サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

女「こう見えて成人してるからな?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:05:44ID:cZmU.ntM
男(明日、どうしよっかな……会社、いきたくねー……)
女「……」
男「……うぅ…」 ぐびっ
女「よう、兄ちゃん。隣いいかい?」
男「あ…どうぞ……」
女「どもども、よいしょっと」
男(って…子供?!)
女「ふいー、疲れたー」
男「あー…っと、君、ここ、子供は……」
女「ほれ免許証」
男「え、あ。す、すいません!」
女「いーってことよ」
男(まさかの年上……)
女「こう見えて成人してるからな?」
2:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:07:08ID:cZmU.ntM
男「ほんと、ごめんなさい」
女「だからいーってば。慣れてるし」
男(でも本当にちっちゃいなこの人…)
女「おっちゃん! いつもの!」
店主「あいよ! 嬢ちゃんにいつものー!」
女「だから嬢ちゃんはやめてくれって、なあ?」 ばしっ
男「いやあ、はは…」
3:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:07:45ID:cZmU.ntM
女「お、兄ちゃん結構飲んでんねえ」
男「あー、まあはい。ちょっと」
女「うんうん! 人生いろいろあるよなー」
給仕「モツ煮と生中おもちしましたっす」
女「おっ、ありがとう! お姉ちゃん今日もかわいいねー」
給仕「またまたー。嬢ちゃんさんも大人っぽくて素敵っすよー」
女「あははっ、はっ倒すぞー!」
給仕「はーい。じゃあ熱燗すぐにお持ちするっす」
女「うーい」
男(渋っ)
4:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:10:54ID:cZmU.ntM
女「ほんじゃ、かんぱーい!」
男「……は…?」
女「お?」
男「か、かんぱーい!」 かんっ
女「かんぱーい!」 かんっ
男「……」 ぐびっ
女「………っ……っ……っ………っぷはー! うまい!」 こんっ
男(わっ、一気したよこの人…)
5:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:11:24ID:cZmU.ntM
女「なあ! 仕事あがりの一杯はサイコーだ! そうだろ?!」
男「そ、そーっすねー」
女「んだよなー。うん、この一杯のために生きてる!」
男(なんか変な人に絡まれたなあ)
女「次の一杯のために稼いでる!」
給仕「はーい、たくさん売上に貢献してくださいっすー。熱燗お持ちしたっすよー」
女「いーいタイミングだねえ! さすがおっぱい!」
給仕「はいはーい。次はミルクおもちするっねー」
女「ざっけんな酒持ってこい酒!」
6:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:12:38ID:cZmU.ntM
女「あれだ! 兄ちゃんも飲め飲め!」
男「じゃあ、はい」 ちびり
女「まあ自分のペースでな! 倒れても支えらんないぞ! あたしはこんなんだからな!」
男「あ、ははっ気をつけます」
女「あはははははははっ! っと……ん」 ぐびり
男(すっげーテンション高い)
女「っくぅー…」 ふるふる
7:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:13:36ID:cZmU.ntM
女「やっぱ秋は熱燗にかぎるね! 兄ちゃんはなに飲んでんだい?」
男「芋の、お湯割りです」
女「うんうん! 冷えるもんなー! 人肌よりもこれがいい!」
男(人肌って…)
女「モツ煮も……うん、うまい!」
店長「どーも、他になんかいるかい?」
女「そだなー…なんかてきとーに頼むわ。二品くらい」
店長「あいよー」
男(なんか馴染んでんなー……ちっこいのに…)
8:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:15:03ID:cZmU.ntM
男「……」 ちびり
女「兄ちゃん、この店はよくくるのかい?」
男「そうですね。週に二度くらい」
女「おっ、あたしとオンナジくらいだ。にしちゃ見ない顔だねー?」
店長「そいつ、嬢ちゃんとは来る時間がちょっとずれてんだよ」
女「おっ! ってことは今日はあたしを待っててくれたのか! うれしーねえーどーれ、もういっぱい!」 ぐびりっ
男「……うまそうに飲みますね」
女「おうっ! 酒を飲むときは陽気にやらなきゃいけないぞ!」 とっとっと
男「……」 もぐっ
女「……んー、うまい」 もぐもぐ
9:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:16:12ID:cZmU.ntM
男「あー…うまいですよね。ここのモツ煮」
女「分かってんねえ兄ちゃん! この店は酒も飯もうまい! オヤジのツラぁまずいけどな!」
店長「嬢ちゃーん。補導よんでいいかー?」
男「ぷっ…」
女「あははははははははははっ!!! うそうそ、いーツラしてるよ。肴にぴったりだぁ!」
店長「はいはい…こんなんで良けりゃいくらでもどーぞ」
給仕「あたしはもーうちょっと、こー…磨いたほうがいいと思うんすけどねー」
店長「てめえはうるせえ! 賄い出さねえぞ?」
給仕「ちょっ、それは勘弁」
客「お姉ちゃーん生2つおかわりー!」
