サンダガ⚡

さくさく軽快2chまとめサイト

勇者(♀)「私じゃ魔王たおせないしもう子孫に託そうかな」

1:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/16(火)17:11:17ID:MCQCh6hc
僧侶(♂)「え?」
盗賊(♂)「は?」
戦士(♂)「なんと!」
勇者「…誰かとつがいになって子供作らなきゃなぁ」ハァ
男たち「…」ソワソワ
勇者(♀)「私じゃ魔王たおせないしもう子孫に託そうかな」
6:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)10:45:39ID:ST29qBGs
僧侶「ゴホン、勇者様には意中の方がおありですかな」
勇者「いちゅー?」
盗賊「好きな男いんのかって」
勇者「みんな大好きだよ!」ニコッ
男たち「!」ドキッ
勇者「仲間だもんね!」
戦士「うむ…」
7:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)11:12:59ID:ST29qBGs
僧侶(勇者様本日も素敵な笑顔でございます)
盗賊(やっぱこいつ可愛いわ。なんで勇者やってんだよっ!!ってくらい)
戦士(うむ…)
勇者「どうしたの?」
盗賊「いや…なんでもねぇよ。それで、今言った、その」
勇者「ん…あぁ。ごめんね、やっぱり私じゃ魔王を倒すのは無理そうだから…子孫に託そうかなって」
勇者「体小さいし、腕も細いし、あんまり筋肉つかないし…」
盗賊「…」ゴクリ
勇者「赤ちゃん、つくらなきゃね」
8:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)11:19:30ID:ST29qBGs
僧侶「勇者様」ガシッ
盗賊「あッ! 勝手に手握んなスケベ野郎」
勇者「なぁに?」ニコッ
僧侶「私めでよろしれば勇者様の望みを叶えてさしあげます…!」
盗賊「おい待て! その手を離せや!」
盗賊「勇者! こんなへなちょこより断然俺だろ!俺と子孫繁栄させようぜ!」
戦士「む…! ならオレも…ッ!」
勇者「あ、あのさ…みんな聞いて」
男たち「…」ゴクリ
勇者「私、自分より弱い人は嫌だから」
9:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)11:26:54ID:ST29qBGs
勇者「せめて私を屈服させるような人じゃないと…」
勇者「だれか私を倒せる人いないかな」
盗賊「そんなやつ人間にそうそういねーだろ」
勇者「だよね…」
盗賊「だからそこは妥協して俺にしようぜ?」
勇者「やだよ…君魔法つかえないもん」
盗賊「んだと!」
僧侶「では私めはいかかでしょう。この通り学問を修め、魔法にも長けています」
勇者「肉体の貧弱な子を産んでもなぁ」
僧侶「へぐっ」
戦士「オレ、体、強靭」
勇者「頭が悪いのもちょっと…」
戦士「ぬ!」
10:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)11:30:44ID:ST29qBGs
勇者「つまり君たちは私と子供をつくる資格が無いってわけ…はぁ」
勇者「どこかに体が強くて賢くて魔法の才能あふれる素敵な人いないかな」
盗賊「この野郎…お高く止まりやがって」
僧侶「下手に出ていればいけしゃあしゃあと」
戦士「オレ、怒った」
勇者「え? な、なにみんな…怖い顔して」
僧侶「ひとりひとりでは勇者様に及ばずども」
盗賊「三人がかりなら、へへ」
戦士「オレ達、負けない」
勇者「なんなの…? やっ、やめて近づかないで怖いよ」
11:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)11:31:22ID:ST29qBGs
あとは頼んだ
14:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)17:57:56ID:U5kL3W4A
勇者「って、三人がかりでも倒せないよね。前々から連係悪いし」
勇者「よし、自分より強い奴を探しに行く旅に出よう」
〜〜〜〜〜〜
その頃
魔王「勇者が来たら、どうしよう。ボクなんかすぐにやられちゃうよ。七人の門番と四天王と3つのシモベはいるけどさ。勇者に勝つ為には強い子孫を残さなきゃ」
シモベ1(メス)「え?」
四天王2(メス)「ぐやぁ!」
門番6(メス)「うふふ」
四天王1(オス)「ヤラニャイカ」
15:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:05:45ID:U5kL3W4A
シモベ1「私などは如何でしょうか?」
魔王「弱いでしょ」
四天王2「ぐやぁ!ぐやぁ!」
魔王「知能が足りないよね」
門番6「なら私が」
魔王「年齢が高すぎるよ。年増のハーピーなんて嫌だよ」
四天王1「じゃ魔王「あとは皆、男だしなあ」
四天王1「関係ニャイ、ヤラニャイカ?」
魔王「男は駄目だって。ボクより強い奴と子孫を残すんだ」
シモベ「1人じゃ無理でも」
四天王「ぐやぁ!ぐやぁ!」
門番「なら」
四天王「ニャントカナル」
16:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:06:42ID:U5kL3W4A
魔王「残骸は片付けといてね。それじゃボクはボクより強い奴を探しに行くよ」
20:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:10:15ID:U5kL3W4A
勇者(1人旅って、いつ以来かな?国を離れ仲間を離れ。道なき道を行く勇者か。強い敵はいないから楽でいいや。
それより、強い奴がいるところってなると、やっぱり大きい町か、それとも魔王が近いところで防衛線を張っているところかな?)
