サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

美少年「ボクに逆らうと…殺すよ?」ニコッ マッチョ「!」ゾクッ

1:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:22:22ID:yegz4nyg
ここは悪の組織のアジト──
圧倒的な強さとカリスマ性を誇るボスの下、
大勢の構成員たちが、日々悲願である世界征服に向けた準備を進めている。
まもなく、組織を支える三人の幹部による定例会議が始まろうとしていた。
美少年「ボクに逆らうと…殺すよ?」ニコッ マッチョ「!」ゾクッ
2:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:26:51ID:yegz4nyg
一人目、美少年──
美少年「さぁ〜て、次は何して遊ぼっかなぁ」
ボスの息子である少年。
まだ幼いが、ボス以上の才能を秘めており、実力はすでに幹部No.1である。
二人目、女幹部──
女幹部「うふふ……世界征服は遊びじゃないのよ?」
怪しげな魔力をまとった妖艶な女性。
戦闘力だけでなく頭脳も明晰であり、組織のブレーンとして活躍する。
三人目、マッチョ──
マッチョ「ケッ、ガキはお気楽でいいぜ!」
巨体と怪力が自慢の大男。
生身で戦車を相手にしても力負けしない豪傑だが、粗暴なのが玉にキズ。
3:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:29:20ID:yegz4nyg
女幹部「さて……今日の議題は最近現れた政府直属の『ヒーロー』についてよ」
マッチョ「ヒーローか……」
マッチョ「まだ手合わせはしてねぇが、ウチの上級兵もやられたらしいじゃねえか」
女幹部「ええ、要人襲撃を試みていた兵士たちが撃退されたわ」
マッチョ「いったい何者なんだ?」
女幹部「おそらく……政府が長年育成してきた対テロなどの切り札よ」
女幹部「アタシたちの組織が侮れないと分かって、投入してきたんでしょうね」
美少年「ボク、新しい遊び相手ができて嬉しいなぁ〜」
美少年「警察や自衛隊の人じゃ、弱すぎて物足りないもん」
4:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:32:17ID:yegz4nyg
女幹部「とにかく、慎重に作戦を練って──」
マッチョ「作戦? んなもん必要ねぇよ! オレ様が出ればそれで済む!」
マッチョ「東の都市あたりで部下を率いて暴れりゃ、ヒーローの方からやってくるだろ!」
マッチョ「そこを一気にブッ叩く!」
美少年「ダメだよ、そんなの」
マッチョ「なんでだよ?」
美少年「だって……東の都市にはボク行きつけのオモチャ屋があるんだ!」
美少年「マッチョさんが暴れて、壊されたら困るもん!」
マッチョ「……は?」
5:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:35:25ID:yegz4nyg
美少年「それにさ、せっかく新しい遊び相手ができたんだ」
美少年「一気にやっつけちゃったらもったいないよ」
美少年「もっとじっくり遊んであげようよ!」
マッチョ「あぁ!? オモチャだの遊び相手だの、なに下らねえこといってやがる!」
マッチョ「ったく、これだからガキはよ……」
マッチョ「オレ様はオレ様のやりたいようにやるぜ! 指図されんのは嫌いだからよ!」
女幹部「ちょ、ちょっと……」
6:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:38:38ID:yegz4nyg
美少年「ふうん……そんなこというんだ、マッチョさん」
美少年「ボクがやめてっていってるのに……」
マッチョ「当たり前だ! なんでお前のいうことを聞かなきゃならねぇんだ!」
マッチョ「いっとくが、ボスの息子だからって──」
美少年「…………」ゴゴゴ…
マッチョ「?」
美少年「ボクに逆らうと……殺すよ?」ニコッ
マッチョ「!」ゾクッ…
7:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:41:45ID:yegz4nyg
マッチョ「ひ、ひいい……!」
マッチョ「す、すまねぇ……! ゆ、許してくれぇっ!」
マッチョ「悪かった! お前に逆らう気なんてこれっぽっちもなかったんだ!」
美少年「マ、マッチョさん!?」
マッチョ「だから命だけはぁっ!」オドオド…
美少年「マッチョさん、落ちついて! 冗談だよ! ごめんね? ね?」
マッチョ「殺さないでくれえっ! うわぁぁっ!」ガタガタ…
美少年「殺さないよ! 殺さないから……ね?」
8:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:44:09ID:yegz4nyg
マッチョ「……ホント?」チラッ
美少年「ホントだよ、マッチョさん! だって……ボクたち仲間じゃないか!」
マッチョ「だけどお前が本気出したら、オレ様なんて一瞬で……」
美少年「そんなことないって! マッチョさんだって強いじゃない!」
美少年「ほら、自信持って……ね?」
マッチョ「じゃあ……なんで『殺すよ?』なんていったんだよ……」
美少年「そ、それは……」
9:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:47:33ID:yegz4nyg
美少年「実はこないだ、女の人たちに──」
女構成員A『あの……笑顔で“殺すよ?”っていってくれませんか?』
美少年『え、どうして?』
女構成員B『お願いします!』
美少年『よく分かんないけど、そこまでいうんなら……』
美少年『殺すよ?』ニコッ
女構成員A『キャ〜、ステキ!』
女構成員B『とってもかっこいいです! ゾクゾクしちゃいました!』
美少年「──って褒められたんだ」
美少年「それで……やってみたんだよ」
美少年「ボクがこういったら、マッチョさんも喜んでくれて」