給仕「はーい! 今すぐっすー!」
10:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:16:57ID:cZmU.ntM
男「はぁ……」
女「あ……すまん、なんか邪魔しちゃってたかなー、あたし……?」
男「いやー、なんだか楽しくなってきました」
女「そんならいいんけどさ」
男「飲みます!」
女「おっ、いいねえ!」
男「……っ……っ…ぷはっ」
女「おおおおお!!! 無理すんなよー…」
男「大丈夫れす!」 こんっ
女「おー! 駄目だなー! あはははははははははははっ!」
11:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:18:03ID:cZmU.ntM
男「…んーじゃあ、もっぺん乾杯いきましょー!」
女「おっ、いいぞ!」
男「そいじゃあ新たな出会いにかんぱーい!」 こっ
女「おー! かんぱーい!」 こんっ
男「……っふう」 ぐびり
女「……」 ぐびぐび
男「しかし嬢ちゃんさん強そうですねえ」
女「なんだい。兄ちゃんもそれで呼ぶんかい……っと、もうねえや」 ぴちょん
男「う? 駄目っすか」
女「いや、もーいーけどさ……おーい、姉ちゃーん! おかわりー!」
男「うくくくくくくっ」
女「あはははははははっ! 変な笑い方ー!!」
12:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:19:07ID:cZmU.ntM
女「まー、なんだ。ご先祖代々ザルでなー」
男「おっ、おっ、何ザルっすか?」
女「おうおう! ニホンザルの顔真っ赤っ赤よ!」
男「くくっ、わけわかんねえっすよ!」
女「あははははははっ! わたしにもわっかんねー!」
男「……」 ぐびっ
女「……」 ぐびり
男「く、くくっ」
女「うふ、ふ…」
男「うくくくくくくっ」
女「あはははははははっ! 顔赤えのは兄ちゃんだよっ!」
男「うっ…ひっ……はらいたいっ…くくっ」
店長「ほい、謎のキノコ炒めとこんにゃくの煮しめお待ちー」
女「あいよっ、どーも!」
13:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:20:15ID:cZmU.ntM
女「しっかし兄ちゃんもけっこー飲むねー」
男「んもーやけ酒っすよやけ酒!」
女「いえーい! やけ酒ー!」 ぐびり
男「んっとやってらんねーっすよねー!」 ぐびっ
女「そーだそーだ!」
男「でもやってやるんす! 飲むんです!」
女「そーだ! いいぞー!」
男「そんなわけでなんか一発お願いします!」
女「おーっ! 無茶ぶりかー!?」
男「いえーい!」
14:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:23:38ID:cZmU.ntM
女「よしっ! んじゃ、特技みるか特技?!」
男「いよっ! まってましたー!」 ぱちぱちぱち
女「秘技! 免許証早抜き!」 ばっ
男「あははっ! はえええええ!!!!」
女「やー、こんなナリだとやっぱこれがいるからよー」 ひらひら
男「聞かれたらズバッてやるんすね?」
女「もー、こいつでイチコロよ!」 しゅっ
男「カッコイー!!! 0.3秒!」
女「お、惚れたか? 惚れたか?!」
15:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:24:12ID:cZmU.ntM
男「はい! どこまでもついていきます!」
給仕「はーい、通報するっすねー。芋のおかわりお持ちしたっすー」
男「ちょっなんでっすか?!」
給仕「幼児へのストーカーは重罪っすよ?」
女「おっちゃーん! こいつ減給ー! あとキノコうまいー!」
店長「ほーい一ヶ月なー。そんでこいつはサービスだ」 ことっ
給仕「ちょっまじっすか?!」
女「あはははっ! ざまーみろい! あんがとー!!」
男「あはははははははっ!」
16:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:24:50ID:cZmU.ntM
…………………
…………
……
17:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/24(水)03:26:51ID:cZmU.ntM
男「…で、ほれがーどうなったんすー?」 ゆらゆら
女「ほんでよー、そん時になってその犬っころが…」 ぐびっ
男「くくっ……っうー…」
店長「っと、お楽しみのとこ悪いんだが兄ちゃん、電車、大丈夫かい?」
男「あー…っと、すんません。俺、ぼちぼちー」
女「おっ、じゃあな。今日は邪魔しちゃってわるかったなー」
男「いえ、嬢ちゃんさんのおかげで元気でましたー!」
女「そりゃー、よかった! また会ったらよろしくなー!」
男「はい、またー」 ふらふら
給仕「まいどー、またお越しくださいっすー」
女「気をつけて帰れよー!」
女「あいつ、けっこー飲んでたけど大丈夫かなー?」
給仕「さあー?」 ことっ、ことっ
女「ま、いっか。あはははははははっ!」
給仕「そっすねー」 ふきふき

関連記事

  1. 三男嫁がうちの両親に毎週ミサの参加を強要した挙げ句、参加する度に寄付金を要求してきた
  2. 病院に勤めているボッシーのAさんに「資格があるっていいねー」と繰り返し言われるようになった。
  3. 「は?所詮他人でしょ。そんなんいつ死ぬかわからんのによくやるわ。 あーあ、こらから晩御飯どうしよー。金無いのにさあ。」