勇者「1人だし、のんびり行くかなあ」
21:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:15:24ID:U5kL3W4A
魔王(1人で城外に出るなんて、初めてのおつかい以来かな?
強い奴って、どこにいるんだろ?とりあえず・・・・うーん。じゃらんに書いてあった温泉に行こうかなあ。せっかくのお1人様だし)
魔王「幸い、ボクの格好は人間と構造含めて同じだからね」
22:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:18:56ID:U5kL3W4A
勇者(それにしても私の仲間たちが、あんなだとは思わなかったなあ。
少しは信頼してたのに)
勇者「やっぱり、女ってダメなのかな」
勇者(1人だと1人言が増えちゃうよ。まずは一番近い防衛戦まで言ってみよう)
23:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:24:26ID:U5kL3W4A
魔王(自分の領土を離れて、こっからは人間の領土だ。気を付けないとなあ。ボクは、こんな格好だから迫害はされないけどハーピーなんか羽をむしられたって泣いてたよな。けど艶が無いから途中で、こんな羽は要らないって解放されたんだっけ?最近は更年期障害に悩まされてるって言ってたよなあ。
おっと、ここからは人間の軍事基地だから気をつけて抜けないと。ここを抜けてすぐの小さな村が温泉なんだよね)
24:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:25:53ID:U5kL3W4A
こっからは温泉で二人が出会ってラブラブチュチュでハッピーエンドやから、いいやろ?
濃厚なラブシーン書けってか?
27:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:34:41ID:WhN6y9kM
思ってたのと違う・・・だと!?
28:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)18:35:26ID:ST29qBGs
>>27
すきなとこから書きなおしてええんだで
32:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:08:02ID:WhN6y9kM
>>27に言われたんで>>10の続きからちょっと書いてみた
盗賊「へへへ。怖がってる表情もそそられるぜ……!」
僧侶「いいですか。私が合図したら一斉に……」
戦士「勇者ァ!!」
僧侶「あ、ちょっと、一人で突っ走ったら……!」
勇者「ふっ!!」
戦士「あぐあっ!」
僧侶「人数の利を生かさねばならないのに、突っ走っては意味ないでしょう!?」
勇者「ホンット頭悪いよねー」
34:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:09:52ID:WhN6y9kM
勇者「さて、どうする? 唯一ごり押しできそうな戦士が伸びてるわけだけど」
盗賊「諦められるか……!」
勇者「ふーん……。一歩でもこっちに近づいてきたら、戦士の首切り裂いて、すぐに二人も……」
盗賊・僧侶「うっ……」
勇者「でも、ホントはそんなことしたくはないんだ」
勇者「貴方たちには私と子供を作る資格はないけど、ここまで一緒に旅してきたのも事実」
勇者「殺したくなんてない。お願い。諦めて」
盗賊「……わーったよ。命を投げ捨てるなんてしたくねぇからな」
僧侶「…………そう、ですね」
35:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:12:49ID:WhN6y9kM
勇者「ありがとね。まぁ私がいい男見つける前に欠点を直せたら相手してあげてもいいよぉ。じゃあね〜」
・・・・
僧侶「戦士、大丈夫ですか?」
戦士「スマン。暴走した」
僧侶「まぁあの美しい体を傷つける危険がなくなっただけ……」
盗賊「おい、いいのか? 諦めて」
戦士・僧侶「え?」
盗賊「あの場じゃああ言うしかなかったが、俺は諦めねぇ。お前らだってそうだろ?」
僧侶「そりゃあ……」
戦士「諦める、出来ない」
盗賊「そうだ。あんな上玉まずいねぇ。」
盗賊「共同戦線といこうや。獲物はキッチリ『三等分』だ」
盗賊「なんとしてもアイツとヤッてやる……!」
36:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:16:13ID:WhN6y9kM
勇者「うーん……」
勇者(やっぱいい男いないなぁ。結構おっきい都市に来てみたんだけど)
勇者(やっぱりあの3人で妥協しとけば……。いや、妥協は勇者としてどうよ)
青年「どうした、お嬢ちゃん。悩み事かい?」
勇者「……貴方、力に自信ある?」
青年「へ?」
青年(力……? ナンパの返しでこんなのあるのか?)
