラえもん「う、うわわっ!」――ドシン
ジャイアン「うおあ!!」――ドシン
スネ夫「ぎゃあああ!」――ドシン
しずか「きゃあ!」――ドシン
ドラえもん「……いててて……。急に吸い込む力が消えて――はっ!渦は!?」
……。
しずか「き、消えてる……」
321:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)20:58:37ID:ZsURDnAYN
ジャイアン「の、のび太はどうしたんだよ!」
スネ夫「……決まってるよ。一緒に、消えて……!」
ジャイアン「スネ夫!!それ以上言ったら、ぶん殴るぞ!!」
スネ夫「だって!そうじゃないか!」
ジャイアン「て、テメエ……!!」
しずか「――止めてよ!……止めてよ……うわああん!のび太さぁぁん!」
ドラえもん「そ、そんな……!!――のび太くん……のび太くぅぅぅん!!」
???「――うわぁぁぁ!!」――ドシン!!
スネ夫「――ッ!?上からなんか落ちてきた!?」
ジャイアン「あ、あれは……!!」
のび太「……いたたた……痛いなぁ、もう……」
ドラえもん「の、のび太くん!!」
しずか「のび太さん!」
スネ夫「のび太!!」
ジャイアン「くそ!心配させやがって……!!」
タタタ…!!
323:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)21:31:32ID:ZsURDnAYN
ドラえもん「のび太くん!ホントに……ホントによかったよぉお!」
のび太「そんなに泣かないでよ……」
ドラえもん「だってぇえ……!」
しずか「のび太さん……無事で、無事で良かった……!」
のび太「しずかちゃん……ありがとう」
ジャイアン「……のび太。レイさんは?
のび太「……うん。レイさんは、自分を犠牲にして渦を止めたんだ……」
スネ夫「レイさんが?……どうして……」
ドラえもん「……」
しずか「……」
のび太「……きっと、レイさんは、幸せになりたかっただけなんだよ。やり方は間違っていたかもしれないけど、ただ、それだけなんだ……」
ドラえもん「……レイさん……」
324:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)21:38:13ID:ZsURDnAYN
〜玉座の間〜
王「……そうか、レイが……」
のび太「はい……。自分と引き換えに……」
王「……そうか。最後に奴は、救われたのかもな。――それよりも、貴様達には迷惑をかけたな。本来であれば、これは幽界の問題……貴様達には、関係のないことであった」
ドラえもん「いいえ、いいんですよ。僕達も成り行きでしたし」
王「そう言ってもらえると、こちらも助かる……すまない。幽界の王として、謝罪と感謝を送らせてもらおう……」
325:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)21:47:42ID:ZsURDnAYN
王「――特に貴様には、色々迷惑をかけたな」
のび太「ぼ、僕?」
王「そうだ。貴様の働きに、褒美を与えよう。
――貴様の望みを、一つ叶えよう」
のび太「ほ、ほんと!?」
ジャイアン「すげえぜのび太!!」
スネ夫「うん!何がいいんだよ、のび太!」
のび太「そ、そうだなぁ……!お菓子1年分?コミック100冊!?
うわぁ……どうしよう!」
ドラえもん「……のび太くん、よだれ出てるよ
のび太「え?あ、ごめんごめん……」
しずか「もう、のび太さんったら……」
王「――貴様の願いなら、もう決まっておろうに」
のび太「……へ?」
王「儂は、幽界の王だぞ?貴様の心を読むなど、容易いものよ」
のび太「……ええと……僕の願いって?」
王「ふふっ。それはよかろう。いずれ分かる……」
のび太「???」
329:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)21:57:57ID:ZsURDnAYN
王「――話もここまでだ。貴様らの帰り道は、儂自らが作ろう」
ドラえもん「帰り道?」
王「……むぅぅ……!」
……ブゥゥゥン……!!
スネ夫「ひ、光のトンネル?」
王「そこを通れば、貴様らの世界に戻れる。――世話になったな」
ドラえもん「いいえこちらこそ。――みんな、行こう」
しずか「ええ!――さよなら!」
スネ夫「さよなら!」
ジャイアン「じゃあな!」
テクテク…
330:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)21:58:17ID:ZsURDnAYN
のび太「あ!待ってよ!僕も――」
王「――おい」
のび太「――へ?」
王「そういえば、貴様に兵士長からの伝言があったわ」
のび太「牛角さんから?」
王「そうだ。――お前が死んだら、兵士長の座をお前に譲ろう……だそうだ」
のび太「ええ!?そ、それはちょっと……」
王「残念だったな。奴は、頑固だぞ?貴様のこと、かなり気に入ったようだ。
……それに貴様は、勘違いをしておる」
のび太「勘違い?」
王「――儂もまた、貴様を気に入ってるのだよ……
のび太「え"――!?」
王「……貴様が死ぬのを、楽しみにしておるぞ」