美少年「ボクのいうことを聞いてくれるんじゃないかって……」
10:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:50:30ID:yegz4nyg
マッチョ「今の話、本当だな? ウソじゃないんだな?」
美少年「ホントだよ! ボクを信じて!」
マッチョ「う〜ん……ウソっぽい……」ジロ…
美少年「マッチョさん!」
美少年(ダメだ、どうすれば信じてくれるんだろう……)
美少年(このままじゃ、マッチョさんが自信をなくしちゃう!)
美少年(──そうだ!)
美少年(『殺すよ?』っていったらマッチョさんが怯えちゃったんだから……)
美少年「マッチョさん……生かすよ?」ニコッ
マッチョ「!」
11:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:53:45ID:yegz4nyg
マッチョ「ぐははははっ!」
マッチョ「なるほど、『殺すよ?』の反対に『生かすよ?』か!」
マッチョ「おもしれえ奴だな!」
マッチョ「よぉ〜し、抱きしめてやる!」ギュッ…
美少年「わっ! 苦しい!」
マッチョ「お前がもっとガキの頃には、よくこうして抱きしめてやったが──」
マッチョ「さすがにもう嬉しくもなんともねえか!」
美少年「…………」
12:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)00:56:11ID:yegz4nyg
美少年(マッチョさんの腕……すごく太いのに優しくボクを包んでくれてる)
美少年(マッチョさんの胸板……ぶ厚くて、お父さんみたいに頼もしい)
美少年(マッチョさんの匂い……トレーニングの汗の匂いが心地いいや)クンクン…
美少年「…………」ギュッ…
マッチョ「おい、どうしたんだ? そろそろはなすぞ」
美少年「マッチョさん……」
美少年「ボク、マッチョさんのこと大好きだよ」
マッチョ「おう、オレ様もだよ!」
美少年「だからボク……将来はマッチョさんと結婚する!」
マッチョ「え……!?」
13:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)01:00:08ID:yegz4nyg
美少年「世界征服したら、結婚しようね、マッチョさん!」
マッチョ「…………」
マッチョ「悪いが、それはできねえ……」
美少年「え、なんで!? ……どうしてさ!?」
マッチョ「お前はボスの息子……いってみりゃ将来のボスだ」
マッチョ「いや、お前はいずれボスを超えるだろう」
マッチョ「そんなお前と、部下であるオレ様がくっつくわけにはいかねえ」
美少年「いいじゃない、そんなの!」
マッチョ「それに……オレ様とお前は男同士だ」
美少年「それはそうだけど……でもボク、マッチョさんが好きなんだ!」
美少年「マッチョさんのこと考えてると、ドキドキが止まらないんだよ!」
14:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)01:03:06ID:yegz4nyg
マッチョ「ダメだ……!」
美少年「どうして!?」
マッチョ「オレ様には彼女がいるんだ。ぶっちゃけ、結婚も考えてる」
マッチョ「だから……お前と一緒にはなれねえんだ……」
美少年「!」ガーン
美少年「……やだ!」
美少年「ボク、ずっとマッチョさんのたくましい筋肉に憧れてて──」
美少年「ずっとマッチョさんと結婚したかったんだ!」
美少年「マッチョさんが結婚してくれないならボクは……死ぬよ?」ニコッ
16:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)01:06:10ID:yegz4nyg
マッチョ「バカヤロウ!」
ドゴォッ!
美少年「うあっ!」
マッチョ「組織の幹部ともあろう者が、軽々しく死ぬなんていうんじゃねえぜ!」
美少年「ご、ごめんなさい……」
マッチョ「……いや、オレ様も殴ってすまなかった。つい手が出ちまった」
マッチョ「お前もオレ様を殴れ」
美少年「え、でも……」
マッチョ「いいから殴れ! 手加減すんなよ!」
17:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)01:09:47ID:yegz4nyg
美少年「分かったよ……えいっ!」
ズドォンッ!
マッチョ「ぐえええっ!」
マッチョ「が、がはっ……」ゲホッ…
美少年「だ、大丈夫!?」
マッチョ「平気だ……ナイスパンチ」ニッ
美少年「よかった……」ホッ…
マッチョ(とんでもなく重いパンチだった……アバラが折れてやがる)ズキッ…
マッチョ(へへ……さすがボスの息子だぜ……!)
18:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)01:13:46ID:yegz4nyg
マッチョ「いいか?」
マッチョ「お前の気持ちってのはおそらく、近所のお兄さんへの憧れみたいなもんだ」
マッチョ「いつかもっと大人になったら……お前も本当の恋愛をする日がくる」
マッチョ「だから死ぬなんていうな!」
美少年「うん……」
マッチョ「それにたとえ結婚はしなくても、お前とオレ様は仲間だ! な?」
美少年「うんっ!」
マッチョ「ほれ、なでてやる」ナデナデ…
美少年「えへへ……」ニコッ
「おい、お前ら」
マッチョ&美少年「!?」ゾクッ…
19:◆qgb.3kziVA2014/09/25(木)01:21:37ID:yegz4nyg
女幹部「さっきからアタシを無視して、なに野郎同士でメロドラマしてやがる……」
マッチョ「す、すまねえっ!」
美少年「あわわ……ごめんなさいっ!」
女幹部「いいか? 今度また会議中にこんなことしたら、二人まとめて──」
女幹部「殺す……!」
マッチョ&美少年「…………」ゾゾゾッ…
マッチョ(やっぱり『殺すよ?』なんかより──)ガタガタ…
美少年(『殺す』の方が、ずっと怖い!)ガタガタ…
おわり

関連記事

  1. 古いものには魂が宿る。
  2. 夢を追いかける
  3. 「ぬ」