青年(力強い男がタイプとか? よし、そうなったら……)
青年「そ、そりゃあ多少はな。ベンチプレス60キロだぜ?」
勇者「」スタスタ
37:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:22:02ID:WhN6y9kM
勇者「60キロて……」
勇者「さて、どうしよっかな」
勇者(とりあえず、宿屋でも探そうか)
・・・
盗賊「さて、勇者とヤるためにはどうするか」
僧侶「真正面からいっても望みは薄い以上、策を練る必要がありますね」
戦士「俺、難しいこと、わからん」
盗賊「まず俺たちに残されたものは……」
盗賊「旅に必要な食糧、装備、金……ぐらいか」
僧侶「装備を売ればもう少しお金が増えますね」
戦士「あ、蝶々」
38:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:49:02ID:WhN6y9kM
盗賊「金か……。盗賊の性としてあんま使いたくはねえが、使うしかねぇか」
僧侶「それで力自慢でも雇いますか?」
盗賊「いや、そうじゃねぇ。俺にいい考えがある」
戦士「死にさらせぁぁぁ蝶々うううぅぅぅ!!!」
僧侶「うっさい」
・・・
勇者「とりあえず一泊」
主人「はいよ」
勇者(さーて、どうするかな)
勇者(もう私が魔王倒さなくていい以上トレーニングしなくていいんだよなー)
勇者(人間観察としゃれこみますか)
39:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)19:55:13ID:WhN6y9kM
今さら気づいた。32の安価27じゃなくて28だった。
盗賊「勇者の向かった方向的にこの都市にいるんだな?」
僧侶「おそらくは。人が多い程いい男に巡り合える可能性が高くなる――そう考えるでしょう」
僧侶「とは言ってもそうそう巡り合えるわけもありません。暫くはここに滞在するでしょう」
盗賊「そこまでわかんのかよ。まるでストーカーだな」
僧侶「」
戦士「あ、鳥」
40:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)20:04:08ID:WhN6y9kM
僧侶「と、とりあえず気を取り直して、彼女が今どこにいるのか探しましょう」
盗賊「あんだけ目立つ容姿してりゃ、少し尋ねりゃすぐ見つかりそうだな」
盗賊「あ、すんませーん」
市民「はい?」
僧侶「人を探してるんですけど……。黒髪でポニーテールの小柄な女の子」
盗賊「剣を持っているはずなんだが……」
市民「う〜ん。いえ、見てませんねぇ。妹さんですか?」
僧侶「まぁ、似たようなもんです」
僧侶(いずれ私の家族になるのだからな!)
僧侶「ありがとうございました。……流石に一人目から都合よくはいきませんか」
戦士「死にさらせぁぁぁ鳥いいいいぃぃぃ!!!」
盗賊「うっさい」
42:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)20:12:31ID:WhN6y9kM
・・・
老婆「黒髪の可愛らしい女の子? ああ、それなら見たわい。剣も持っとったし、小柄じゃったのう」
僧侶「ホントですか!? どこで!?」
老婆「確か中央広場だったのう」
盗賊「中央広場……。成程。人も集まるし探しのにはもってこいってか」
僧侶「そうとわかったらさっさと行きますよ! 盗賊さん! 戦士さん!!」
戦士「わかった。早く、見つけよう」
盗賊(しかしえらく時間かかっちまったな。まだ目撃者がいるといいんだが)
43:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)20:20:32ID:WhN6y9kM
一行「…………」
青年「」ズーン
僧侶「なんでしょうあの人」
盗賊「広場の噴水の縁に体育座りって……。よっぽど落ち込んでるのか」
戦士「傷心してる者、傷つける、よくない」
盗賊「チッ……。おい、どうしたよアンタ。なんかイヤなことでもあったのか?」
青年「いや、ちょっとナンパに失敗して」
盗賊(メンタル弱ぇなおい……)
戦士「気落とすな。いい女、きっといる」
青年「ああ、どうもよ。ただ、ホント天使かってくらい可愛かったから……」
僧侶(ん……?)
45:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)20:31:57ID:WhN6y9kM
僧侶「もしかしてその女の子、小柄で黒髪ポニテではありませんでしたか?」
青年「そうそう! なんだい、あんたら知ってんのかい? もしかしてあんたらも同じクチ?」
盗賊「テメェなんかと同じに……」
戦士「おらああぁぁ!!! なに勇者にナンパなんかしとるんじゃワレエエエェェ!!!? ああ!? お前なんぞがナンパしていい女ちゃうぞぉ!」
僧侶「」
盗賊「」
盗賊「お、おい。その辺にしとけ。気絶してるぞ。」
青年「」
47:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)21:19:50ID:WhN6y9kM
盗賊「ったく。いくらなんでもやりすぎだっつーの」
戦士「すまん」
僧侶「忘れてましたね……。戦士の性格。危険ですよ」
盗賊「お前も充分危険だけどな」
僧侶「な……、私のどこが危険なんですか!?」
盗賊「お前、前々から『勇者の足の臭いを嗅ぎたい』っていう筋金入りの変態じゃないか」
・・・
僧侶「ねぇ盗賊さん」
盗賊「あ?」
僧侶「勇者様の足…………いいですよね」
49:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)21:24:12ID:WhN6y9kM
盗賊「…………まぁ、綺麗な足だとは思うよ」
僧侶「違います。あのブーツの中を嗅いでみたいという意味です」
盗賊「」
僧侶「ああ……。絶対臭いがこもっていることでしょう……!」
僧侶「顔を真っ赤にして恥ずかしがっている勇者様……。」
僧侶「その羞恥心を煽るようにゆっっっくりとブーツを脱がしていく私……!」
僧侶「涙目で弱々しく抵抗する勇者様、そして私は脱がしきり至福の時間へ…………!!」
盗賊(変態だ。変態がいるぞ)
・・・
盗賊「てな具合に」
僧侶「あのブーツに包まれた素敵な足を見れば誰だって劣情くらい催すでしょう! みんなそうでしょう!?」
盗賊(やっぱり勇者パーティー外れてよかったかもしれん)
52:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)21:34:01ID:WhN6y9kM
・・・
勇者(なんか寒気が……)
・・・
僧侶「大体、貴方だって似たようなものじゃないですか!」
盗賊「ハァ? 俺のどこがだよ」
僧侶「貴方も以前から勇者のことを目で追っていたでしょう! チラチラと!」
盗賊「…………」
僧侶「…………」
盗賊「それだけ?」
僧侶「ハイ!」
53:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)21:41:45ID:WhN6y9kM
青年「う……」
僧侶「あ、起きた」
戦士「すまん。熱くなった」
青年「い、いいえ」ガクブル
盗賊「なぁ、さっきの女の子、どこ行ったか知らないか?」
青年「ゆ、行方は知りませんが、あっちの方へ行きました」ユビサシ
僧侶「あっちは、確か住宅街ですね」
青年「ひ、一つだけ宿屋があります。そ、そこにいるかも……」
盗賊「そーかい。どーもよ」
54:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)21:49:37ID:WhN6y9kM
盗賊「さて、目星はついたが。」
僧侶「貴方が先ほど言っていた作戦をお聞かせ願いますか?」
盗賊「おう……」ゴニョニョ
僧侶「むむむ。本当にそれで大丈夫でしょうか」
盗賊「文句があんなら代案を出しな」
僧侶「まぁいいでしょう。それほど無理がある作戦でもないですし」
盗賊「じゃあ作戦通りだ。よし、早速準備するぞ」
55:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)22:01:21ID:WhN6y9kM
勇者(うーん。夜まで宿の窓から観察したけど収穫なし)
勇者(こっちを見付けて手を振ってきりするのはいたって普通の男)
勇者(まぁ周りが住宅街だしいい男を探すのは無理か。明日からはやめとこ)
勇者(そろそろ寝るかな)
勇者「あ、そうだ」
主人「どうした? なんか用かい?」
勇者「ご主人、ホットミルクってある?」
主人「……、あるよ。ちょっと待っとくれ」
勇者「うん。これがないと寝つきが悪くて」
57:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)22:15:02ID:WhN6y9kM
勇者「部屋に持ってきてっと」ゴクゴク
勇者「うん。美味しい。ところで」
勇者「なんで」
勇者「戦士が隠れているのかな?」
戦士「……」ノソッ
勇者「諦めきれなくて来ちゃったの? 部屋にすんなり入ってたあたり、あのご主人に協力を依頼したのかな」
戦士「…………その通りだ」
勇者「今すぐ出てってくれれば、何もしないよ」
戦士「………」
58:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)22:30:38ID:WhN6y9kM
勇者「動かないんだね。それじゃあ」
戦士「くるならこい」
勇者「余裕だね。ま、戦士だったら、全力で殴っても大丈夫かな。死にはしないしょ」
勇者「はぁっ!!」ドコ
戦士「……!」
勇者「……え?」
戦士「きかん」
勇者「え? なんで!?」 
勇者(間違いなく全力を籠めたのに!)
勇者(ん? あれ……? 身体が痺れて、きて……!)