のび太「ご、ごめんなさーい!」
タタタ……!!
王「――さらばだ。現世の者達。貴様らとの出会い、永久に忘れぬ……」
332:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)22:05:06ID:ZsURDnAYN
〜現世〜
……ブゥゥゥン……
テクテク……
ドラえもん「こ、ここは……」
ジャイアン「――空き地だ!いつもの空き地だぜ!」
スネ夫「そ、それじゃあ……!!」
しずか「――帰って……来れたのね!!」
ドラえもん「やったあああ!!……って、のび太くん?なんか顔が青いよ?」
のび太「……僕、しばらく死にたくない……」
ドラえもん「???」
ジャイアン「――どうでもいいから、帰ろうぜ!!」
しずか「そうね。もうすぐ夜明けみたいだから、ママ達が起きちゃうわ」
ドラえもん「うん!――帰ろう!僕達の家に!」
のび太「うん!」
しずか「ええ!」
スネ夫「そうだね!」
ジャイアン「ああ!」
336:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)22:24:21ID:ZsURDnAYN
〜数日後〜
タタタ……
のび太「――もうジャイアンったら!野球の試合に来ないとぶん殴るとか電話してきて……!!」
のび太「どうせ僕が行っても、打てっこないのに……」
タタタ……
???「――はい、ご飯ですよ。“のび太”……」
のび太「……え?」――ピタッ
のび太「……今、僕の名前が……この公園から……?」
テクテク……
のび太「ん?砂場に女の子?幼稚園くらいかなぁ……」
女の子「美味しい?たくさん食べてね、のび太」
のび太(……なんだ。人形の名前か……でも、変わった子だなぁ……。人形に、僕の名前つけるなんて……)
???「――レイー!おいでー!」
???「――そろそろお昼ご飯よー!」
のび太(――ッ!?れ、レイ!?)
337:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)22:25:24ID:ZsURDnAYN
女の子「あ――!!パパ!ママ!」
テテテテ…
ママ「何してたの?」
女の子「うん!のび太と、おままごとしてたの!」
パパ「……レイ、どうしてその人形の名前、のび太なんだ?変わった名前だけど……」
女の子「んん……分かんない!」
パパ「えええ……分かんないの……?」
ママ「まあいいじゃない。――レイ?今日のお昼は、あなたが好きなハンバーグよ?」
女の子「ほんと!?やったあああ!」
パパ「じゃあ、帰ろうか」
女の子「うん!――パパ!ママ!だ〜い好き!!」
パパ「パパもレイのこと、大好きだよ」
ママ「フフフ。ママもよ」
女の子「――うん!」
のび太「……」
のび太(……そうか……幽界の王が言ってたのは……)
のび太「……ありがとう。僕の願い、本当に叶えてくれたんだね……
のび太(……本当に、ありがとう……)
のび太「……さて、そろそろ行かないと、ジャイアンに怒られちゃうな!」
タタタ……
のび太「……なんだか今日は、打てそうな気がする!――よぉし!頑張るぞー!」
タタタ……
終わり
339:名無しさん@おーぷん2014/09/25(木)22:30:06ID:vWoBYEJ5u
映画化して良いレベル
つかなれ!
340:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)22:31:35ID:ZsURDnAYN
なんとか終わりましたが……
スレタイ、もはや関係ないなぁ
あと内容も、色々グダグダでした
もっと練れば良かった
343:名無しさん@おーぷん2014/09/25(木)22:33:07ID:sFyyrj3rU
やべぇ…
すげーもんを見れてホントよかった
遅くなったけど>>1乙です
348:名無しさん@おーぷん2014/09/25(木)22:40:18ID:T1QMSlimp
本当に乙
349:ドラ◆C0NEuVYkhKZJ2014/09/25(木)22:42:20ID:ZsURDnAYN
最後の展開は、バタバタ変えちゃった
本当は人間に転生させて、のび太、しずか、レイで三角関係的な展開に持って行こうかと思ってたけど……
それこそ、スレタイからかけ離れてるから止めた
350:名無しさん@おーぷん2014/09/25(木)22:43:58ID:yXU7oLVwx
その展開、ちょっとみてみたかったw
354:名無しさん@おーぷん2014/09/25(木)23:11:34ID:i2IvpQNxC
>>1乙!!
これは是非映画化して欲しいレベル
361:名無しさん@おーぷん2014/09/26(金)06:56:03ID:dczmOFD5V

良かった
また、あとで読み返すわ

関連記事

  1. 私『はいこれ、カナダのお土産。(楓の葉の形のクッキー)』友人「これスーパーで売ってる安物でしょ?」
  2. 大学で出来た親友「私子の彼氏、私が男性不信になった原因の男なんだ・・・」→彼氏「あーあのキモいやつねwww」
  3. 私「嫉妬深い彼氏と別れたい」先輩『この作戦試してみてww』→実行したら彼氏「お、おれも付き合い少し考えてみるわ…」