勇者「なに、か、盛った……の!?」
戦士「ホットミルクにな」
60:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)22:36:41ID:WhN6y9kM
勇者「はは……は。痺れ薬盛るとかサイ、テー、だね」
戦士「それだけお前と結ばれたいんだ」
勇者「人気者は、つらい、よ……」
・・・
盗賊「なぁ、ご主人。さっき女の子が宿をとらなかったかい? 仲間なんだが、単独行動しちまっててね」
主人「長い黒髪の子かい? それならさっき泊まりに来たが」
盗賊「そうか。夜になったらおそらくホットミルクをねだるだろう」
盗賊「アイツはここ最近飲めてなかったからな。おそらく欲求は高まっているだろう」
僧侶「そしてその際に、こちらの薬を入れていただきたいのです」
主人「薬を?」ジトリ
盗賊「なにもタダでお願いするわけじゃねぇ。――金貨3枚だ」
主人「…………!! わかりました」
61:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)22:44:21ID:WhN6y9kM
盗賊「あとは裏口からコイツが部屋に入る。勇者の部屋は何号室だ?」
主人「まるで拉致するみたいですね。ま、金貨を頂ける以上詮索はしませんが」
主人「203号室ですよ」
僧侶「今お金は渡します。『信用』してますからね……?」
主人「は、はい」ゾクリ
盗賊「こういうのは互いの『信用』が大事だからな」
主人「わかっておりますとも」
・・・
65:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:02:47ID:WhN6y9kM
勇者「どこ、向かって、るの……?」
戦士「……」テクテク
勇者「ずるい、よねぇ。飲ん、だ、私も、馬鹿だけ、ど」
戦士「……」テクテク
勇者「他の、2人、も、噛んでるんで、しょ……? 流石に、戦士、一人とは、考えにくい、し」
戦士「……」テクテク
勇者「あと、ちょっと、いや、かなり、……お姫様抱っこは、恥ずかしいな」カァッ
戦士「……けが人を運んでいるようにしか見えないだろう」
勇者「やっと、喋った……。もうちょっと、ゆっくり、歩いてくれる……?」
戦士「……」テクテク
勇者「……チェッ」
68:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:15:18ID:WhN6y9kM
<歩いて数分の酒場>
勇者(ここは……?)
戦士「着いたぞ」ギイイイイ
勇者(やっぱり、中には盗賊に僧侶……。あとは知らないのが3人ほど……?)
ゴロツキA「お、来たか……。へへへ、成程随分と上玉だねぇ」
盗賊「よう、勇者。戦士、下ろしていいぞ」
勇者「数に頼ったんだ……」
盗賊「まぁ、数っつーか金だな。主人の根回しにこの酒場の貸切、このチンピラも雇った」
チンピラB「金を貰えるうえにいい女とヤレるって聞いてな」
チンピラC「こんな美少女とは思ってもなかったが」
69:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:21:14ID:WhN6y9kM
勇者「ふーん……」
チンピラA「旦那。ホントに俺らが最初に頂いてよろしいんですか?」
僧侶「構いませんよ」
チンピラA「へへへ。それなら……」
勇者「ねぇ。私の職業知ってる?」
チンピラ's「へ?」
勇者「勇 者 な ん だ よ ?」ドゴォ!!
チンピラA「ふぎゃああーーー!!!???」バタリ
チンピラB・C「え…………?」
勇者「あの痺れ薬、原液のまま今まで何回喰らってきたと思ってるの?」
70:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:34:41ID:WhN6y9kM
戦士「そういえば、すぐに言葉の途切れが無くなっていったな」
勇者「そ。思ったより早く治ったから、戦士にわざわざ『ゆっくり、歩いてくれる……?』」
勇者「なんて頼まなくてもよかった」
チンピラB「ちょ、ちょっと待てよ……。こんなの聞いてねぇよ!」
チンピラC「もっと楽なんじゃないのかよ!?」
勇者「さて。3人には積もる話もあるから」
勇者「チ ン ピ ラ か ら い こ う か」
チンピラB「く、くそっ! くるなら来い!!」
チンピラB(大丈夫だ。あんだけ腕、いや、全体が華奢なんだ。Aはあたりどころが悪かっただけ!)
勇者「ふんっ!」ドゴォ!
チンピラB「がっ……!」バダン!
73:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:48:40ID:WhN6y9kM
チンピラC「お、おい! B!!」
チンピラB「ぐぅあ……!」
勇者(……! 気失ってない……!?)
僧侶「フフフ……」
勇者(マズイなぁ……。あんなの一撃で倒せないんじゃ、流石に、あの3人はキツイかも……)
勇者(とりあえず……頭に蹴りいれてっと)
チンピラB「」
僧侶「大丈夫ですか? 調子悪そうですよ? 息も上がってますし」
勇者「ハァ……ハァ……」
勇者(確かに、体が重くて、喉が渇く……?)
僧侶「効いてきましたね?」
74:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:49:18ID:WhN6y9kM
勇者「ははは……。痺れ薬以外にも、何か盛ってたの?」
僧侶「そりゃあ。あんなのだけでどうこうできるとは思ってません」
勇者「……っ!」
盗賊「まぁ強いて言うなら、その悔しそうな表情を見るために盛ったって感じだな」
戦士「いい表情だ」
勇者「くっ……!」
勇者「ハァッ!!」ヒュッ
盗賊「っ!」ガシッ
盗賊「っぶねー。やっぱな。素の筋力なんてこんなもんだからな、勇者は」
僧侶「筋肉のない体を膨大な魔力で無理矢理強化してますからね。集中が乱れるとこんなものです」
77:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/17(水)23:55:11ID:WhN6y9kM
チンピラC「ま、マジかよ……。なら……」
盗賊「お前はもう寝てろ」ガスッ
チンピラC「」
勇者「は、離せ……!」
盗賊「うん? ……ホラよ」
勇者「うわ!」ドサッ
勇者「近寄るな……!」
僧侶「もう今の貴女には見た目相応の力しかないんですよ?」
勇者「う、うるさい……!!」
85:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:35:04ID:wwYGKtY6
戦士「フンっ!」
勇者「あっ、ちょ、離して!」
勇者(ヤバ……! 羽交い絞めされて、動けない……!)
盗賊「ふん。よーやっとここまで来たなぁ。んじゃ早速……」
僧侶「いや、ちょっと待ってくださいよ。貴方が一番と決まったわけじゃないでしょう」
盗賊「ん……?」
僧侶「…………」
盗賊「わーったよ。潔く順番決めようじゃねぇか」
戦士「……」スッ
勇者「ひうっ!?」ビクン
86:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:37:18ID:wwYGKtY6
勇者「ちょ、ちょっと、いきなり乳首……!」
戦士「どうせ俺は除け者だからな。なら少しでも感じさせておく方がいいだろう」
勇者「へ、へぇ。戦士にしては、頭使った……ふぁっ!」
戦士「服の上からでも随分と感じるんだな」クニクニ
勇者「〜〜っ! それは薬でぇっ!」
戦士「ふん。それもそうだな」コリコリ
勇者「あ、うあぁっ! 両方、ダメェ……!!」
戦士「……」
勇者「無言で弄るの、やめてよ……」
戦士「なんだ。言葉責めが好きなのか?」
勇者「そ、そうじゃないけどぉ……!」
87:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:40:05ID:wwYGKtY6
盗賊「よしよし。結局俺からだな」
盗賊「って、おい戦士! 何勝手に始めてんだよ!」
戦士「愛撫はするに越したことはないだろ」
戦士「乳首責めだけで大分キテるが」
勇者「ぁっ! そ、そんなことないぃ……!」
盗賊「おーおーなんだよ」
盗賊「凛々しく見詰めちゃって。俺は敵かぁ?」
勇者「当たり前でしょ!?」
盗賊「フッ。悲しいねぇ。オラ、口開けろよ」
勇者「……!?」
勇者(口に舌、入れられて……!?)
88:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:41:42ID:wwYGKtY6
勇者(こ、こんなの噛み千切って、噛み、千切ってぇ……?)
勇者(何これ……? 舌で私の舌絡み取られて、歯茎舐められて……!)
勇者(頭、真っ白……、に、なってくぅ…………)トロン
僧侶「凄いですねぇ、貴方のキステク」
盗賊「フン」
勇者「う……あ…………」
勇者(お、わった……)
盗賊「伊達に経験人数多くねぇからな。こんな生娘なんてイチコロよ」
僧侶「戦士、もう降ろしていいでしょう。全身に力が入っていません」
戦士「ホラよ」
勇者「痛っ……!」ドサッ
89:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:44:14ID:wwYGKtY6
盗賊「股の方はどうだ?」
勇者「ひうっ!」
盗賊「うっわ。スパッツベチャベチャじゃねぇか。いくら薬っつっても酷過ぎじぇね?」
勇者「やめ、ろぉ……!」
盗賊「そんな力無い腕で抵抗されてもなぁ?」ニヤリ
勇者(直で触られてるわけじゃないのに……!)
勇者(なんで、私の体……!?)
勇者「あぅ、ふっ、ぃやぁ……!」
盗賊「段々感じ方が大きくなったな」
僧侶「そろそろイくのでは?」
90:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:47:01ID:wwYGKtY6
勇者「イ……くぅ……?」
勇者(なにか、く、るぅ……!! ダメ、ガマ、ン……!)
僧侶「意外と粘りますね」
盗賊「見てな。ここを少し強く擦れば……」
勇者(ああっ!? 待っ……)
勇者「ふあああああああっっ!!??」ビクン
勇者「ふっ……、あぅあ…………」
盗賊「イったな」
盗賊「どんな気分だよ。嫌がってた相手に無理矢理達せられた気分は」
勇者「……」
91:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:49:14ID:wwYGKtY6
勇者「魔法使えたら……、君、よかったんだけど、ね」
盗賊「減らず口を……。おい、僧侶、戦士。ヤっちまっていいぞ」
戦士「それじゃあ、早速」
勇者「ひっ、なにそれ……、おっき……」
戦士「ふんっ!」
勇者「がっ……!」
勇者(うぁ……、本当に、挿れられた……。)
勇者(私の……初めて……)
勇者「や、やめ、うあぁぁああ!? な、にこれえええぇぇえ!!??」
盗賊「乱れまくってんなぁ」ニヤ
92:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:51:53ID:wwYGKtY6
戦士「目一杯突いたら酷いな……」
勇者「あぁ! うぁあ!! ひぎぃ!?」
盗賊「もう喘ぎ声以外出てないな」
戦士「勇者、どんな気分だ?」
勇者「……あはぁっ……ひぁっ……、とめ、ひっ……!?」
僧侶「喋れないみたいですね。少しストロークを緩めてみたらどうです?」
勇者「あっ、ふぁ……! うっ、ハァ、ハァ……」
勇者「い、イヤ……よ」
94:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:54:18ID:wwYGKtY6
盗賊「チンポの感触はどうだ?」
勇者「……っ。な、なんともない……!」
盗賊「素直じゃねぇなぁ」
戦士「じゃあ、これならどうだ?」
勇者「な……、何?」
盗賊「お、騎乗位か」
戦士「これで、手を放せば、『なんともない』なら逃げれるはずだろ?」
勇者「んはぁあああっ!? 」
勇者(ふ、深いぃぃい……!)
戦士「どうだ?」
95:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)19:57:39ID:wwYGKtY6
僧侶「どうしました? 勇者様。逃げないのですか?」
勇者「ちっ、ちがっ……! 動くからぁ……!」
盗賊「へえ? じゃあ気持ちいいってことか?」
勇者「くはぁああぁあっ! ちがう、ちがうぅぅうううっ!」
戦士「……そろそろだ。出すぞ……、勇者……!」
勇者「いやあぁぁあ! 待って、待っ……!」
戦士「くっ、ふっ……!」
勇者「〜〜〜〜〜!!!」
96:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:00:16ID:wwYGKtY6
勇者(にかい……も……)
盗賊「オラ、何こんぐらいでへばってんだ。次は俺だ。相手しろや」
勇者「嫌ぁ……」
盗賊「嫌がってんじゃねえよ。3人分の精液流し込んでやるからな」
勇者「3人……!? う、そ!」
盗賊「大マジだよ」
盗賊「3人分注ぎ込めば魔法も使える、頭もいい、体も強い子が生まれるかもしれねぇだろ?」ニヤリ
勇者「そん、な……!」
97:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:01:17ID:wwYGKtY6
盗賊「つーわけだ。オラぁ!」ズブッ
勇者「ふあああぁぁああ!」
勇者(もう…………、もう無理ぃ……)
僧侶「ではそろそろ私も……」
僧侶「盗賊、勇者様の顔をこちらへ向けてください」
盗賊「こうか?」グリッ
勇者「うあっ」
僧侶「では勇者様、ブーツを脱がしますね……?」
勇者「えっ!?」
盗賊(羞恥責めもありかもしれねーが)
戦士(目がヤバいな)フウ・・・
98:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:02:58ID:wwYGKtY6
勇者「だ、だめぇ……」
僧侶「フフフフフフ、何がダメなんですか? 言ってみてくださいよ」
勇者「えっ!? そ、その……」
僧侶「言わないと一気に脱がせますよ?」
勇者「〜〜〜〜!」
勇者「言う…………。言うから…………」カァッ
勇者「………………い、一日中履いてて……」
99:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:04:18ID:wwYGKtY6
勇者「臭い、こもってる、から……。恥ずかしいからぁ……!」
僧侶「よく言えましたね」
僧侶「では、『ゆっくりと』脱がしてあげましょう」
勇者「えぇっ!? そ、そんな……!」
僧侶「フフフフフフフフ。少しづつ、臭ってきましたよ」
勇者「いやああぁぁぁあ! やめてえええぇぇぇえ!」
僧侶「先程までとは違い日常的な羞恥の表情というのもいいですねぇ」
勇者「〜〜〜〜〜〜〜!!!」
100:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:05:25ID:wwYGKtY6
僧侶「少しづつ、濃くなってきましたねぇ」
勇者「やめ……、やめてよぉ……」
盗賊「いい加減早くしろや。こっちはお前のために挿れたままじっとしてんだぞ」
僧侶「しょうがないですねぇ。では」スッ
勇者「うっ……」
勇者(熱もこもってたから、涼しくなった、けど)
僧侶「いい臭いですよ。勇者様」
僧侶「勇者様の体温に、汗のべたつき感、臭いもよくて最高です……!」スンスン
勇者「嗅がな、嗅がないでぇ……!」
勇者(もう、もうイヤ……!)
101:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:06:25ID:wwYGKtY6
勇者(服の上からの責めで達して、ファーストキスも奪われて……)
盗賊「おい、もういいか」
僧侶「仕方ありません。また後にしましょう」
勇者(初めても、中で出されて……)
盗賊「おい、どうした勇者?」
勇者(足の臭いまで嗅がれて……、感じてるのもうとっくに分かられてて……)
勇者(もういや……)ボロボロ
盗賊「……泣いちまったか。むしろよく耐えてきたぜ。そこは腐っても勇者か?」
勇者(もう、いいや……)
102:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:08:04ID:wwYGKtY6
勇者「もう、いいよ……。どうにでも、して」
盗賊「……そうか。じゃあ、遠慮なく!!」
勇者「ふぁ、あ、ぅああぁぁぁあ!!」
勇者(どんな……)
勇者(どんな子が生まれるんだろうな……)
・・・
103:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:09:43ID:wwYGKtY6
あとはエピローグ
僧侶「というのが切っ掛けとなった出来事です」
僧侶「いかがでした?」
勇者(子)「迂闊に親のことを聞かないほうがいいと思った」
勇者(子)「え? 何? 無理矢理だったんですか?」
勇者(子)「もっと純情なものを思ってたんですけど」
僧侶「いやぁ。今は4人幸せですからいいじゃないですか。一妻多夫制最高」
勇者(子)「お母さん……」
104:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:11:01ID:wwYGKtY6
僧侶「しかし……。勇者(子)様も本当に美しくなられた」
僧侶「母君の生き写しそのものですな」
僧侶「華奢な体つきなど、母君の血だけで我々の血は結局ありませんでしたが」
勇者(子)「いや、それほどじゃないですって……。僧侶さんのほうがよっぽど……」
僧侶「そう! その謙虚さ!」
勇者(子)「へ?」
僧侶「母君の唯一の欠点と言えた性格までも良くなって!!」
僧侶「箱入りお姫様のようですぞ!」
勇者(子)「な、なんですかそれ……」
105:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:12:29ID:wwYGKtY6
僧侶「我々も母君に言われた欠点を直そうと奮闘してきました」
僧侶「盗賊は魔法を習得し、戦士は勉強をして頭も随分よくなりました」
僧侶「私も体を鍛え細マッチョ系になることができました!」
勇者(子)「お、お疲れ様です」
勇者(子)「そ、僧侶さんは若々しいですしね」
勇者(子)「30代でしたよね? 20代に見えますよ」
僧侶「惚れてしまいましたか?」フフン
勇者(子)「い、いや、そういうわけでは……」
106:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:13:24ID:wwYGKtY6
僧侶「つまりは2人がもし子供を作れば……?」
勇者(子)「はえっ!? い、いや、それはダメです! できません!!」
僧侶「生まれてくる子供も幸せだと思うのですが」
勇者(子)「い、いえ! そうではなくて」
僧侶「近親相姦くらいそれほど珍しくはないでしょう?」
僧侶「そもそも血のつながりは三分の一ですしねぇ」
勇者(子)「あ、あの……」
僧侶「何か他に問題でも?」
勇者(子)「ありますよ! ボク、一応男ですよ!?」
107:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:14:02ID:wwYGKtY6
者(子)「いくら男っぽくないからって、酷いですってぇ!」
僧侶「……いいですか。勇者(子)様」
僧侶「貴方様は母君と同じ、人智を超えた美しさを持っているのです」
僧侶「その美しさの前には性別などなんの問題にも……」
勇者(子)「なるよ!? すごくなるよ!?」
僧侶「……いいですか。勇者(子)様」
勇者(子)「なんか諭されてるみたいなんだけど!」
108:以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/18(木)20:14:49ID:wwYGKtY6
僧侶「勇者(子)様=美しい 美しさ=性別を超える」
僧侶「つまり勇者(子)様は性別を超越した御方なのです!!」
勇者(子)「超えてない! 男!」
僧侶「私は貴方様と結ばれたいのに!」
勇者(子)「息子に何言ってるの!?」
勇者(子)「というか最初の名目の『子供を作る』のが無理でしょ!?」
僧侶「いいんです! 大丈夫です! こうなったら、いざ!」
勇者「ちょ、待っ……」
END 諸々すまん

関連記事

  1. 元少年A、仕事を始めても必ずあいつは酒鬼薔薇らしいという噂が立ち職を転々
  2. ドワンゴ川上「文系は小学生レベルの低脳、すぐ感情論にする」
  3. マイナンバーのサイバー防御のためとして、何の役に立つかわからない組織(SOC(ソック))を新設